5百万回分の新インフルエンザワクチンがリコールされる

5 million doses of nasal H1N1 vaccine recalled
Spray is safe, but appears to lose its strength over time, FDA says
 
updated 7:37 p.m. ET Dec. 22, 2009
引用元:http://www.msnbc.msn.com/id/34541044/ns/health-cold_and_flu/

5百万回分のH1N1(豚インフルエンザ)ワクチンがリコールされる
スプレーは安全ですが、時間の経過で効力が無くなる―FDA

WASHINGTON - Drugmaker MedImmune is recalling nearly 5 million doses of swine flu vaccine because the nasal spray appears to lose strength over time, federal health officials announced Tuesday.
ワシントン:
製薬のMedImmune社は、約5百万回分の新インフルエンザワクチンをリコールしています。時間が経過すると鼻孔スプレーの効力が無くなるのが理由と火曜日に連邦政府の健康職職員が発表しました。


The vaccine recall is the second this month caused by declining potency and comes as public health officials urge millions of Americans to get vaccinated against swine flu.
公共の健康職員がアメリカ全土に新ウィルスに対するワクチン接種をせかしている最中に、効力が低下するとして発生した2回目のワクチンリコールになります。

The action affects more than 4.6 million doses, but the vast majority have already been used, according to the Food and Drug Administration. Agency officials said the vaccine was strong enough when it was distributed in October and November.
このアクションは、460万回以上分に影響しますが、アメリカ食品医薬品局(FDA)の職員によると殆どは使用されているとのことです。10月及び11月に配布された時点では、効力は十分にあったと局員は伝えています。

“The slight decrease in potency is not expected to have any effect on the protective effect of the vaccine,” said Norman Baylor, director of the FDA’s vaccine research office. “We are not recommending revaccination.”
「微細な効力低下はワクチンの予防効果に影響はないと思います。ワクチンの再接種は、推奨できません。」とFDAワクチン研究所長のNorman Baylor氏は言います。

The agency is looking into the problem but said it’s not uncommon for vaccines to lose strength over time. MedImmune’s vaccine has a recommended shelf life of about four months. The company has about 3,000 doses in its warehouses but does not know how many remain in the field, according to the FDA.
当局は問題に注目していますが、ワクチンが時間の経過とともに効力が低下するのは、よくある事と伝えています。MedImmune社のワクチンは推奨使用期限が4ヶ月とされています。約3,000回分のワクチンがMedImmune社の倉庫にあるそうですが、どの程度流通しているかは分からないとFDAは伝えています。
MSNBCによる新インフルエンザの時系列図
http://www.msnbc.msn.com/id/30624302/ns/health-cold_and_flu
Last week, vaccine maker Sanofi Pasteur recalled hundreds of thousands of swine flu shots for children because tests indicated those doses lost some strength. Most of those doses had already been used, too.
先週は、ワクチン製造メーカーSanofi Pasteur社が数千数百の小児用新インフルエンザワクチン注射を効力が低下した事が試験で分かったとしてリコールしました。この場合も、殆どは使用されていました。

Maryland-based MedImmune, a subsidiary of London-based AstraZeneca PLC, voluntarily recalled 13 lots of its vaccine, “due to a slight decrease in potency” discovered through routine quality control testing, said spokesman Tor Constantino.
ロンドンが拠点のAstraZeneca PLC社の子会社であるメリーランド州拠点のMedImmune社は、自主的に13ロットのワクチンをリコールしました。品質確認の過程で「若干の効力低下が見られたため」と広報のTor Constantino氏は言いました。

“It’s not a safety concern. People who have received doses from the affected lots do not need to be revaccinated. The doses were well within potency specification,” he said.
彼はまた「これは安全についてではありません。影響された分を接種された人は再接種の必要はありません。この影響は品質基準内です。」と言っています。

Swine flu vaccine has been available since early October, and since then manufacturers have released over 111 million doses for distribution in the U.S. MedImmune makes the only nasal spray version, which can be used by healthy people ages 2 to 49.
新インフルエンザワクチンは10月から出回っていますが、それ以降、1億110万回分が全米内に流通しています。MedImmune社は鼻孔スプレー版のみ製造しており、これは健康な2歳〜49歳の人が使用可能な分です。

Only in recent weeks have state authorities lifted restrictions on who can get vaccinated. Previously the vaccines were reserved for high-risk patients, including pregnant women and schoolchildren.
ほんの数週間前に、連邦政府当局は、ワクチン接種を受ける事ができる基準を緩和したばかりです。以前は、このワクチンは妊婦や学校へ通う子供を含む高リスクな患者用とされていました。

In a telephone news conference on Tuesday, Dr. Anne Schuchat of the federal Centers for Disease Control and Prevention estimated that 60 million Americans have received swine flu vaccine, and said intense monitoring for side effects has not turned up any safety concerns.
火曜日に米国疾病予防管理センターのAnne Schuchat博士との電話会議では、博士は6千万人のアメリカ人が新インフルエンザワクチンを接種し、厳格な副作用調査においては、安全に関する問題は出ていないと伝えています。

“We are not seeing any worrisome signs,” she said.
「心配すべき兆候は何も見られません」と彼女は言いました。

水道水ベスト&ワースト都市 Part2

水道水のベスト&ワースト都市 Part2です。(前の記事:水道水のベスト&ワースト都市

引用元:
http://green.yahoo.com/blog/the_conscious_consumer/111/cities-with-best-and-worst-tap-water-part-2.html

By Lori Bongiorno
Posted Sat Dec 12, 2009 4:50pm PST

Looking for more info on Environmental Working Group's (EGW) newly released report on drinking water quality? Below you'll find specifics on methodology as well as the full 100-city ranking.
EGW(環境ワーキンググループ)の水道水調査の新しい報告書から更に情報が必要でしょうか?下が100都市のランキングと今回の方法論です。

Additional details about EWG's methodology taken directly from the organization's website:
EWGの方法論については、団体のウェブサイトから直接引用したものです。

"EWG's National Tap Water Quality Database includes water quality tests conducted by 47,667 utilities nationwide from 2004 to 2009. We obtained the water quality testing data from state health and environmental departments that compile the records from drinking water utilities or associated laboratories. Most state water offices maintain a current record of water utility test data to fulfill their role as primary enforcement agents.
「EWGの全国水道水品質データベースには、2004年〜2009年に全国47.667の自治体で行われた公共水道水質検査結果が反映されています。私達は水質検査結果を上水道事業所やそれに関連する検査機関のデータを収集する州政府保健所や環境部より入手しました。殆どの州政府の水事業部は、その役割でもある執行機関として最新の記録を保管しています。

We requested data from all 50 states and the District of Columbia, and received data from 45 states and the district. We compiled the information into an online, interactive drinking water quality database, the largest such resource in existence."
50週全てとコロンビア特別区へデータ提出をお願いし、45州とコロンビア特別区からデータを受取りました。私達は、オンラインでインタラクティブな上水道水質データベースを作成しました。この類のデータベースでは現存する最大のものです。」

"EWG rated big city (population over 250,000) water utilities based on three criteria:
「EWGは大きな都市(人口25万以上)の公共水道を3つのカテゴリーで評価しました。

  • Total number of chemicals detected since 2004.
    (2004年以降の検出された化学物質の数)
  • Percentage of chemicals found of those tested for. Some states did not provide data on the full range of chemicals tested for but not detected. For purposes of these rankings, EWG assumed that utilities tested for the 80 contaminants regulated by EPA whenever fewer than that number were reported.
    (検査した内の化学物質が発見された率。幾つかの州は検出された物を除き、全範囲の化学検査結果を提出していません。評価目的の為、EWGは公共水道事業所よりEPA(環境保護庁)が規制する80の汚染物質より少ない数字が報告されたいた場合は、その80の汚染物質を検査したものと仮定しています。
    • The highest average level for an individual pollutant relative to either:
      以下の何れかの項目について、平均値が一番高い個別の汚染物質との関係:
      legal limits (for regulated chemicals), or,
      規制値上限(規制されている化学物質)または、
    • national average concentrations (for unregulated chemicals). We computed national average concentrations using data from utilities that reported detecting the compound."
      全国平均含有率(規制されていない化学物質)これらの物質の報告があった公共水道事業所のデータを用いて、全国平均含有率を計算しました。」

続きを読む >>



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi