イスラエル外交官がドバイ暗殺のパスポート偽造でイギリスから追放される

海外事件記事リスト
Israel diplomat expelled by Britain over Dubai assassination passport forgery
By Ben Quinn, Correspondent / March 23, 2010
引用元:http://www.csmonitor.com/World/Europe/2010/0323/Israel-diplomat-expelled-by-Britain-over-Dubai-assassination-passport-forgery

©Lefteris Pitarakis/AP
イスラエル外交官がドバイ暗殺のパスポート偽造で追放される:
Britain said Tuesday it would expel an Israel diplomat after a government probe found it likely that the Jewish state had forged UK passports used in the Dubai assassination of a senior Hamas official. Foreign Minister David Miliband is due to address Parliament this afternoon.
火曜日にイギリスは、政府の捜査でハマス高官がドバイで暗殺された際に使われたイギリスのパスポートをユダヤ人国家が偽造した可能性が高いと分かり、イスラエル外交官を追放すると伝えました。 London
A new low was reached Tuesday in the traditionally close but often rocky British-Israeli relationship when Britain announced that it was expelling an Israeli diplomat following the use of forged British passports in the Dubai assassination of a senior Hamas official in January.
ロンドン:
イギリスはイスラエル外交官が1月にドバイでハマス高官が暗殺された際に偽造パスポートを使った事を容認していたとして追放すると発表した時に、伝統的に近接でありながら、時には荒々しいイギリスとイスラエルの関係は、今までになく低いものになりました。

The cold war-style sanction was deployed after a British investigation determined that passports were forged when British citizens passed through airports on their way to Israel, although the probe was unable to definitively confirm the involvement of Israeli intelligence.
イギリス市民がイスラエルへ向かう途中に空港を通過した時に、パスポートが偽造されたと捜査は結論づけ、その後、冷戦時のような制裁が発動されました、しかしながら、捜査はイスラエル諜報部(モサド)が関与したとする決定的な確証を得ることはできませんでした。

Ron Prosor, Israel’s ambassador to Britain, was summoned to the headquarters of Britain’s Foreign Office on Monday to be told the results of Britain’s inquiry, for which investigators were sent to Israel this month to meet eight Israeli-British dual nationals whose identities were used in the Jan. 20 assassination. Britain’s Foreign Minister, David Miliband was due to address Parliament this afternoon.
在英イスラエル大使Ron Prosorは、イギリス外務期間へ招聘され、イギリスの捜査結果を言い渡されました、この捜査で、1月20日に個人情報を使われた8人のイスラエルーイギリスの2重国籍を持つ人物と会うために捜査官はイスラエルへ派遣されました。イギリス外務大臣Davil Milibandは、今日の午後、イギリス国会で発表する予定です。

While Britain has in the past reserved such action for states like Libya and Iran many see this as only a symbolic warning to its ally Israel – not a sweeping denunciation. However, precisely because of the closeness of the Israeli-British relationship, there could be more serious friction if the controversy is not laid to rest, says Yossi Mekelberg, an Israeli analyst at the London foreign policy think tank Chatham House.
過去にイギリスは、このようなアクションをLybya(リビヤ)やIran(イラン)等の国家に対してのみ行っており、多くの人が同盟国イスラエルへの象徴的な警告とのみ見ています:圧倒的な糾弾ではないと。しかしながら、より正確にはイスラエルとイギリスとの関係が密接であり、問題を止めなければ、より大きな摩擦に発展する可能性があるとロンドン外交シンクタンクChatham HouseのイスラエルアナリストYossi Mekelbergは言います。

“It is serious. If, as a country, your passports are misused or faked, then it is not something you can ignore and it has created practical problems. Israel has got away internationally with doing certain things in the past because it is a democracy," he says, calling the expulsion Britain's way of telling Israel, "you misbehaved."
「これは深刻です。もし国家として、あなたのパスポートが不正利用されたり偽造されると、これは無視できるものではなく、現実の問題を引き起こしたのです。イスラエルは過去に幾つかの事を行いましたが、民主主義であるが為に国際的に逃れているのです。」イギリスが排除について「問題行動を起こした」と伝えていると彼は言います。

But there is a cumulative effect, he adds – and one that may play out in less public avenues.
しかし、これには累積作用があるのですと彼は補足します:公共ではそれ程目立ちません。

“Between Britain and Israel there is cooperation on so many different levels. In a globalized world Britain can decide that something like this can end with an expulsion – but behind closed doors there can be repercussions," says Mr. Mekelberg. "The closer a relationship is, then the more painful the sanctions can be.”
「多くの異なるレベルでイギリスとイスラエルの間には協力があります。グローバル化した世界では、イギリスはこのような事を排除すると判断できると見られます;しかし閉ざされた扉の向こうでは、その影響がある可能性があります。関係が近接な程、制裁がより大きなダメージをもたらせます。」Mr. Mekelbergは言います。

Last expulsion: Iranian diplomats in June 2009
最後の排除:2009年のイラン外交官
While action from London had been expected on the issue – the most serious cause of friction yet over a recent period of sometimes strained relations between the two countries – there was still shock value in the use of a sanction Britain has traditionally only deployed against states with which it has frosty relations.
問題についてのロンドンのアクションは望まれていたものですが、近年の間、摩擦で最も深刻な原因が2国を緊張させているのです、凍るような関係にある国に対してイギリスが伝統的に行っていた制裁が発動された事です。

The last time Britain expelled foreign diplomats from its soil was in June 2009, when two Iranian diplomats were told to pack their bags after Tehran ordered two British diplomats out.
イギリスが最後に(外国の)外交官を本土から追放したのは2009年1月でした、テヘランが2人のイギリス外交官に国外へ出るように命令した後、イラン人外交官は荷物をまとめるように言われました。

休憩コーヒー
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
In some ways, the measures taken against Israel may have more in common with July 2007 when Britain kicked out four Russian diplomats following Moscow's refusal to hand over a former KGB agent accused of murdering Russian exile Alexander Litvinenko, who was killed by radiation poisoning in London.
考え方によっては、イスラエルの対応で取られたアクションは、2007年7月にロシアからの亡命者Alexander Litvinenko(アレクサンドル・リトビネンコ)がロンドンで放射線毒で殺された際の殺害容疑者である元KGB(ソ連国家保安委員会)員をイギリスへ引き渡すことを拒否した時は、より一般的でした。

Those expulsions were regarded as a peaceful warning shot of the type used when countries that normally enjoy cordial relations fail to find common ground on controversial issues.
これらの排除は、通常の良好な関係下である国家が賛否両論の問題で疎通が取れない時に発動されると、平和的な警告弾とみなされます。

However, the British move may now also escalate the possibility that other nations whose passports were used in the operation that led to the killing Mahmoud al-Mabhouh may follow suit. They include France, Ireland, Germany, and Australia.
しかしながら、イギリスの行動は、パスポートがMahmoud Al-Mabhouh殺害作戦に利用された国家も同じようにする可能性を高めることになります。フランス、アイルランド、ドイツ、オーストラリアがこれらの国に含まれます。

Firm foundation for British-Israeli ties
イギリスーイスラエルの結びつきの基礎:
In London, analysts expressed surprise at the move while emphasizing that important mutual links –particularly on trade and security issues – still provide a firm foundation for enduring British-Israeli ties.
ロンドンでは、アナリストがこのアクションに驚いていますが、相互の繋がりの大切さを強調し(特に貿易や安全保障の問題)依然としてイギリスーイスラエル間の長期的な堅い基礎になると考えています。

The relationship between Israel and the UK, which ruled the Mandate of Palestine between 1917 and 1948, has hit rocky patches in the past, particularly during the 1980s when Prime Minister Margaret Thatcher ordered a halt to Mossad operations in Britain after an Israeli technician who blew the lid on his country’s nuclear weapons project was kidnapped by Israel after being lured from London.
イスラエルと1917年〜1948年のパレスチナ領地を決めたイギリスとの関係は、起伏のあるものでした、特に1980年代にイスラエル人技術者が彼の国(イスラエル)の核兵器計画を台無しにした後に、イギリスに誘い出され、イスラエルにより誘拐された後、Mossad(イスラエル諜報特務局)の活動をイギリス内で停止するように命令したMargaret Thatcher(マーガレット・サッチャー)首相にイギリス国内でのMossadの活動を停止するように命令した時がそうでした。

“There have been ups and downs but the important thing is that within the European Union, and along with Germany and Holland, Britain was seen as being a brake on some of the more pro-Palestinian positions in the EU, while being sympathetic to Israel,” says Rory Miller, professor in Middle East and Mediterranean Studies at King's College, London. “While Britain and Israel may have had differences they have always been seen as allies.”
「良いことも悪いこともありますが、EU(欧州連合)やドイツとオランダ内で共に重要なのは、イギリスはイスラエルに同情を示しながら、EU内でよりパレスチナ寄りの立場を取る物へのブレーキとみなされていることです。イギリスとイスラエルには違いがありながらも、いつも同盟と考えられているのです。」ロンドンにあるKing's College中東及び地中海研究教授Rory Millerは言います。

“This is a notable departure, but not one that will have a major impact on the traditional alliance which remains so important on so many levels,” he adds. “This may be a way of ensuring something is done so that relations can again fall into line.”
「これは特筆すべき出国ですが、この長らくの同盟において、多くのレベルにおいてとても大事な関係である事には変りなく大きな影響はありません。これは、関係が同じ線の上のなる為に何かをする事が必要である事を示すものかも知れません。」と彼は補足します。

Israeli nationalist decries Britain's 'hypocrisy'
イスラエル国家主義者は、イギリスの「裏切り行為」を非難
In public at least, British-Israeli relations appear to be in the doghouse for now, while Britons got an eye and earful of the initial reaction in some quarters of Israel Tuesday when they tuned into the 24-hour broadcaster Sky News.
少なくとも、公の場では、イギリスとイスラエルの関係は不名誉なものと思われています、イギリスは、火曜日に24時間放送であるSky Newsを見て、イスラエル国内の最初のリアクションを見出しました。

Aryeh Eldad, a hard-line nationalist member of the Israeli parliament, told the channel that Israel should expel a British diplomat – possibly the military attaché - in response.
イスラエル国会の強硬な国家主義者Aryeh Eldadは、放送局に対し、イスラエルはお返しにイギリス大使(武官も含める可能性も)を追放すべきと伝えました。

"I think [the] British are behaving hypocritically ... who are they to judge us on the war on terror? We are now cornered into this position and we are accused of doing the wrong things during our war on terrorism."
「イギリスは裏切り行為を行っているように思う、テロ戦争について私達を判断するとは何者のつもりだ?私達は自分たちのテロ戦争の最中にこんな端っこに追いやられ、間違いを犯したとして非難されている。」

海外事件記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi