Joran Van Der Sloot:パラダイスから留置所へ

Joran Van Der Sloot: From Paradise to Prison
Broke and Depressed, the Recently Confessed Murderer Came From a Life Privilege
By RUSSELL GOLDMAN
June 9, 2010
http://abcnews.go.com/International/Media/joran-van-der-sloot-paradise-prison/story?id=10860167
逮捕時の詳細:
Natalee Holloway(ナタリー ホロウェイ)事件:容疑者Joran Van Der Slootがチリで逮捕
Joran Van Der Sloot:パラダイスから刑務所へ
一生涯の特権から最近になり自白した殺人者は無一文で窮乏
In the time it took Joran van der Sloot to buy a cup of coffee, Stephany Flores Ramirez learned something that cost her her life.
Joran van der Slootがコーヒー一杯を買う時間で、Stephany Flores Ramiresは命を引換にある事を知りました。

According to Peruvian authorities, van der Sloot confessed to killing Flores, a 22-year-old Peruvian woman he had met only hours earlier when playing poker, because she found something on his laptop computer -- something she was never meant to see.
Peru(ペルー)当局によると、van der Slootは、ほんの数時間前、ポーカーを楽しんでいるに時に知り合ったペルー人女性Flores(22)が、見てはならない物を彼のノートパソコンで見つけた事を理由に殺害したことを認めました。

"I did not want to do it," van der Sloot confessed to police, but "the girl intruded into my private life."
van der Slootは警察に「そうしたくなかった」、しかし「彼女が私のプライベートライフに立ち入った」と自白しました。

Van der Sloot's private life, however, has been fodder for international headlines around the world his entire adult life. Although the subject of numerous police investigations and undercover press probes, what is still not known about van der Sloot is what makes him tick and if there are other women who have met the same grisly fate as Flores.
しかしながら、Van der Slootのプライベートライフは、大人になってから世界中で国際ヘッドラインになっていました。多くの警察やメディアの潜入取材の対象となっていましたが、何が彼をキレさせるのか、またFloresと同じ陰惨な運命に遭遇した女性が他に存在するかについては、今のところ知られていません。

"He is a narcissist and he has no impulse control," Harold Copus, a former FBI special agent hired by Holloway's family to investigate van der Sloot, told ABCNews.com. "He might not set out to murder. I don't believe he's a serial killer. He's just extremely arrogant and believes he can get away with anything."
Hollowayの家族にvan der Slootの捜査を依頼された元FBI特別捜査官Harold Copusは、ABCNews.comに「彼はナルシストで衝動行為をコントロールできないのです。」と伝えました。「彼は殺人目的ではないのです。私は彼が連続殺人犯だとは思いません。彼は単に極端に傲慢で、何からも逃れると思っているのです。」

The profligate son of an Aruban judge, van der Sloot, at 18, became the subject of international intrigue for his alleged role in the disappearance of Natalee Holloway, a 17-year-old American high school girl who vanished from an Aruban beach on May 30, 2005, exactly five years before Flores was killed.
18歳のvan der Slootは、Arubaの裁判官の道楽息子で、Florezが殺された丁度5年前の2005年5月30日にアメリカの17歳の高校生Natalee Hollowayが失踪した際の彼の動向について、国際的に注目対象となりました。

The snippet of van der Sloot's confession, made three days after authorities arrested him in Chile, shed some light on a young man whose 22-year-old life has been defined by scandal and arrests.
当局が彼を逮捕した3日後、van der Slootの断片的な自白は、22歳で命を失った若い女性の謎についてスキャンダルと逮捕がそれを解く鍵になりそうです。

Prior to his arrival in Peru, van der Sloot had been trying to sell information about Holloway, first to journalists and, according to a U.S. federal indictment, to an individual in Alabama who sources say is Holloway's mother, Beth Twitty.
ペルーに到着する前、アメリカ連邦(裁判)起訴状によるとvan der Slootは、ジャーナリストとAlabama(アラバマ州)の個人(情報筋によるとHollowayの母親)Beth Twittyを始めとし、Hollwayに関する情報を売ろうとしていました、

In the five years since Holloway disappeared, the unemployed van der Sloot spent much of the time gambling, partying and soliciting women.
Holloway失踪後から5年間、無職のvan der Slootは、殆どの時間をギャンブル、パーティーや女性を誘う事に費やしていました。

He also has been suspected of murdering two women, arrested three times, indicted on extortion charges, and accused of trafficking women in Thailand for sex.
彼はまた、女性2人の殺害容疑者であり、3回の逮捕歴があり、恐喝で起訴され、タイ(タイ王国)で性目的女性売買を行ったとして告発されています。

Just after news broke that van der Sloot was wanted for the Flores murder, Dutch journalist Jaap Amesz interviewed a friend of van der Sloot's who described him as broke, "completely desperate and pretty depressed."
van der SlootがFlores殺害容疑で指名手配とニュースになった直後、オランダ(オランダ)人ジャーナリストJaap Ameszが、van der Slootの友達へインタビューを行ったところ、その友達は彼(van der Sloot)を無一文で「完全に絶望しており、とても落ち込んでいる。」と説明しました。

"I was in touch with Joran until right before May 30," the friend told Amesz. "He was in Peru. That was known. In Aruba, he couldn't deal with it anymore. His relationship with his mother was getting worse. He had gambled money away again. This is what preceded his flight to Peru. Right before the weekend, it was clear that Joran was in financial trouble, and he was pretty confused. Driven by hunger, the fear of not being able to pay for his hotel. He desperately needed money. I have never seen Joran so frustrated as in this period."
「Joran(van der Sloot)とは、5月30日直前までは連絡を取っていました。」と友人はAmeszへ言いました。「彼はペルーにいました。これは知られている事です。Aruba(アルバ)では、それ以上我慢できなかったのです。母親との関係が悪化していたのです。ギャンブルでお金を浪費したのです。これは彼がペルーへ飛ぶ前の事です。週末の直前に、Joranが金銭的なトラブルにあったのは明らかでした、またとても混乱していたのです。空腹にかられ、ホテル代が支払えない不安もあったのです。彼はとてもお金を必要としていました。この間で、彼がコレほどイライラしていたのは見たことがありません。」

[PR]

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
"He asked me on several occasions to send money, and was [by his own account], completely desperate and pretty depressed. He asked for small amounts [to eat], and became pretty angry when I refused to send anything. He said literally that he was capable of strange things because no one wanted to help him," the friend told Amesz.
「彼は私に数回、送金を頼んできました、(彼にとっては)完全に絶望しており、とても落ち込んでいる状態でした。少額(食費)を頼み、また何も送らないと拒否するととても怒っていました。彼は、文字どおりに、誰も彼を支援したくないのなら、奇妙な事もできると言いました。」友人はAmeszに言いました。

That is a far cry from 2005, when van der Sloot was described by the Associated Press as "an honors student at the Aruba International School" who enjoyed a privileged life in the labyrinthine streets of an island paradise.
これは、AP通信が道が入り組んだパラダイスの島(アルバ)で特権生活をエンジョイしている「Aruba International Schoolの優等生」とvan der Slootを説明した5年前とはかけ離れたものです。

From the age of 16, he regularly visited the island's casinos, gambling on a $5,000 line of credit in his father's name. On the night Holloway disappeared, he had been gambling with his father, Paulus, who was known to spend more time on the tennis court than in his courtroom.
16歳から、彼は定期的に島のカジノを訪れ、父親の名前で5000ドルのクレジットラインでギャンブルをしていました。Hollowayが失踪した夜、彼は、法廷よりもテニスコートで過ごす時間が多い事で知られていた彼の父親Paulusとギャンブルをしていました。

Van der Sloot could act with impunity in Aruba because he knew the judge, said Copus.
Arubaでは、Van der Slootは、罰せられることなく行動できたのです、裁判官を知っていたからです、とCopusは言いました。

"His father was a judge and his best friend was the police chief. In southern vernacular, Joran was the beneficiary of 'home cooking.' When you know the judge and the police department there's not a lot left to be against you," Copus said.
「彼の父は裁判官で、彼のベストフレンドは警察署長だったのです。」南部の言葉で言うと、Joranは、「家庭料理」の恩恵を受けていたのです。裁判官と警察署を知っていれば、あなたに反するものは、殆ど残っていないでしょう。」とCopusは言いました。

Although arrested twice in Holloway's disappearance, he was never tried for it.
Holloway失踪で2度、逮捕されましたが、彼はその件で告訴された事はありません。

Van der Sloot, even at a young age, earned a reputation for "preying on girls, allegedly slipping them a date rape drug and taking advantage of them," Copus said.
Van der Slootは若くして、「女性を捕まえ、デートレイプ薬を飲ませ、利用している。」という風評が既にあったとCopusは言いました。

In the years since Holloway's disappearance, van der Sloot has maintained a lifestyle similar to those of his teenage years in Aruba, playing poker and picking up women.
Hollowayの失踪後の数年間、van der Slootは、Arubaでのティーンエージャーの頃のようなライフスタイルを維持していました、ポーカーをし、女性をピックアップしていたのです。

He left Aruba in 2006, returning to Arnhem, the Netherlands, where he briefly studied engineering.
彼は2006年にArubaを去り、the Netherlands(オランダ) Arnhem(アーネム)に戻り、そこで工学を短期間学びました。

Holloway's parents tried suing van der Sloot and his parents in 2006, seeking civil damages in a U.S. court. In their complaint, they described the Dutch teen as leading a "violent and anti-social lifestyle."
Hollowayの両親はvan der Slootと彼の両親に対し、アメリカ法廷で民事損害を求め告訴しようとしました。訴状で、オランダ人ティーンエージャーを「暴力的で非社会的なライフスタイル」を誘導したと説明しています。

Van der Sloot was back in the news in 2008 for allegedly preying on women when he was captured in a sting by Dutch crime journalist Piet de Vries.
2008年にオランダ人犯罪ジャーナリストPiet de Vriesがおとり(取材)で、Van der Slootが女性を獲物にしようとしているとする場面が撮影され、Van der Slootは再びニュースとなりました。

Using hidden cameras, de Vries recorded van der Sloot trying to convince Thai women to go to Europe to work as sex workers. That same year, de Vries interviewed van der Sloot on a Dutch talk show, which ended when van der Sloot threw a glass of wine in reporter's face.
隠しカメラを使い、de Vriesはvan der Slootがタイの女性をセックスワーカーとしてヨーロッパへ行くよう説得しているのを撮影しました。同年に、de Vreisはオランダのトークショーでvan der Slootにインタビューしました、これはvan der Slootがレポーターの顔に向けてワインが入ったグラスを投げて終了しました。

Van der Sloot's father, Paulus, one of Aruba's four judges, died in February 2010, leading Joran van der Sloot to return to Aruba. But according to the friend, it also led to a breakdown and plans to enter therapy.
Arubaの4人の裁判官の1人で、Van der Slootの父親のPaulusは、2010年2月に他界しました、これによりJoran van der SlootはArubaへ戻る事になったのです。しかし、友人によれば、これがまた、心身の衰弱につながり、セラピーを受ける予定にもなったのです。

"In the weeks before the murder, things went totally awry with Joran. After the death of his father Joran went to live in Aruba again. Joran had new plans for the future. He was going into therapy ... to give his life shape again," the friend told Amesz.
「殺人の数週間前、Joranにとって全てが上手くいっていませんでした。父親が他界してから、Joranは再びArubaに居住するようになりました。Joranは将来への新しいプランがあったのです。彼はセラピーを受け、生活を取り戻そうとしていたのです。」友人はAmeszへ言いました。

"A week after he was going to be admitted, this happens," the friend said.
その友人は、「彼が受け入れられる事になった1週間後、このようになりました。」と言いました。


アルバ オランダ チリ アルゼンチン ペルー
海外事件記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi