アメリカは技術に必要な希少鉱物脈の上に座っている

海外経済記事リスト
U.S. Sitting on Mother Lode of Rare Tech-Crucial Minerals
By Jeremy Hsu, TechNewsDaily Contributor
posted: 08 March 2010 05:25 pm ET

引用元:http://www.livescience.com/technology/rare-earths-precious-metal-shortage-100308.html

アメリカは技術に必要な希少鉱物の鉱脈の上に居座っている:
China supplies most of the rare earth minerals found in technologies such as hybrid cars, wind turbines, computer hard drives and cell phones, but the U.S. has its own largely untapped reserves that could safeguard future tech innovation.
ハイブリッド車、風力タービン、PCハードディスクや携帯電話の技術に見られる希土類鉱物の殆どを中国が供給していますが、アメリカは将来の技術革新の予防対策として独自の未開発の鉱床を持っています。

©Wikipedia アリゾナ州の廃採掘所(本記事と場所は異なります)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/f/ff/Minedanger.jpg

Those reserves include deposits of both "light" and "heavy" rare earths ― families of minerals that help make everything from TV displays to magnets in hybrid electric motors. A company called U.S. Rare Earths holds the only known U.S. deposit of heavy rare earths with a concentration worth mining, according to a recent report by the U.S. Geological Survey (USGS).
これらの蓄積は、「軽」希土類鉱物と「重」希土類鉱物の両方の希土類鉱物を含み、TVディスプレイからハイブリッド電気モーターの磁石を製造するのを補う希土類鉱物族です。アメリカ地質調査所(USGS)の最近の報告によると、U.S. Rare Earthsという会社が、アメリカで採鉱する価値があると考えられている唯一の大きな重希土類鉱物の鉱床を保有しています。

Light rare earths include the minerals ranging from lanthanum to gadolinium on the periodic table of elements, while heavy rare earths range from terbium to lutetium.
元素周期表には、ランタン(ランサナム)からガドリニウムまでの軽希土類鉱物、テルビウムからルテチウム(ルーテチアム)までの重希土類鉱物が含まれます。

Averting disaster
If developed, such deposits could help the U.S. avoid a possibly crippling rare earth shortage in the next decade. China has warned that its own industrial demands could compel it to stop exporting rare earths within the next five or 10 years.
惨事の回避:
開発されると、これらの埋蔵は、アメリカを先10年の発生する可能性のある希土類鉱物不足の大打撃のから回避を手助けるかも知れません。中国は、自己の産業需要を理由にやむを得ず希土類鉱物の輸出を今後5年〜10年以内に停止する可能性があると警告しています。


"There is already a shortage, because there are companies that already can't get enough material," said Jim Hedrick, a former USGS rare earth specialist who recently retired. "No one's trying to expand their use of rare earths because they know there's not more available."
「既に不足は発生しています、何故なら十分に物資を得ることができない会社が存在するからです。誰も希土類鉱物の使用を拡大しようとしていません、それ以上に利用できないと知っているからです。」と最近退職した元米国地質学研究所(USGS)希土類鉱物専門のJim Hedrickは伝えました。

U.S. Rare Earths practically stumbled upon its first rare earth deposit at Lehmi Pass, on the border between Idaho and Montana, about 15 years ago. The company founders coveted the area's reserves of thorium ― an alternative nuclear fuel ― and took little interest in the rare earths that were only used, at the time, in lighter flints and tracer bullets for the military.
U.S. Rare Earth社は、約15年前にアイダホ州とモンタナ州の州境にあるLehmi Passで最初の希土類鉱物の鉱床を偶然見つけました。会社創設者は、トリウム(ソーリアム)〜代替核燃料〜が蓄積されている地域を欲しがっていましたが、当時単にライターの石と軍隊向け閃光弾に使われていただけの希土類鉱物に殆ど興味を示しませんでした。

[PR]
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Their view changed over the years as rare earths became practically irreplaceable in high-tech products used by millions of people today. The company only recently changed its name to U.S. Rare Earths after staking out another deposit at Diamond Creek, Idaho.
何年間も経て今日、希土類鉱物が何百万もの人が使うハイテク製品に事実上の替りがきかないものになり、彼らの考えは替りました。会社がU.S. Rare Earthと名前を変えたのは最近の事で、アイダホ州Diamond Creekにある別の鉱床を確保した後の事です。

"The fact is, the Diamond Creek property is today, the most accessible, undeveloped rare earth resource with significant [heavy rare earths] that there is in North America," said Jack Lifton, an independent consultant who works with U.S. Rare Earths.
事実として、今現在Diamond Creekの土地は、北アメリカで最もアクセスしやすく、未開発でかなりの(重)希土類鉱物が存在しているのです。とU.S. Rare Earthと業務を行っている個人コンサルタントJack Liftonは言います。

Recent USGS figures estimate that the U.S. holds rare earth ore reserves of up to 13 million metric tons. By contrast, the entire world produced just 124,000 metric tons in 2009 ― but it would take both time and money for the U.S. to become self-sufficient in producing rare earths.
最近のUSGSの予測値では、アメリカには最大130万立方メートルトンの希土類鉱物埋蔵良があります。これと比較し、2009年の全世界の産出量は124,000立方メートルトンでした、しかしアメリカが希土類鉱物を自給可能になるには、時間と費用がかかります。

Deposits near civilization
The Diamond Creek location has the added advantages of being in mining-friendly Idaho and having access to nearby highways and power lines ― factors that would make opening a mine much easier.
都会近郊の鉱床:
Diamond Creekの場所は、更に有利な点があります、採掘に友好的なアイダホ州に位置する事、近くのハイウェイにアクセスでき、電線があり採掘開始をとても容易にする要素があるのです。


"We have power, light and roads, so we're not in the middle of the wilderness," said Ed Cowle, CEO of U.S. Rare Earths.
「電気も、明かりも道路もあります、ですから私達は荒野の中にいるのではありません。」とU.S. Rare Earth社CEOのEd Cowleは言います。

Cowle hopes to attract enough funding over the next six months to do some exploratory drilling at his company's deposits. He also pointed to growing interest from national legislators in prodding the federal government to take action.
Cowleは、会社の鉱床で試験的なドリリングを行うために十分な資金を今後6ヶ月で募れるように期待しています。また国会議員の間で連邦政府にアクションを起こすように催促する意識が高まっていることを付け加えました。

"Many times opening a mine takes a certain period of time, but if there's a strategic need for material from government, that time period can be lessened," Cowle told TechNewsDaily. "We're hopeful of that because of the nature of what's in the ground."
「多くの場合、採掘を開始するには、一定の時間がかかります、しかし、政府が戦略的に物質を必要としているのであれば、この期間が短縮される可能性があるのです。何が地下にあるかという性質上、その事に期待しています。」とCowleはTechNewsDailyへ伝えました。
※TechNewsDaily:この記事の引用元ニュースサイト


An expensive proposition
Another company, Molycorp Minerals, has already begun processing "light" rare earths, such as lanthanum and neodymium, from a stockpile it accumulated at its mine in Mountain Pass, California. But it still has to ship its rare earths to China for final processing, because only China currently has the equipment needed for the job.
高額の提案:
もう1つのMolycorp Minerals社は、カリフォルニア州Mountain Passの採掘所で貯蔵から蓄積し、既にタンタン(ランサナム)やネオジム(ネオディユーム)の「軽」希土類鉱物の処理を開始しました。しかし、まだ希土類鉱物を最終処理の為に中国まで輸送しないといけないのです、現在、中国が唯一それを行うに必要な機器を持っているからです。


"No one [in the U.S.] wants to be first to jump into the market because of the cost of building a separation plant," Hedrick explained. The former USGS specialist said that such a plant requires thousands of stainless steel tanks holding different chemical solutions to separate out all the individual rare earths.
「分離プラントの建設費用で誰も(アメリカ国内で)この市場に飛び込む最初の人になりたくないのです。」とHedrickは説明します。元USGSの専門家は、そのようなプラントには、全ての希土類鉱物を個別に分離する為の化学溶液を保持する何千ものステンレスタンクが必要ですと説明しました。

The upfront costs seem daunting. Hedrick estimated that opening just one mine and building a new separation plant might cost anywhere from $500 million to $1 billion and would require a minimum of eight years.
圧倒されるような先行投資に思えるのです。Hedrickの予想では、たった1つの採掘所を開始し、新しい分離プラントを建てるには、5億ドルから10億ドルの費用がかかり、最低でも8年必要です。

Lifton has also suggested that many U.S. companies have not jumped into the market because China's state-owned mines keep rare earth prices artificially low. But if U.S. companies do not begin mining American rare earth deposits soon, they may be left scrambling if China does one day stop exporting rare earths.
またLiftonは、多くのアメリカの会社が市場に参入していないのは、中国政府が所有する採掘所が、希土類鉱物価格を人為的に低く維持していると示唆しました。

But Cowle, the CEO of U.S. Rare Earths, seems hopeful that momentum has already begun building for the U.S. government to encourage development of its own rare earth deposits.
しかし、U.S. Rare EarthのCEO Cowleは、アメリカ政府が希土類鉱物鉱床の開発への契機が高まっていると希望に満ちているように見えます。

"From what I see, security of supply is going to be more important than the prices," Cowle said.
「供給の保障が、価格より重要になるように思います。」とCowleは言いました。
海外経済記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi