ニューヨーク市:レストランで衛生度の表示が必要に

海外観光地記事リスト
City Restaurants Required to Post Cleanliness Grades
By GLENN COLLINS
Published: March 16, 2010
引用元:http://www.nytimes.com/2010/03/17/nyregion/17inspect.html

©newyorkdailynews.com
The New York City Board of Health voted Tuesday to rate cleanliness in the city’s more than 24,000 restaurants with publicly posted letter grades, adopting a controversial plan proposed 14 months ago by the Department of Health and Mental Hygiene.
火曜日にニューヨーク市衛生局は、市内にある24,000件以上のレストランの衛生度を評価し、文字でグレードを公に表示する事を票決しました、14ヶ月前にニューヨーク市保健精神衛生局が提案した賛否両論の計画を採択するものです。

In a 6-to-2 vote, with one abstention, the board decided to compel restaurateurs to post inspectors’ numerical ratings, which were previously available only at the department or online at nyc.gov/health. And in a program that is to start in July, 8-by-10-inch placards, to be supplied by the city, will rate restaurants with a blue A for the highest grade (from 0 to 13 points under the old system), a green B for a less sanitary but still passing rating (13 to 27 points), and a yellow C for a failing grade (28 points or more).
棄権1を含む6対2の投票で、当局は、レストランへ検査官による数字評価(以前は当局やネット nyc.gov/healthでのみ知ることができた)の掲載を強制すると決定しました。また、7月に開始され、8x10インチ(約20x25cm)のプラカードが市により提供されるプログラムで、一番高いグレードが青でA(以前のシステムでは0〜13)と表示され、それ以下の衛生度ではあるものの合格評価であるものが緑のB(13〜27)で表示され、不合格(28〜以上)は黄色いCで表示されます。

The signs will be dated, and are to be prominently posted in windows or restaurant vestibules.
標識は日付が入り、レストランの窓や玄関に目立つように表示されます。

“Giving consumers more information will help make our restaurants safer and cleaner,” said the health commissioner, Dr. Thomas A. Farley, who is chairman of the health board. “The grade in the window will give you a sense of how clean the kitchen is ― and it will give every restaurant operator an incentive to maintain safe, sanitary conditions.”
「消費者へより多くの情報を提供する事が、私達のレストランがより安全で衛生的になるように助長します。」衛生監査官で、衛生局長のThomas A. Farley博士は伝えました。「窓にある評価が、調理場がどれだけ衛生的であるかを伝え、レストラン経営者が安全性と衛生度を維持する動機になります。」

After the vote, Robert Bookman, legislative counsel for the New York City chapters of the New York State Restaurant Association ― the operators’ trade group ― charged that “letter grading will be more misleading than helpful,” adding that “it will be unfair and a black eye to this industry in the restaurant capital of the word.”
票決後、(業界団体)ニューヨーク州レストラン協会ニューヨーク市支部立法評議委員Robert Bookmanは、「文字評価は、参考というよりも誤解を招くもの」また「公平ではなく世界のレストランの中心となっているこの業界の恥になる。」と非難しました。

He said that a legal challenge to the board’s vote “is an option,” noting that the mandated posting against the wishes of a restaurant owner raised free-speech issues. Another challenge could be mounted, he said, on the question of whether such a regulation should be considered by the City Council rather than the Board of Health.
法的に当局の票決に対抗するのも「オプション」と伝え、レストランオーナーの希望に反する表示義務は、言論の自由の問題でもあると補足しました。また更なる課題もあり得るとし、このような規制は、衛生当局ではなく、どちらかと言えば市議会で考慮されるべきで、そのような疑問があると言いました。

[PR]
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Elliott S. Marcus, an associate health commissioner, testified that the specifics of the new regulations could be released as early as next week. For now, though, he said that restaurants receiving an A grade can post their mark at the end of the inspection. If the grade is lower than an A, the restaurant can wait until a second review by a different inspector within a month “that would permit a letter change,” Mr. Marcus said.
副監査官Elliott S. Marcusは、新しい規制の詳細は、来週にも公表されると厳かに宣言しました。しかしながら、現時点では、A評価を受けるレストランは、検査終了後に掲載する事ができると彼は伝えました。評価がAよりも低い場合、1ヶ月以内にそのレストランは別の検査官による「文字変更が許可される」再審査を受けることができるとMarcus氏は伝えました。

At that point, if an operator contests the grade, the restaurant can post a “grade pending” sign, he said, until management can present its case before a judge at a health department administrative tribunal.
その時点で、もしレストラン運営者が評価に意義を申し立てた場合、レストランは運営者がその件について衛生局審査官にプレゼンテーションを行えるようになるまで「評価審理中」標識を掲載できると彼は伝えました。

The restaurant association had lobbied the health department to exempt all nonfood-related violations ― like burned-out light bulbs, leaky faucets and improperly posted signs ― from the letter-grade calculation. Dan Katz, the department’s acting commissioner for environmental health, testified that the department had agreed not to base letter grades on many such issues.
レストラン協会は、衛生局に食品に関係しない違反(切れた電球、蛇口の水漏れ、不適切に掲載されたサイン等)を文字評価の計算から除外するように働きかけてきました。環境衛生担当監査官Dan Katzは、当局は文字評価は、それら多くの事を基準に評価しないと同意したと証言しました。

For more than a decade, a letter system has been in effect in Los Angeles, and according to a 2007 study by Los Angeles County’s Health Department, 91 percent of people approved of the program. Mr. Marcus said that after the system was adopted, “there was approximately a 13 percent decline in food-borne illness hospitalization.”
10年以上に渡り、文字(評価)システムはLos Angelesで実施されており、2007年にLos Angeles郡衛生局により行われた研究では、システムの導入以降、91%の人がプログラムを是認しました。「食品に関する入院が約13%減少した」とMarcus氏は伝えました。

Many restaurateurs expressed their opposition to the plan at a public hearing last month, and the Staten Island Chamber of Commerce went so far as to call the grades “a scarlet letter that will keep people from eating out,” in the words of a spokesman, Geoff Kravitz. He claimed restaurants posting anything less than an A would be treated by the public like Hester Prynne at a public shaming.
先月行われた公聴会では、多くのレストランが計画に反対と意向を示し、スタテンアイランド商工会議所は、評価を「人が外食しない為の緋文字だ。」と広報のGeoff Kravitzが自ら呼ぶまでになりました。彼は、A以下のどのような評価を掲載しているレストランは、大衆から公共の恥としてHester Prynneのように見なされると主張しました。
※ナサニエル・ホーソーンによるアメリカのゴシップロマン小説
※Hester Prynne:緋文字(the Scarlet Letter)の主人公の女性

After the board vote, Marc Murphy, chef and owner of Landmarc Restaurant in TriBeCa, said that “showing customers this arbitrary inspection grade doesn’t tell the public anything, because it is a snapshot in time.”
当局の票決後、TriBecaにあるLandmarc RestaurantのオーナーシェフMarc Murphyは「顧客に自由裁量の検査評価を示す事は、期間の任意の時点に過ぎないので、公共に何も伝わることがない。」と伝えました。

But some restaurateurs, including Michael White, chef and owner of Alto, Convivio and Marea, embraced the new system. “I think it’s great, because it will keep everyone on their toes,” Mr. White said. “Customers have high expectations. No one wants to have a B in their window.”
しかしAlto, Corvivo, and MareaのオーナーシェフであるMichael Whiteを含む幾つかのレストラン運営者は、新しいシステムを容認しています。「とても良いことだと思います、みんなしっかりと管理するようになるので。」とWhite氏は言いました。「顧客の期待は高いのです。誰も窓にBと飾りたくないでしょう。」
海外観光地記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi