AppleのGoogleへのささいな喧嘩が個人攻撃に(3)

海外その他記事リスト
Apple’s Spat With Google Is Getting Personal(3)
Apple sees Android phones like the Motorola Droid, right, as iPhone clones. Google says some prototypes predate the iPhone, left.
By BRAD STONE and MIGUEL HELFT
Published: March 12, 2010
引用元:http://www.nytimes.com/2010/03/14/technology/14brawl.html?pagewanted=3
AppleのGoogleへのささいな喧嘩が個人攻撃に: (1)   (2)   (3)   (4)
Google携帯:Nexus One (1)   (2)

©George Frey/Getty Images
Appleは、Motorola Droid(右)をiPhoneクローンのAndroidフォンとみなす。Googleは、プロトタイプはiPhone(左)以前に存在すると言う。
As Google’s plans took shape, Apple and Google executives either met in person or spoke on the phone on multiple occasions about Apple’s concern about Android, executives on both sides say.
Googleの計画が現実になると、AppleとGoogleの取締役は、Androidに付いてのAppleの不安を数回、個人的に会った若しくは、電話で話したと両サイドの取締役は言います。

Many of those meetings turned confrontational, according to people familiar with the discussions, with Mr. Jobs often accusing Google of stealing iPhone features. Google executives said that Android’s features were based on longstanding ideas already circulating in the industry and that some Android prototypes predated the iPhone.
議論について詳しい人物によると、これら多くのミーティングは対立的となり、Mr. Jobs(スティーブ・ジョブズ)は、GoogleがiPhoneの機能を盗用したとしてよく非難しました。Googleの取締役は、Androidの機能は業界で長らく広まっていたアイデアに基づいたものであり、Androidの幾つかのプロトタイプはiPhone以前に存在していたと言っていました。

At one particularly heated meeting in 2008 on Google’s campus, Mr. Jobs angrily told Google executives that if they deployed a version of multitouch ― the popular iPhone feature that allows users to control their devices with flicks of their fingers ― he would sue. Two people briefed on the meeting described it as “fierce” and “heated.”
Googleにおいて行われた2008年の熱いミーティングで、Mr. Jobsは怒りながらGoogle取締役に、もし彼らが特定のマルチタッチ(iPhoneの主な機能でユーザーが指を動かすことで機器を操作できる)を設置した場合、彼は告訴すると伝えました。会議で状況説明をした2人には、会議を「荒々しい」そして「熱かった」と説明します。

©Paul Sakuma/Associated Press
2008年1月のMacworld(展示会)でのGoogleのSergey Brin(セルゲイ・ブリン)(左)Eric Schmidt(エリック・シュミット)(中)とAppleのSteve Jobs

While Google listened to Apple, it rarely backed down. “I don’t think they made many accommodations,” says a former Google executive who was briefed on the discussions. “Google is not a company that is particularly afraid of anyone, including Apple.”
GoogleはAppleの言い分を聞きましたが、引き下がることは殆どありませんでした。「彼らが多くの調整をしたとは思いません。」と議論にて状況説明を行った元Googleの取締役は言います。「GoogleはAppleを含む誰かを怖れる企業ではありません。」

Google did proceed cautiously with Android, at least initially. The first versions of the software, which appeared on devices in 2008, didn’t feature multitouch. The phones were slow and unwieldy, and Google insiders joked that they looked like bricks.
GoogleはAndroidに関しては注意しながら進めました、少なくとも当初は。2008年に登場した機器に入っていたソフトの最初のバージョンでは、マルチタッチ機能はありませんでした。電話は遅く不格好で、Google内部では、レンガのように見えると冗談にしていました。

But as Android-powered devices kept improving, Apple became more concerned. When Mr. Jobs returned to work from a prolonged health leave last year, he faced an array of emerging Android-powered phones like the Motorola Droid, with sleeker lines, improved performance and, like the other Android phones, the ability to run multiple applications at the same time.
しかし、Androidを搭載した機器が改善を続けると、Appleはより不安になりました。Mr. Jobsが昨年、長期の健康的な理由から復帰した時、より滑らかな線を持ち、性能が改善され、他のAndroidフォンのように複数のアプリケーションを同時起動できるMotorola Droid等が大量に浮上してくる状況に直面しました。

Highlighting the escalating rivalry, Verizon ran ads for the Droid that took aim at the iPhone with the tagline “Everything iDon’t ... Droid Does.”
激化する競争を強調するようにVerizonは、iPhoneをターゲットにしたDroidを「Everything iDon't...Droid Does.」というキャッチコピーで宣伝しました。
"Everything iDon't... Droid Does."
直訳:私(I)-(i)Phoneがしない事をDroidが行う。
i(私)とiPhoneの"i"をかけ、「私(I)が・・・」、「I(iPhone)が・・・」しない事を、Droidが行う」という意味に。
AS tensions mounted between Mr. Schmidt and Mr. Jobs, their infighting became more public. When Google tried to get its voice mail management program, Google Voice, onto the iPhone, Apple blocked the effort last July, citing privacy concerns. Then, last August, Mr. Schmidt stepped down from Apple’s board, prompted in part by regulatory concerns over ties between the two companies but also because Apple said his position had become untenable.
Mr. SchmidtとMr. Jobsの間で緊張が高まるにつれ、内輪もめがより公になりました。昨年7月にGoogleが留守電メッセージ管理プログラム「Google Voice」をiPhoneに入れようとした時、Appleはプライバシーの不安があるとしてそうさせませんでした。その後、昨年8月にMr. Schmidtは2社の関係を調整する不安から促された部分もあり、取締役を降りましたが、Appleが彼の立場を支持できないと伝えたのもその理由です。

[PR]
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
When Mr. Jobs announced Mr. Schmidt’s departure from the board, he noted that with Android and plans for a computer operating system, Google was “unfortunately” entering more of Apple’s “core business.”
(スティーブ・ジョブズ)が取締役からMr. Schmidt(エリック・シュミット)が降りると発表した時、Googleは、Androidとオペレーティングシステム計画で「残念ながら」よりAppleの「中核ビジネス」に入ってきていると補足しました。

Then a wrestling match began on the acquisition front.
その後、買収を巡ってバトルが始まりました。

Last fall, Apple made a formal bid to acquire AdMob, a rapidly growing mobile advertising company, for $600 million. AdMob specializes in developing ads that run inside mobile phone applications, like those on the iPhone.
昨年秋、Appleは正式にAdMob(急速に成長するモバイル広告会社)買収を6億ドルで持ちかけました。AdMobはiPhoneにあるような携帯電話アプリケーションの中で走る広告開発に特化しています。

While Apple conducted due diligence on the deal, AdMob agreed to a 45-day “no shop” provision, a routine clause that prevented the start-up from offering itself for sale to others, according to three people briefed on the negotiations. But after Apple inexplicably let 45 days pass without consummating its offer, Google pounced.
交渉で状況説目をしていた3人によると、Appleがこの件に関し適性評価を行う間、AdMobは自身を他者に販売できないようにする習慣的な条項である45日間「身売り禁止」規定に同意しました。しかし、理解不能な事にAppleは完結する事なく、45日が経過してしまいました、Googleは飛びつきました。

Their interest piqued by Apple’s pursuit of the start-up, Mr. Schmidt, along with Mr. Page, Mr. Brin and other Google executives, began intensely courting Omar Hamoui, AdMob’s young chief executive. AdMob, the Google guys argued, belonged in their corporate family because Google ― unlike Apple ― was an old pro in advertising. They also promised that AdMob employees would be able to cash out stock options sooner than Apple’s deal would have allowed. It also didn’t hurt that Google was willing to pay a 25 percent premium over Apple’s offer.
彼らはAppleができたばかりの会社を追いかけていた事にそそられ、AdMobの若い代表Omar HamouiへMr. Page、Mr. Brinと共にMr. Schmidtは積極的に求愛しました。Google陣は、GoogleはAppleと違い広告の老舗プロであるので、AdMobは(Googleの)企業系列に属すと主張しました。彼らはまたAppleの提案が許容したであろう時期よりも早く従業員がストックオプションを現金化できるようにすると約束しました。GoogleがAppleのオファーに25%のプレミアムを乗せた事も良かったのでしょう。

Three days after the no-shop provision expired, Google agreed to buy AdMob ― putting a whopping $750 million price tag on a four-year-old company with modest revenue. Jilted and angry, Mr. Jobs speculated that AdMob might have violated its legal obligations, with help from Google, according to two people briefed on the fallout from the negotiations.
身売り禁止規定が期限切れになった3日後、ささやかな収入の設立4年目の会社AdMobを7.5億ドルで買収する事に同意しました。交渉の結果について説明した2人によると、フラれて怒ったMr. JobsはGoogleの支援でAdMobが法的義務に反したのではと推測しました。

(Neither AdMob nor Google would comment on any aspect of the process. The acquisition is being reviewed by the Federal Trade Commission for possible antitrust problems.)
(AdMobもGoogleもこの件についてどのような事もコメントしません。買収は独占禁止のおそれがあるとして連邦取引委員会(FTC)が精査しています。)

One executive familiar with Google’s acquisitions strategy said the company was willing to pay a large premium for AdMob simply to keep the company out of Apple’s arms. “There is no way AdMob would have gotten $750 million if he wasn’t worried that it would end up in the hands of Steve,” the executive said. “Are they going to get $750 million in cash flow back? No way.”
Googleの買収戦略に詳しい取締役は、会社(Google)は、単にAdMobをAppleから遠ざける為に大きなプレミアムを支払うことに熱心だったと言いました。「もしAdMobがSteveの手の内になるかという不安がなければ、7.5億ドルを得る事はなかった。彼らは7.5億ドルを現金収入で取り戻せるか?それはないでしょう。」と取締役は言いました。
AppleのGoogleへのささいな喧嘩が個人攻撃に: (1)   (2)   (3)   (4)
Google携帯:Nexus One (1)   (2)
海外その他記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi