AppleのGoogleへのささいな喧嘩が個人攻撃に(2)

海外その他記事リスト
Apple’s Spat With Google Is Getting Personal(2)
Apple sees Android phones like the Motorola Droid, right, as iPhone clones. Google says some prototypes predate the iPhone, left.
By BRAD STONE and MIGUEL HELFT
Published: March 12, 2010
引用元:http://www.nytimes.com/2010/03/14/technology/14brawl.html?pagewanted=2

©George Frey/Getty Images
Appleは、Motorola Droid(右)をiPhoneクローンのAndroidフォンとみなす。Googleは、プロトタイプはiPhone以前に存在すると言う。
AppleのGoogleへのささいな喧嘩が個人攻撃に: (1)   (2)   (3)   (4)
Google携帯:Nexus One (1)   (2)
“It’s World War III. Amazing animosity is motivating two of the most powerful people in the industry,” he says. “This is emotional. This is the biggest ego battle in history. It’s incendiary.”
「これは第三次世界戦争です。信じられない敵意が業界で最も力のある2人を動かしているのです。感情的です。史上最も大きなエゴ争いです。扇動的です。」と彼(前記事のSilicon Valley投資家で事情通の1人)は言います。

THE fight features two Valley veterans whose styles couldn’t be more different. Mr. Schmidt is a brainy technologist turned executive. He is measured and professorial in public, but takes pride in being tough.
争いは、スタイルが最大に違うSilicon Valley(シリコンバレー)の2人のベテランからなるものです。Mr. Schmidt(エリック・シュミット)は優秀な技術者から社長になりました。公の場では、慎重でプロですが、タフであることにプライドを持っています。

Along with Mr. Page and Mr. Brin, he has infused Google with an intense competitiveness and an almost evangelical belief that its engineers can do just about everything better than its rivals.
Mr. Page(ラリー・ペイジ)、Mr. Brin(セルゲイ・ブリン)と共に、強烈な競争力と、福音信念の如く、そのエンジニアは全てにおいてライバルよりも上手にできるとGoogleを活気づけてきました。

Mr. Jobs, of course, is the master marketer and innovator who exerts authoritarian control over every aspect of Apple. Since he helped to found the company in 1976, he has been known to elevate the fight against rivals ― first I.B.M. and Microsoft, and later Dell ― into corporate calls to battle, using the specter of the enemy to motivate employees and sharpen Apple’s image in the public eye.
Mr. Jobs(スティーブ・ジョブズ)は、勿論、Appleの全てにおいて権威主義的管理を発揮するマーケティングマスターであり発明者です。1976の設立から、ライバルとのバトルを持ち上げ(最初はI.B.MとMicrosof、そしてDell)、その後、敵の悪影響を用いて従業員をやる気にさせ、公の元でAppleのイメージをよりシャープにするとして知られています。

©Marcio Jose Sanchez/Associated Press

2007年にSteve Jobs(左)とEric Schmidtは一緒にiPhoneを発表しました。
その後、Googleは電話業界に入りAppleを怒らせてしまいました。

But in this latest battle with Google, his actions appear to be unusually emotional. In filing the lawsuit over Android phones, he positioned his company as an aggrieved victim finally standing up to the playground bully. “We can sit by and watch competitors steal our patented inventions, or we can do something about it,” he said in a statement when the suit was filed. “We’ve decided to do something about it.”
しかし、最新のGoogleとのバトルでは、彼のアクションが異常に感情的に思えます。Androidフォン提訴で、彼は会社の立場を、不当な扱いをされた被害者がようやく土俵のいじめっ子に立ち向かうという風にしています。「競合相手が、私達の特許化された発明を盗んでいるのを座って見ている事もできますし、それに対して何かする事もできるのです。私達は、何かをすると決めました。」訴状を提出した特に発表で彼はそう伝えています。

Google said that day that it wasn’t a party to the suit but that it would “stand behind” HTC. And, privately, some Google executives say they worry that the lawsuit could hold back Android, which is also being built into tablets that could rival the iPad.
Googleは、訴訟の当事者ではありませんが、HTCを「支持」すると伝えました。また、プライベートになりますが、Googleの役員は訴訟で、iPadとライバルになるタブレットPC用につくられているAndroidが引き止められるのを怖れていると言いました。

Mr. Schmidt hasn’t shied away from taking public swipes at Apple, either. In January at the World Economic Forum, when asked what he thought of Apple’s new iPad, due to go on sale early next month, he joked to reporters: “You might want to tell me the difference between a large phone and a tablet.”
Mr. Schmidtも公にAppleを強打する事をためらっていません。1月の世界経済協議会(World Economic Forum)において、翌月に販売されるAppleの新たなiPadについてどう思うかを聞かれた際に、「大きな電話とタブレットPCの違いを説明してくれるかな?」とレポーターへ冗談を言っていました。

Although Mr. Jobs and Mr. Schmidt both began working in Silicon Valley in the late 1970s, their paths rarely crossed. But by 2001, with Mr. Jobs back at Apple and Mr. Schmidt running Google, they shared a singular mission: limiting Microsoft’s hegemony to the personal computer and ensuring that Bill Gates didn’t dominate the frontier of online services and mobile devices.
Mr. JobsとMr. Schmidtは、共に1970年代後半にSilicon Valleyで働き始めましたが、彼らの道筋が交差する事はありませんでした。しかし、2001年までにMr. JobsがAppleに戻り、Mr. SchmidtがGoogleを経営しており、彼らは1つの使命を共有していました:PCでのMicrosoftの支配権を制限し、Bill Gatesがオンラインサービスとモバイル機器の最先端を支配しない事を確実にする。

When Mr. Schmidt was invited to join Apple’s board in 2006, he and Mr. Jobs lavished praise on each other.
2006年にMr. SchmidtがApple取締役に迎えられた時、彼とMr. Jobsはお互いを惜しみなく讃えました。

[PR]
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Behind the scenes, closer bonds between the two companies had formed. Google’s co-founders, Mr. Page and Mr. Brin, considered Mr. Jobs a mentor and, according to a former Apple executive, were regular visitors to Mr. Jobs’s office in Cupertino, Calif., during Google’s early days.
舞台裏では、2企業間には絆がありました。元Apple取締役によると、Googleが設立間もない頃、Googleの共同設立者Mr. Page(ラリー・ペイジ)とMr. Brin(セルゲイ・ブリン)は、Mr. Jobsを指南役と考えており、定期的にカリフォルニア州CupertinoにあるMr. Jobs(スティーブ・ジョブズ)のオフィスを訪問していました。と元Appleの取締役はいいます。

Mr. Brin was also known to take long walks with Mr. Jobs near his house in Palo Alto, and in the nearby foothills of the Santa Cruz Mountains. According to colleagues, they discussed the future of technology and planned some joint ventures that never came to fruition ― like a collaborative effort to develop a version of Apple’s Safari browser for Windows.
Mr. Brinは、Palo Altoにある彼の自宅付近やSanta Cruz Mountainsの丘でMr. Jobsと長い散歩をすることで知られていました。同僚によると、彼らはテクノロジーの行方や、ウィンドウズ用のApple Sarafiブラウザの共同開発等の実現することのなかったジョイントベンチャーを計画していたそうです。

©Paul Sakuma/Associated Press
Omar Hamoui率いるAdMobへAppleは6億ドルを提示、その後Googleが7.5億ドルで買収。
Another former Google executive said Mr. Page and Mr. Brin “spoke very openly about their admiration for Jobs and how he’s a role model for them as they grow into becoming executives.” Mr. Page and Mr. Brin declined to be interviewed. People close to the company say they are disappointed that the relationship with Apple has soured.
他の元Google取締役は、Mr. PageとMr. Brinは、「とてもオープンにJobsへの尊敬と、また彼らが取締役になる過程にいての理想像」と話していたと言います。Mr. PageとMr. Brinは、インタビューを断りました。会社に近い情報筋によると、彼ら(Mr. PageとMr. Brin)は、Appleとの関係が悪化した事を残念がっていると言います。

Still, they and other Google executives see the company’s push to open up the industry and to succeed in mobile computing as too important to sacrifice just to placate Mr. Jobs.
依然として、彼らと他のGoogle取締役は会社の業界を押し明け、モバイルコンピューティングで成功が、Mr. Jobsをなだめる為に犠牲にするには重要すぎると考えています。

BY all accounts, Mr. Schmidt and Mr. Jobs were never close friends. But they dined together on several occasions, according to a former associate of Mr. Schmidt’s, and Mr. Jobs never hesitated to call Mr. Schmidt directly to voice his opinions. Mr. Schmidt, several friends say, relished his position on Apple’s board and the proximity it gave him to one of the most famous figures in American business.
全てを含めて、Mr. Schmidt(エリック・シュミット)とMr. Jobsは親しい友人ではありませんでした。しかし、彼らは数回食事を共にし、元Mr. Schmidtの同僚は、Mr. JobsはMr. Schmidtの意見を直接聞く為の電話は躊躇したことがなかったと言います。何人かの友人は、Mr. SchmidtはAppleの取締役内と近接の立場を楽しみ、彼はアメリカビジネスで最も有名な象徴となりました。

But it didn’t take long for friction to emerge. When Apple began selling the iPhone in 2007, Google was already quietly ramping up efforts to develop Android, its own smartphone operating system.
しかし、摩擦が発生するには長くかかりませんでした。2007年にAppleがiPhoneの販売を開始すると、Googleは、独自のスマートフォンオペレーティングシステムAndroidの開発努力へ静かに傾いていたのです。

Two years earlier, Google had acquired the start-up that was developing Android. At the time, the move was largely aimed at Microsoft and meant to ensure that it didn’t wind up controlling the market for mobile devices. But when Microsoft faltered in the emerging smartphone market, and other companies like Research In Motion and then Apple began to dominate instead, Google continued to push ahead with Android and its vision of a more open mobile phone ecosystem.
2年前に、GoogleはAndroidを開発していた新しいビジネスを合併しました。当時、この動きの多くはMicrosoftへ向けたもので、(Microsoft)や他の会社Research In Motionがモバイル機器市場を支配しない事を確実にすると言う意味がありました。その後、Appleが代わりに支配するようになったのです。GoogleはAndroidとよりオープンなモバイルフォンエコシステムの展望を推し進め続けました。

AppleのGoogleへのささいな喧嘩が個人攻撃に: (1)   (2)   (3)   (4)
Google携帯:Nexus One (1)   (2)
海外その他記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi