Chapmanの投球:最速を記録

Chapman throws fastest pitch ever recorded
By Steve Henson, Yahoo! Sports
Sep 25, 3:49 am EDT

Chapmanの投球:最速を記録
SAN DIEGO – Aroldis Chapman was summoned from the bullpen one batter too late to make a difference in the game. No matter. The 22-year-old Cincinnati Reds left-hander made do by making history Friday night, throwing the fastest pitch recorded in a major league game, a 105-mph fastball.
San Diego:試合を変えるには、バッター1人遅かったのですが、Aroldis Chapmanは、ブルペンから呼ばれました。問題ありません。金曜日、22歳のCincinnati Redsの左腕は、メジャーリーグで記録された最速時速105マイル(約169km/h)の投球をし記録を作ったのです。

©Christopher Hanewinckel/US Presswire
それぞれ時速100マイル(約161km/h)若しくはそれ以上の速さだったAroldis Champanの25球は、Padresのバッターにとってぼやけて見えたに違いありません。
The blazing pitch pushed a white-hot pennant race to the back burner. Yes, the San Diego Padres won the game 4-3 to pull ahead of the Atlanta Braves in the National League wild-card race. Sure, the San Francisco Giants all but buried the Colorado Rockies thanks to a dominant performance by Tim Lincecum.
熱くさせる投球は、白熱したペナントレースをアフターバーナーのように燃えさせるものにしました。そうです、San Diego Padresは、4-3で試合に勝ち、National Leagueのワイルドカード争いでAtlanta Bravesより1つ進みました。勿論、San Francisco Giants全員ですが、Tim Lincecumの独占的なパフォーマンスでColorado Rockiesを退けました。

But the lingering memory was of a now-you-see-it, did-I-actually-see-it fastball to Tony Gwynn in the eighth inning. The pitch was not a fluke: Chapman threw 25 pitches in his 1 1/3 innings of relief, and every one was at least 100 mph. He didn’t throw a slider. He didn’t throw a changeup. Why would he?
しかし、長く続く記憶は、8イニングのTony Gwynnへの速球を今見た、今本当に見たのか?というものです。投球はまぐれではありません:Chapmanはリリーフの1と1/3イニングで25球投げ、全てが最低でも時速100マイル(約161km/h)でした。スライダーを投げることはありませんでした。チェンジアップを投げることはありませんでした。その必要はないでしょう。

From Walter Johnson to Bob Feller to Steve Dalkowski to J.R. Richard to Nolan Ryan to Stephen Strasburg, blistering velocity is etched forever in baseball lore. Rush Chapman to the head of the list. Has anybody in the history of the game had a comparable 25-pitch sequence?
Walter JohnsonからBob Feller、Steve Dalkowski、J.R. Richard、Nolan Ryanまで、そしてStephen Strasburgまで、とても早い速度は野球の伝承の中で描かれています。Chapmanをリストのトップへ追加しましょう。過去の試合で、25球連続で比較できる人がいるのでしょうか?

“I didn’t see it until the ball was behind me,” Gwynn said. “I was trying not to look at the radar reading because I’d be intimidated. I saw how hard he was throwing and just tried to be slow and work my hands.”
「ボールが自分の後に行くまで見えなかった。びくびくしないようにレーダー(球速計)を見ないようにしていました。彼がどれだけハードに投球し、私を遅らせようとしていたか見ました。」Gwynnは言いました。

The 105-mph pitch was inside for a ball and evened the count at 2-2. Gwynn had fouled off the previous two pitches and fouled off the next before striking out. He ought to be pleased with his effort, forcing Chapman to make seven pitches, the slowest of which was 102 mph.
時速105マイル(約167km/h)の投球はインサイドのボールで、カウントが2-2になりました。Gwynnは、三振する前に、前2球ファールし、その後の1球ファールしました。


ホロコースト生存者と友人が62年後に再開

After 62 years, Holocaust survivor reunites with lost friend whose passport led her to America
By Brett Michael Dykes
Fri Sep 24, 6:16 pm ET
Y!News

その人のパスポートでアメリカ入りしたホロコースト生存者とその友人が62年振りに再開
When Cherie Rosenstein penned her essay about being a 5-year-old orphan fleeing war-torn Europe for a new life in America, she probably couldn't have imagined that the story would reunite her with the woman whose passport secured her entry into the United States 62 years ago. But that's exactly what happened.
Cherie Rosensteinが、戦争で荒廃したヨーロッパを逃げ、アメリカで新しい人生をスタートした5歳の時のエッセイを書いた時、62年前に彼女がアメリカへ確実に入れるようになったパスポートの持ち主の女性と再開するとは思っていなかったでしょう。しかし、そのとおりになったのです。

©Cherie Rosenstein
In 2007, Rosenstein, whose parents both perished in a Nazi concentration camp, wrote about her childhood experiences for the Dayton Jewish Observer. Her name as a child was Maria Helena Chuchnowicz, and in April 1947, she was living in an orphanage in Paris. As Rosenstein put it, "The war's end brought problems of staggering proportions: thousands of Jewish survivors with no homes, families or money." The Rev. Samuel Schmidt of Cincinnati visited the orphanage and returned to the States with photographs of the facility and the children it sheltered. A local couple -- Libby and John Moskowitz -- saw a picture of Rosenstein and decided to adopt her.
両親が強制収容所 (ナチス)で亡くなったRosensteinは、2007年に子供の頃の体験をDayton Jewish Observer紙で書きました。彼女の幼名はMaria Helena Chuchnowiczで、1947年に彼女はParisの孤児院で生活していました。Rosensteinの言うように「戦争の終りは膨大な割合の人口に問題をもたらせました:家、家族、やお金を失った何千ものユダヤ人生存者です。」(シンシナティ)のSamuel Schmidt牧師は、孤児院を訪問し、施設と収容されている子供の写真をもってアメリカへ戻りました。地元のカップルLibbyとJohn Moskowitzが写真を見て、Rosensteinを養子にすると決めました。

That launched what Rosenstein dubs "Operation America": the plot to get her out of France and into the United States. Officials moved her from the orphanage to the home of a Frenchwoman, Eleanor Bohne-Hene. During her brief stay there, Rosenstein befriended Bohne-Hene's daughters, Monique and Catherine. The family began calling her "Cherie," French for "dear" -- a name that would become permanent.
これがRosensteinが「Operation America」と呼ぶ始まりでした:フランスから脱出し、アメリカへ入る計画です。職員は彼女を孤児院からフランス人女性Eleanor Bohne-Heneの家に移動しました。そこでの短い滞在で、RosensteinはBohne-Heneの娘MoniqueとCatherineと友達になりました。家族は彼女を「Cherie」(フランス語でDearの意味)と呼ぶようになり、これが名前になりました。

The next phase of the plan was for Bohne-Hene to take Rosenstein to the United States -- but America's quota system blocked Rosenstein. So the little girl posed as Monique Bohne-Hene, her hair bleached blond to resemble Monique's passport photo.
計画の次のステージは、Bohne-HeneがRosensteinをアメリカに連れて行く事でした -- しかしアメリカの割当システムにより、Rosensteinは阻まれました。幼い少女は、Moniqueのパスポート写真のように、髪をブロンドにブリーチし、Monique Bohne-Heneを装いました。


続きを読む >>



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi