北朝鮮が密輸していた武器が押収される

海外事件記事リスト
Officials Probe North Korea Arms Cache
Plane Loaded With Weapons, Detained in Bangkok Under New U.N. Rules, Is Expected to Reveal Details on Pyongyang Dealing

By PATRICK BARTA in Bangkok, EVAN RAMSTAD in Seoul and JAY SOLOMON in Washington
(引用元:)
http://online.wsj.com/article/SB126066998086189245.html?mod=WSJ_hpp_sections_world

北朝鮮が密輸していた武器を当局が押収
国連の新しい規制のもと、バンコックで武器を積んでいた航空機を拘束
ピョンヤンのビジネスが明らかに?

Thai authorities will spend the next several days sifting through a massive cache of explosives, missiles and other weapons seized from a plane from North Korea in a case that could offer new details about the secretive country's involvement in the international illicit-weapons trade.
タイ当局は北朝鮮から来た航空機より押収した大量の爆発物、ミサイルその他武器を調べるのに数日要する事となります。この秘密主義国家の国際的な不法武器取引について何か分かるかも知れません。

Thai officials detained the plane and its five crew members late Friday after they landed at Bangkok's Don Muang Airport for refueling. Although the final destination of the plane remained unclear, a Thai government spokesman said it was scheduled to land next in Sri Lanka for further refueling and was possibly headed to another location after that.
タイ当局は金曜日の午後に、航空機と5人の搭乗員を彼らがバンコックのDon Muang空港で給油着陸した後に拘束しました。飛行機の最終目的地はまだ明らかになっていませんが、タイ政府広報によると、彼らはその後スリランカで給油着陸する予定であり、その後も更に何処かへ向かっていっていた可能性があると伝えました。

The detention of the plane and cargo is among the first executions of new rules created by the United Nations Security Council in June to try to halt Pyongyang's ability to sell and transport arms. The rules were developed after North Korea tested a nuclear explosive in late May in defiance of previous U.N. sanctions.
この航空機と貨物の拘束は、国連安全保障理事会が6月にピョンヤンの武器取引を中断する為に設けた新い規則が初めて執行されたケースの1つです。規則は5月後半に北朝鮮が以前の国連による制裁を無視し核実験を行った後に設けられたものです。



© Reuters

タイの警備隊員が土曜日にバンコックDon Muang空港に緊急着陸した貨物機を包囲しました。警備隊は武器を押収し、搭乗員5人を逮捕しました。


Since then, international authorities have tracked at least two vessels, including a ship detained in the United Arab Emirates carrying North Korean arms and explosive powder that was headed to nearby Iran. But the size of the latest haul -- more than 30 tons -- could provide a broader range of information about the variety and quality of weapons North Korea is capable of producing.
その後、国際当局はイランの近くに向かっていた北朝鮮の武器と火薬を搭載した船を含む2隻を追跡し、アラブ首長国連邦で拘束しました。この30トン以上の押収された荷物で、北朝鮮がどのような種類や品質の武器を生産できるか明らかになるかも知れません。

Thai government spokesman Panithan Wattanayakorn said Thai authorities had been tracking the plane for several days in conjunction with investigative agencies from "several countries," though he didn't name them.
タイ政府広報のPanithan Wattanayakornは、国名を言いませんでしたが「何ヶ国」からなる調査団と協力し、この航空機を数日追っていたと伝えました。

In Washington, Obama administration officials confirmed Sunday that the U.S. worked closely with Thailand on the North Korea operation. Bangkok is among a growing number of U.S. allies that are assisting Washington in tightening the economic screws on Pyongyang, these officials said.
日曜日には、ワシントンでオバマ政府職員が、北朝鮮の件について、アメリカもタイと協力していたと伝えました。また政府職員は、バンコックは増えつつあるアメリカ同盟国の一員としてピョンヤンの経済制裁について協力している国であると伝えました。


©European Pressphoto Agency

ピョンヤンを出発しバンコックに金曜日の午後に着陸したグルジアで登録されていたイリューシン76型貨物機のキャプテンを当局は拘束しました。


U.S. officials said that senior State Department officials have been traveling throughout North and Southeast Asia in recent months to gain regional governments' assistance in blocking North Korean arms deliveries. These officials said North Korea has regularly sought to move arms through Myanmar and other Southeast Asian countries to Pyongyang's traditional buyers, such as Pakistan, Syria and Iran.
アメリカ政府の職員は、国務省の高官が北アジアや東南アジアを過去数ヶ月に訪問し、その地域の政府から北朝鮮の武器取引を停止する協力を得ようとしていたと言いました。これらの高官は、北朝鮮は常時、ミャンマーや他の東南アジア諸国を経由して、パキスタンやシリア、イラン等のピョンヤンの得意先へ武器を密輸しようとしていたと言います。

"We've spent a lot of time in the region, and we've made it clear that this is important to us," said a senior U.S. official. "A variety of countries have responded."
「私達はこれらの地域で多くの時間を費やしまし、これはとても重要な事であると伝えてきました。多くの国が応じてくれました。」と政府高官は言います。
〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜
Attempts to reach North Korean officials in Bangkok were unsuccessful. An employee of the Sri Lanka Embassy in Bangkok said she had no knowledge of the flight or reports that it might be headed to her country next.
バンコックの北朝鮮政府職員からは返事がありませんでした。スリランカ大使館の従業員は、このフライトやスリランカが次の目的地であるような報告書は全く知らないと言いました。

The Ilyushin 76 transport plane was registered in Georgia but flew to Bangkok from Pyongyang, Thai officials said. Its cargo -- later transferred to a Thai military base -- included rocket-propelled grenades, components for surface-to-air missiles, and explosives, according to the Associated Press, which cited Thai officials. There were no immediate indications it included materials or equipment related to the manufacture of nuclear weapons. Thai authorities said it could take several days to examine the plane's contents.
イリューシン76型貨物機はグルジア共和国で登録されていますが、ピョンヤンを出発しバンコックへ着陸したとタイ当局は言いました。AP通信は、タイ当局の言葉を用いて、後にタイ軍基地へ移送された貨物機には、ロッケット型手榴弾、地対空ミサイル部品や他の爆発物が積まれていたと伝えました。これが核兵器製造の部品や機械を含んでいたかについては、まだ判断できません。タイ当局は、貨物を調査するのに数日要するかも知れないと言いました。

The crew, including four citizens of Kazakhstan and one from Belarus, were charged with illegal possession of arms in Thailand. A police spokesman said the men had denied any knowledge of weapons on board. They were expected to appear before a Thai judge on Monday.
カザクスタン人4人とベラルーシ人1人を含む搭乗員は、タイ国内で武器不法所持の容疑で逮捕されました。警察の広報によると、彼らは武器を積んでいたと知らなかったと言っているそうです。彼らは月曜日に裁判官と対面することになります。

Local Thai media reported early Monday in Bangkok that crew members said they thought they were transporting oil-rig equipment. The pilot reportedly said the plane picked up its cargo in North Korea and was planning to offload it in Ukraine, the Nation newspaper said on its Web site.
バンコックの月曜日にタイの地元メディアが、搭乗員たちはオイルリング機械を輸送していると思っていたと伝えています。パイロットは報道で、貨物を北朝鮮で積み、ウクライナで荷物を降ろす予定だったとNational紙がウェブサイトで伝えています。


©European Pressphoto Agency
30トン以上あった積荷の一部

North Korea, one of the world's poorest countries, relies on arms shipments for a sizable portion of its foreign income. Some analysts estimate arms trading brings in several hundred million dollars annually.
世界の最貧国の1つである北朝鮮は外貨収入でかなりの割合を武器輸出に依存しています。分析専門家の何人かは、武器取引で年に数百億万ドルの収入があると見ています。

The country, run by an authoritarian regime, has been trying to build nuclear weapons since the 1970s. Other nations, led by the U.S., have tried since the early 1990s to persuade it to give up its pursuit of nuclear weapons by offering food and money.
独裁政権下にあるこの国は、1970年代より核兵器を製造しようとしています。アメリカを中心とし他の国家は、1990年代より食料や経済支援をする事で、この国へ核兵器開発を諦めるよう説得を試みています。

Even before the latest U.N. resolution, Washington had intensified U.S. efforts to cut off Pyongyang's arms exports under the Bush administration's Proliferation Security Initiative.
最新の国連の決議以前から、ワシントンではブッシュ政権時の大量破壊兵器拡散防止構想に基づいて、アメリカ政府としてより厳しくピョンヤンの武器輸出を止めるようにしてきました。

In 2007, for instance, the U.S. worked with Asian allies to block a Syrian cargo plane from landing in North Korea under the assumption the plane was seeking to pick up weapons cargo.
例として、2007年には、アメリカはアジアの同盟国と連携し、シリアの貨物機がピョンヤンで武器貨物を積む事を見越して、その着陸を阻止しました。

In July 2009, the U.S. worked with the United Arab Emirates to block a North Korean arms shipment from moving to Iran via the Emirati port of Dubai. The U.A.E. impounded the arms cache and is waiting for a U.N. team to visit the Persian Gulf country to watch the destruction of the consignment, said a senior Emirati official.
2009年7月には、アメリカ政府はアラブ首長国連邦と連携し、北朝鮮の武器輸送船がドバイ港経由でイランへ行くのを停めました。アラブ首長国連邦が預かっている押収した密輸武器については、国連がペルシャ湾のこの国を訪れてをそれを破壊するのを待っています。と政府高官は言います。

Washington's special representative to North Korea, Stephen Bosworth, held "constructive" talks with North Korean officials in Pyongyang last week. But U.S. officials said the visit wouldn't slow Washington's efforts to maintain economic pressure on Pyongyang.
北朝鮮のワシントン代表Stephen Bosworth氏は、先週、ピョンヤンにおいて北朝鮮政府との「建設的」な会議を取り持ちました。アメリカ政府役員によると、この訪問を受けた事で、ワシントンがピョンヤンに対する経済圧力を緩める事はないと言います。

"We think the North Koreans understand the message we presented," State Department spokesman P.J. Crowley said Sunday. "But will they respond? We don't know yet."
日曜日には、「これで北朝鮮は、私達が示したメッセージを理解していると思います。しかし彼らは応じるか?となると分りません」と国務省広報のP.J. Crowley氏は言いました。

引用元記事の記者への意見は:
Patrick Barta at patrick.barta@wsj.com,
Evan Ramstad at evan.ramstad@wsj.com
Jay Solomon at jay.solomon@wsj.com
海外事件記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi