Toyota:Saylor氏の事故訴訟で和解

Toyota settles suit over Saylor car crash
Ken Bensinger
September 17, 2010|6:49 p.m.
http://www.latimes.com/business/autos/la-fi-toyota-lawsuit-20100918,0,2643489,full.story

Toyota:Saylor氏の事故訴訟で和解
The fatal crash near San Diego last year drew national attention to sudden acceleration in its vehicles and led to huge recalls. The settlement leaves out co-defendant Bob Baker Lexus dealership.
昨年San Diego(サンディエゴ)近郊で発生した死亡事故は、国中が突然加速する車両に注目し、大規模リコールに繋がりました。和解には、被告の1人であるLexus(レクサス)ディーラーBob Bakerは含まれていません。

©Detroit Free Press, MCT / February 22, 2010
2009年8月28日San Diego郊外で、非番のCHP(カリフォルニア ハイウェイ パトロール-アメリカ合衆国の警察)警官Mark Saylorの2009年Lexus ES350(レクサス・ES)の悲惨な事故は、Saylor氏、夫人、娘と義理の兄弟が亡くなり、Toyotaがアクセルペダルが引っかかるとしたフロアーマットを交換する380万台のリコールをする事になりました。
Toyota Motor Corp. has quietly settled a high-profile lawsuit over a fatal crash near San Diego last year that drew national attention to sudden acceleration in its vehicles and led to massive recalls and an unprecedented apology from its president.
Toyota Motor Corp.は、昨年San Diegoで発生し、国中の注目を浴び、大規模リコールと前代未聞の社長の謝罪に繋がった突然加速車両で注目される死亡事故の訴訟で静かに和解しています。

The automaker revealed the settlement in a letter to a California Superior Court judge, but declined to provide any details of the terms, which it is seeking to keep confidential.
自動車メーカー(Toyota)は、California Superior Court(カリフォルニア州郡上位裁判所-州裁判所 (アメリカ合衆国))裁判官への書面で和解について記載しましたが、機密扱いを望むToyotaは詳細や条件についてのコメントを拒みました。

By getting the case off its growing plate of legal woes, Toyota can focus on an aggressive strategy to fend off lawsuits with less dramatic evidence, many of which point to potential electronic problems in vehicles.
増大する法的苦痛から、この事件を解決する事で、Toyotaは、印象的証拠がより少ない事件を積極的に払いのける事に集中することができ、これらの多くは車両の電子的な問題の可能性を指摘しています。

But the settlement has left out co-defendant Bob Baker Lexus, a move by the automaker that could set the stage for a potentially bloody fight with its own dealers over who is to blame for sudden acceleration incidents.
しかし、和解には、共同被告人であるBob Baker Lexusは含まれておらず、この自動車メーカーの動きは、突然の加速事故で誰を非難するか、自信のディーラーと血みどろの争いになる可能性があります。

"Toyota has sought to protect only its own interests. They decided to cut out their own dealer," said Larry Willis, attorney for Bob Baker Lexus, which lent the ill-fated Lexus ES to California Highway Patrol officer Mark Saylor in August 2009.
2009年8月にCalifornia Highway Patrol警官Mark Saylorへ不運のLexus ES350を貸しだしたBob Baker LexusのLarry Willis弁護士は、「Toyotaは自分の利益になる事だけを守りました。自分たちのディーラーを除外すると決めたのです。」と言いました。

Saylor was killed, along with his wife, Cleofe Lastrella, 13-year-old daughter, Mahala, and brother-in-law Chris Lastrella, when the sedan sped out of control and crashed over an embankment.
セダンがスピードを出し、コントロール不可能になり、土手にクラッシュし、Saylorは、Cleofe Lastrella夫人、13歳の娘Mahala、義理の兄弟Chris Lastrellaと共に亡くなりました。

Investigators said the crash may have been caused by an improperly installed floor mat, but Willis argues that the floor mat was not the problem. He said the accident could have been caused by an inherent defect in the car's electronics.
捜査官は、事故は不適切に置かれたフロアーマットが原因かも知れないと言いましたが、Willisはフロアーマットは問題ではないと反論しています。彼は、事故は車両にある固有の電子的欠陥による可能性があると言いました。

The suit, filed by Saylor's parents along with the parents of his wife and brother-in-law, was considered by far the strongest among the hundreds of sudden acceleration cases brought against Toyota in the last year.
夫人と義理の兄弟の両親と共にSaylorの両親が提訴した訴訟は、昨年Toyotaを相手にした数百の突然加速の事件の中では、群を抜く強さの事件と考えられていました。

"Until they got rid of this case, it was going to be something everyone pointed at Toyota for," said Don Slavik, an attorney representing plaintiffs in sudden acceleration cases filed against the automaker in both federal and state court. "Now they're going to argue this was the dealer's fault alone and their cars aren't defective."
自動車メーカーを相手にした突然加速事件で州と連邦裁判における原告代理人Don Slavik弁護士は、「彼らがこの事件を解決するまで、Toyotaはこの件で皆に言われるでしょう。今は、これはディーラー単独の責任で、車は欠陥ではないと議論するでしょう。」と言いました。

Bolstered by a 911 recording of the victims screaming "there's no brakes!" moments before a fiery death, the accident set off a chain of events leading to congressional hearings, multiple federal investigations and record fines against the automaker.
痛々しい死亡事故の直前に「ブレーキが効かない!」と911番(日本で言う119番)で叫び支持を得た事故は、自動車メーカーへの国会聴衆、複数の連邦捜査、記録的罰金につながる一連の出来事のきっかけとなりました。

On Monday afternoon, Toyota is expected to file motions with Superior Court Judge Anthony J. Mohr in Santa Ana disclosing the settlement and requesting that its details be kept confidential, Willis said.
Willisは、月曜日の午後、ToyotaはSanta Ana(サンタアナ (カリフォルニア州))にあるSuperior Court裁判官Anthony J. Mohrへ和解を申請し、詳細については非開示とするよう求めると見られていると言いました。

"Toyota and the Saylor and Lastrella families reached an amicable agreement in mediation that fully resolves their product liability claims against Toyota," the automaker said in a statement Friday.
金曜日の発表で、自動車メーカーは「Toyota、Saylor及びLastrellaファミリーは、Toyotaに対する製品の製造責任を全て解決する友好的和解に合意しました。」と伝えました。

Court filings indicate that Toyota and the plaintiffs negotiated a settlement in early June.
裁判所への(書類)提出は、Toyotaと原告が6月前半に交渉していたことを示しています。

Willis said that because the terms of the Saylor settlement could have a material effect on the outcome of his client's defense, he will oppose the request for confidentiality.
Willisは、Saylorの和解が、彼のクライアントを防衛するうえで重大な影響がでる可能性があり、非開示申請については反対すると言いました。

"Our concern is that the dealership's interests have not been protected by Toyota," he said.
「私達の心配は、ディーラーの利益がToyotaによって保護されていないと言うことです。」彼は言いました。

An individual involved in the mediation and who asked for anonymity said the plaintiffs had requested a $10-million settlement.
匿名を条件に、和解に参加した個人は、原告は1千万ドルを和解で求めたと言いました。

The automaker still faces dozens of other personal injury suits in that courtroom, as well as federal personal injury suits and claims for economic damage that have been consolidated in a U.S District Court in Santa Ana. Many of the other suits name Toyota dealers as co-defendants.
自動車メーカーは、依然として、連邦裁判所の個人負傷事故やSanta AnaのU.S District Court(アメリカ合衆国連邦裁判所)で経済損失補填の訴えと同様に、法廷で他の数十の負傷事故訴訟に直面しています。他の多くの訴訟もToyotaディーラーを共同被告人として記載しています。

This week, Toyota filed a motion to dismiss hundreds of the federal complaints seeking class action status on grounds that they failed to identify a single electronic defect that could cause sudden acceleration.
今週、Toyotaは、クラスアクション(集団訴訟)認定を求める数百の連邦訴訟に対し、突然加速の原因となった電子欠陥の特定が1つもされていない事を理由に却下の申請を行ないました。

Tim Pestotnik, an attorney for the Saylor and Lastrella families, declined to comment on the settlement and would not discuss his plans for the suit against Bob Baker Lexus. John L. Saylor, father of Mark Saylor, said he could not discuss settlement negotiations.
SaylorとLastrellaファミリーのTim Pestotnik弁護士は、和解についてのコメントを拒み、Bob Baker Lexusへの訴訟の作戦についても話をしません。Mark Saylorの父、John L. Saylorは、和解の交渉について話せないと言いました。

[PR]

NASA:トヨタ調査を支援

Runaway Toyotas記事一覧
NASA to help on Toyota probe
John Crawley
WASHINGTON
Tue Mar 30, 2010 7:06am EDT
引用元:http://www.reuters.com/article/idUSTRE62T0V620100330

©Reuters/Kim Kyung-Hoon
トヨタ調査にNASAが支援:
(Reuters) - U.S. auto safety regulators are turning to scientists from the NASA space and aeronautics agency for help analyzing Toyota electronic throttles to see if they are behind unintended acceleration, Transportation Secretary Ray LaHood said.
(ロイター)アメリカの自動車安全規制関係者はNASA(アメリカ航空宇宙局)からの科学者にトヨタの電子スロットルが不意の加速の原因であるかの調査を依頼しようとしていると運輸長官Ray Lahoodは伝えました。

Separate from the work of the National Aeronautics and Space Administration scientists, LaHood said, experts from the National Academy of Sciences will lead a study of unintended acceleration across the auto industry, a broader issue raised by congressional lawmakers at recent hearings on Toyota Motor Corp.
Lahoodは、National Aeronautics and Space Administration(NASA:アメリカ航空宇宙局)の科学者と別に、全米科学アカデミーの専門家が主体となりToyota Motor Corp.の聴衆で国会議員が問題としたより幅広い自動車業界にまたがる不意の加速を研究すると伝えました。

"We are determined to get to the bottom of unintended acceleration," LaHood said in an interview with Reuters ahead of the formal announcement on Tuesday.
火曜日の公式の発表の前にロイターとのインタビューでLahoodは、「私達は不意の加速問題の根本的な原因を追求しなくてはならない。」と言いました。

The Transportation Department's National Highway Traffic Safety Administration (NHTSA) is just beginning its review of Toyota electronic throttles, which have come under heightened scrutiny following the recall of 8.5 million Toyota and Lexus vehicles over the past six months for unintended acceleration.
運輸省の幹線道路交通安全局(NHTSA)は、不意の加速で過去6ヶ月の間に850万台のトヨタ車とレクサス車のリコールでより精査が求められているトヨタの電子スロットルの再調査を始めています。

While the government and Toyota blame mechanical or equipment flaws for the problem, questions have been raised about whether NHTSA over the years adequately handled investigations into motorist and other complaints of possible electronic throttle problems.
政府とトヨタが機械的または部品の欠陥が原因としている中、NHTSA(幹線道路交通安全局)が何年もの間、電子スロットルの問題につながる可能性のあるドライバーや他の苦情について適切に調査したかという疑問も浮上しています。

The NHTSA review is to be completed by late summer, after which the highway traffic safety agency would then determine whether a formal investigation of Toyota throttles is warranted. Such a probe would set in motion a process that could lead to a recall.
NHTSAの再調査は夏後半には完了するとされています、その後交通安全局がトヨタのスロットルを公式に調査するかを判断します。このような調査はリコールとなる可能性があります。

LaHood said the timetable would not likely change unless "something very dramatic" happened with the NASA work.
LaHoodは、スケジュールはNASAの調査で「何か劇的な事」が起こらない限りは変わらないであろうと言いました。

Other investigations dating to 2004 found no throttle defect, but the National Highway Traffic Safety Administration handled those cases internally.
2004年の他の調査では、スロットルの欠陥は発見されませんでしたが、National Highway Traffic Safety Administration(NHTSA:幹線道路交通安全局)は、内部的にこれらのケースを処理しました。

Toyota, too, has asked an outside engineering consultant, Exponent, to review its throttles, and its preliminary findings have discovered no problems, underscoring Toyota's steadfast conclusion that its throttle systems are sound.
トヨタも同様に外部のエンジニアコンサルタントExponentへスロットルの再調査を依頼しました、またその予備調査でも問題は発見されず、トヨタの主張するスロットルシステムは正常であるという結論を強調する結果になりました。
[PR]
続きを読む >>



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi