危機にあったアメリカ人ティーンエージャー セイラーが救助される

Stricken teenage U.S. sailor rescued
SYDNEY
Sun Jun 13, 2010 2:46am EDT
http://www.reuters.com/article/domesticNews/idUSTRE6595L120100613
Abby Sunderland:損傷したヨットで無事に生存していたの続報です。
危機にあったアメリカ人ティーンエージャー セイラーが救助される
(Reuters) - Teenage U.S. sailor Abby Sunderland was rescued safely from her stricken yacht Wild Eyes in the remote southern Indian Ocean on Saturday.
ロイター:アメリカ人ティーンエージャー セイラーAbby Sunderlandは、土曜日にIndean Ocean(インド洋)南部の僻地にある損傷した彼女のヨットWild Eyesから救助されました。


©REUTERS/Lisa Gizara/Handout
A boat launched from the French fishing vessel Ile de la Reunion reached Sunderland at about 7:45 p.m. eastern Australian time (5:45 a.m. EDT/0945 GMT), the Australian Maritime Safety Authority said. Australian authorities provided air support, it said.
フランスの漁船Ile de la Reunionから降ろされたボートは、Sunderlandの元にオーストラリア東部時間7:45PM頃(5:45EDT(東部夏時間)/0945GMT(グリニッジ標準時))に到着しました。オーストラリア当局は空上支援を提供したと伝えられています。

Sunderland, 16, said she was "safe and sound" in comments on her official blog on Saturday, which she wrote aboard the fishing vessel.
Sunderland(16)は、土曜日に「ケガもなく無事」と彼女の公式Blogでコメントしました、これは彼女が漁船で書いたものです。

"I can't write much now as I am typing on a French key pad as well as trying to stay seated in a bouncy fishing boat," Sunderland wrote.
Sunderlandは、「フランス語キーパッドでタイプすると同時に揺れる漁船ボートで椅子に座ろうとしているので、今あまり書く事はできません。」と書きました。

"The long and the short of it is, well, one long wave, and one short mast (short meaning two inch stub)," she wrote, promising to provide more details later.
「長いもの、短いものというのは、そうですね、長い波と短いマスト(shortは2インチの残り)です。」と書き、詳細を後で書くとしました。

"Crazy is the word that really describes everything that has happened best," she said.
彼女は、「何が起こったか全てを説明するのには、クレイジーという言葉が最適です。」と彼女は言いました。

Sunderland left the United States in January on a widely criticized attempt to circumnavigate the world. Her yacht ran into trouble Thursday as it was pounded by huge waves midway between Africa and Australia.
広く批判された世界周回の挑戦でSunderlandは、アメリカを1月に出港しました。彼女のヨットは木曜日にアフリカとオーストラリアの中間で大きな波により強打されトラブルに見舞われました。

Her dismasted yacht was spotted Friday. Australian rescue officials sent an aircraft to the treacherous southern Indian Ocean Saturday to regain radio contact with her.
マストを失った彼女のヨットは金曜日に発見されました。オーストラリア救助当局は、彼女と無線連絡を再開する為に、土曜日に穏やかでないインド洋南部へ飛行機を飛ばしました。

Two other ships also responded to her distress call.
その他に2つの船舶が彼女の遭難信号に応対しました。

It is likely she will be transferred to one of those ships, one of which is heading for the island of Reunion, a French possession in the Indian Ocean, and the other for Australia.
これらの船の1つへ移る事になるでしょう、船の1つは、インド洋にあるフランス領Reunion(レユニオン)へ向かっており、他の船はオーストラリアへ向かっています。

"She's doing extremely well ... I think she's relieved to be aboard the rescue vessel," her father, Laurence Sunderland, told NBC's "Today Show" after a brief phone conversation with his daughter.
彼女の父親Laurence Sunderlandは、娘との手短に電話した後、NBCの"Today Show(トゥデイ )"へ「彼女は極めて健康です、私が思うに、彼女は救助船に乗る事で安堵しているのでしょう。」と伝えました。

"I asked her if she had been injured. She had been knocked about a bit but I don't think there was anything serious," her mother, Marianne Sunderland, told NBC in an interview from their home in California.
彼女の母親Marianne Sunderlandは、カリフォルニア州の自宅からNBCのインタビューに「彼女がケガをしているかを聞きました。彼女は軽く飛ばされましたが、何も深刻なものではないと思います。」と伝えました。

Wild Eyes was approximately 2,000 nautical milesfrom Australia's west coast when she was rescued, the Australian statement said.
オーストラリアの発表で、彼女が救助された時、Wild Eyesは、オーストラリアの西岸から約2,000海里(約3,704km)にあったと伝えられました。

Her predicament reignited a debate about the wisdom of teenage sailors attempting to sail solo around the world, weeks after Australian teenager Jessica Watson accomplished a similar feat.
彼女の苦境は、オーストラリアのティーンエージャー Jessica Watsonが類似した功績を達成した数週間後に、ティーンエージャー セイラーが単独で世界一周に挑戦する事に対する見識の議論を再発させました。

Sunderland defended her age and the decision to sail this time of year through the Southern Ocean on her blog post on Saturday.
Sunderlandは、彼女の年齢と一年でこの時期に航海する事への判断について、土曜日のブログポスティングを通じて主張しました。

"It wasn't the time of year it was just a Southern Ocean storm. Storms are part of the deal when you set out to sail around the world," she wrote.
「これは一年のこの時期(が原因)ではなく、単にSouthern Ocean(南極海)の嵐(が原因)です。世界周回航海に出発する際に、嵐はその一部です。」と彼女は書きました。

"As for age, since when does age create gigantic waves and storms?"
「年齢に関しては、いつから年齢が巨大な波や嵐の原因になったのですか?」

The search for Sunderland involved Australian, U.S. and French rescue authorities sending ships and a commercial airliner.
Sunderlandの捜索は、オーストラリア、アメリカ、フランスの救助当局が船を出し、商用航空機1機を出す事に携わりました。
(Additional reporting by Alexei Oreskovic in San Francisco, Editing by Paul Tait and Eric Beech)

[PR]

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

©REUTERS/FISA SES/Grant Pipe/Handout
2010年6月12日:
インド洋でアメリカ人ティーンエージャー セイラーAbby Sunderlandのマストを失ったヨットWild Eyesにアプローチするフランス漁船Ile de la Reunion。

©REUTERS/FISA SES/Will Blackshaw/Handout
2010年6月11日:
インド洋オーストラリアの救助領域で捜索救助機から撮影されたアメリカ人ティーンエージャー セイラーAbby Sunderlandのマストを失ったヨットWild Eyes。オーストラリア当局と彼女の両親は、大規模な捜索の後、単独世界一周航海の記録に挑戦したカリフォルニア州出身の16歳の少女は無事で、救助活動はインド洋で彼女が救難信号を発信した時に開始されたと伝えました。

©REUTERS/Lisa Gizara/Handout
2010年6月10日に提供された写真
Abby Sunderlandがヨットに乗り、カリフォルニア州から出港する時の様子。

©REUTERS/Australian Maritime Safety Authority/Handout
2010年6月11日:
Abby Sunderland(16)の捜索エリアマップ。彼女が救難信号を発信した後、インド洋で大規模な捜索と救助活動が始まり、その後、単独世界一周航海の記録に挑戦したカリフォルニア州出身の16歳の少女はケガもなく無事と彼女の両親は伝えました。ティーンエイジ冒険家Abby Sunderlandが最後に連絡したのは、木曜日6AM(PT-太平洋標準時)(1300GMT-グリニッジ標準時)で彼女のヨットWild Eyesがインド洋南部の僻地で巨大な波に強打され、彼女が衛星電話を切った時です。

©REUTERS/Australian Maritime Safety Authority/Handout
2010年6月11日:
Abby Sunderland(16)捜索の支援をするフランス漁船Ile de la Reunion

©REUTERS/FISA SES/Will Blackshaw/Handout
2010年6月10日:
インド洋でオーストラリアの救助領域で捜索救助機から撮影されたアメリカ人ティーンエージャー セイラーAbby Sunderlandのマストを失ったヨットWild Eyes。
海外事件記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi