セカンドライフ ユーザーが仮想の土地について集団訴訟を起こす

海外事件記事リスト
Second Life Users File Class Action Lawsuit Over Virtual Land
About 1 day ago Jolie O'Dell
2010/5/3
引用元:http://mashable.com/2010/05/03/second-life-users-file-class-action-lawsuit-over-virtual-land/
セカンドライフ ユーザーがバーチャルな土地に関する集団訴訟を起こしました
A group of Second Life users is suing Second Life’s creator over a virtual land dispute. They say their contractual property ownership rights have been changed and that this alteration of the terms of service constitutes fraud and violates California consumer protection laws.
Second Lifeユーザーのグループがバーチャルな土地の争議についてクリエーターを提訴しています。彼らは、契約上の財産所有権が変更され、このサービス規約の変更は詐欺となり、California(カリフォルニア州)消費者保護法に反すると伝えています。

Before you scoff too much at this seemingly ludicrous lawsuit, remember that virtual worlds aren’t just “funny money” and avatars. They’re serious business, both for the owners and investors who profit from them and for the users who pump hundreds and even thousands of dollars each into creating characters and interacting online.
このおかしな訴訟を聞いて引いてしまう前に、バーチャルの世界は単に "奇妙なお金"やアバターだけではないという事を知ってください。ユーザーがそれぞれ何百や何千ドルもキャラクターやインタラクティブオンラインに注ぎ込み、それにより利益を得るオーナーや投資家の両方にとって真剣なビジネスなのです。

Second Life’s parent company, Linden Labs, was recently valued at $383 million. The virtual world’s economy was at an all-time high when Q1 transactional data was reported last month. And although the economy is virtual, remember these transactions have a basis in very real funds.
Second Lifeの親会社、Linden Labs(リンデン・ラボ)は、最近、3.83億ドルの価値があると評価されました。先月、第一期の取引データが報告された時、バーチャル世界の経済は過去に無く好調だったのです。経済はバーチャルではありますが、これらの取引は、現実の資金が基である事を念頭に置いてください。

[PR]
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
The lawsuit gives rise to the question: Who owns virtual goods, the creators of the goods or the people who have paid virtual currency for them?
訴訟により、ある質問が提議されます:誰がバーチャルグッズを所有するのか、グッズのクリエーターか、それにバーチャルマネーを支払った人達なのか?

The users are claiming that Linden Labs and Founder Philip Rosedale persuaded them to invest money and pay a sort of “property tax” with the promise of actual ownership of virtual land. Now, the users say, the terms of service have been changed without their prior knowledge or consent. They say the new terms “state that these land and property owners did not own what they had created, bought and paid for, and that these consumers had no choice but to click on a new terms of service agreement or they could not have access to their property.” Moreover, the group alleges that Linden Labs froze user accounts and deleted or converted non-virtual currency and virtual property without giving any explanation or avenues for recourse.
ユーザーは、Linden Labs(リンデン・ラボ)と設立者のPhilip Rosedaleが、実際のバーチャルな土地の所有権を約束し、投資しある種の「資産税」を支払うように信じ込ませたと主張しています。今では、ユーザーへ事前に通知する事なく、また同意なくサービス規約が変更されたと彼らは言います。新しい規約は「土地や物品所有者は創作したもの、購入や支払をしたものを所有しないと記載されており、また消費者(ユーザー)は新しい規約の同意にクリックするしか選択肢がなく、そうしなければ自らの財産にアクセスできなかった」と伝えています。更に、グループは、Linden Labsがユーザーアカウントを凍結や消去、非バーチャル通貨やバーチャル資産を説明や償還請求なしで行ったと申立てています。

We’ve contacted Mr. Rosedale for comment and will update this post as new information becomes available.
Mr. Rosedaleへコメントを求めています、新たな情報が入り次第、この記事を更新します。

What do you think: Is this a frivolous lawsuit over a virtual non-issue? Can anyone really “own” pixels? Did Linden Labs have the right to change the TOS for their own product, just as Facebook does on a regular basis? Or do these users have a justifiable complaint when they say that Linden Labs broke its promise to them?
どのように思いますか:バーチャルで問題ではない事についての取るに足らない訴訟なのでしょうか?誰もが本当にピクセルを「所有」できるのでしょうか?Linden Labsは彼らの製品に関するサービス規約を、Facebookが定期的に行うように、変更する権利があるのでしょうか?ユーザーは、彼らのいうLinden Labsが約束を破った事について、不評が正当化されるのでしょうか?
海外事件記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi