タリバンが爆弾テロで犯行声明

海外テロ記事リスト
Taliban claims responsibility for bombing
December 31, 2009 -- Updated 0734 GMT (1534 HKT)
引用元:http://edition.cnn.com/2009/WORLD/asiapcf/12/31/afghanistan.us.casualties/

タリバンが爆弾テロで犯行声明
(CNN) -- The Taliban claimed responsibility for a suicide bombing Wednesday that killed eight Americans believed to be CIA employees.
CNN:
水曜日にCIA職員と思われるアメリカ人8人を殺害した自爆テロでタリバンが犯行声明を発表。


Taliban spokesman Zabiullah Mujahid said the attack in Khost province was carried out by a bomber wearing an explosives-laden vest. He, however, said that 13 U.S. soldiers were killed in the attack.
タリバン広報Zubiullah Mujahidは、Khost地区で発生した攻撃は自爆犯が爆発物付きベストを着用して行ったと伝えました。しかし、彼はアメリカ兵13人が死傷したと言っています。

Earlier, a senior U.S. official said information suggested a bomber walked into a gym facility at Forward Operating Base Chapman and detonated a suicide vest. It's not known how the bomber got past security.
前にアメリカ政府職員は、自爆犯と見られる男がForward Operation Base(前線運営拠点) Chapmanのジムへ入り、自爆ベストを爆発させたと見られると言っています。どのように自爆犯がセキュリティーを抜けたかは不明です。

In addition to the eight deaths, the blast wounded six Americans, the official said.
また職員は、8人の死者以外に、爆発によりアメリカ人6人が負傷したと言っています。

A U.S. military source said that FOB Chapman was originally a base for the Khost Provincial Construction Team, but the team left some time ago.
アメリカ軍の情報によると、拠点であるChapmanは、本来Khost地区の建設チームの拠点であったのですが、そのチームは既に去っているとの事です。

Authorities believe that perhaps the suicide bomber attacked just after a convoy was ending or beginning, which would account for high number of casualties.
当局は自爆犯が、護送が終わるか始まった時に攻撃し、それが多くの犠牲者を出す事になったのではと考えています。


乗客が爆発物に着火(2)

海外テロ記事リスト
乗客が爆発物に着火(1)の続きです。
Officials: Only A Failed Detonator Saved Northwest Flight
Screening Machines May Need to Be Replaced
Al Qaeda Aware of 'Achilles heel'
By RICHARD ESPOSITO and BRIAN ROSS
Dec. 26, 2009
引用元:http://abcnews.go.com/Blotter/northwest-flight-saved-failed-detonator/story?id=9426532

当局:起爆失敗でノースウエスト便は救われた
スクリーニング機器の取替えが必要?
アル・カイーダは「アキレス腱」を知っている

Bomb experts say there was more than enough explosive to bring down the Northwest jet, which had nearly 300 people aboard, had the detonator not failed, and the nation's outdated airport screening machines may need to be upgraded.
爆弾専門家は、もし起爆が失敗していなければ、乗客300人を乗せたノースウエスト便を墜落させるに十分な爆発物があり、全国の空港にある古いスクリーニング機器を取り替える必要があるかも知れないと伝えています。

"We've known for a long time that this is possible," said Richard Clarke, former counterterrorism czar and ABC News consultant, "and that we really have to replace our scanning devices with more modern systems."
ABC Newsコンサルタントであり、元対テロの権威であるRichard Clarkeは「これは可能とかなり前から分かっていました。スキャンニング機器をより新しいものに取り替える必要があるのは事実です。」と言いました。

Clarke said full body scans were needed, "but they're expensive and they're intrusive. They invade people's privacy."
Clarkeは、体全体のスキャンが必要であり、「高価であり侵入的なのです。人のプライバシーまで立ち入るのです。」と言います。

Al Qaeda, said Clarke, is aware of this vulnerability in the U.S. airport security system. "They know that this is a weakness and an Achilles' heel in our airport security system and this is the second time they've tried it."
Clarkeによると、「アル・カイーダは全米の空港セキュリティーの脆さを知っています。彼らは我々の空港の弱点「アキレス腱」を知っており、これが2回目となります。」とのこと。

In 2001, would-be "shoe bomber" Richard Reid failed in his attempt to blow up a transatlantic flight with a highly explosive chemical known as PETN. He attempted to light a fuse to his shoe on a December 22 American Airlines flight from Paris to Miami but was subdued by other passengers.
2001年には、「靴爆弾」未遂のRichard ReidがPETNという爆発性の高い化学物質で大西洋ルート便を爆破しようとしました。彼は、12月22日にパリ発フロリダ行きのアメリカンエアー便で靴のヒューズに点火しようとしましたが、他の乗客に取り押さえられました。

According to investigators, the bomb on Northwest flight 253, which was en route from Amsterdam to Detroit when suspect Umar farouk Abdulmutallab allegedly detonated it, contained more than 80 grams of PETN. The material was allegedly sewn into Abdulmutallab's underwear, and was not detected by airport security.
捜査官によれば、アムステルダム発デトロイト行きノースウエスト253便でUmar farouk Abdulmutallab容疑者が点火しようとした爆弾は、80グラム以上のPETNが含まれていました。この物質はAbdulmutallabの下着に縫い付けられ、空港のセキュリティーが感知できなかったそうです。

The bomb was built and the plot organized, say U.S. officials, by al Qaeda leaders in Yemen, just north of the capital city of Sanaa.
イエメン首都Sanaaの北でこの爆弾は製造され、作戦はアル・カイーダのリーダーにより練られたと連邦政府職員は伝えています。
続きを読む >>



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi