ニューヨークの女性:身元誤認で何度も繰り返し質問される

NY woman questioned again and again over ID mix-up
By MICHAEL HILL, Associated Press Writer – Sat Jul 10, 3:49 pm ET
http://news.yahoo.com/s/ap/20100710/ap_on_re_us/us_border_wrong_person

SARANAC LAKE, N.Y. – Sylvie Nelson's border crossings are anything but routine. Customs agents sometimes order her out of her car. Twice, they handcuffed her in front of her young children. Once, agents swarmed her car and handcuffed her husband, too.
ニューヨーク州Saranac Lake:Sylvie Nelsonが国境を超えるのは、特別な事ではなく習慣でしかありません。税関当局は、しばしば彼女に車から降りるように命じます。彼女の幼い子供の前で2度彼女は手錠を掛けられました。また、当局員が車に群がり彼女の夫を逮捕した事が1度あります。

©AP Photo/Mike Groll
2010年6月18日:ニューヨーク州Saranac Lakeのヨガスタジオのテープカット式に出席したSaranac Lake地区商工会議所理事のSylvie Nelson(写真中央)
She tells them: It's not me you want, it's a man with the same birth date and a similar name. Agents always confirm that and let her go.
彼女は:あなた達が探しているのは私ではありません、探しているのは似た名前を持つ同じ生年月日の男性です。と言います。(税関)当局はいつもそれを確認し、彼女をフリーにします。

Then it happens again. And again.
これが何度も発生します。そしてまた発生するのです。

"I can understand one missed identification," Nelson said. "But over and over and over again?"
「一度の身元確認の手違いは理解できます。しかし何度も、その後もまたですか?」とNelsonは言いました。

Nelson, a 44-year-old white woman, keeps getting snared at the Canadian border because she apparently shares some key identifying information with a black man, possibly from Georgia, who is in trouble with the law. While such cases of mistaken identity at border points and airports are not unique, Nelson's case is unusual in that only some of her crossings set off an alarm and because federal officials have not fixed the problem after almost two years.
44歳の白人女性のNelsonは、法に抵触しているGeorgia(ジョージア州)出身の黒人男性と身元確認情報が幾つか共通している事もあり、カナダの国境でいつも止められます。このような身元誤認は国境地点や空港では珍しいことでは有りませんが、Nelsonのケースは、国境を超えた内の数回のみが警報を発し、また連邦当局が約2年間も問題を修正していない事が特殊です。

U.S. Customs and Border Protection officials told The Associated Press they cannot discuss Nelson's case, and they have shared few details with her. Still, it's clear from their correspondence with Nelson and her congressman that they acknowledge the problem, saying they have taken "positive steps" to address it.
アメリカ税関国境警備当局はAP通信へ、Nelsonのケースについては話すことができないと伝え、彼女には詳細を殆ど伝えていないと言いました。しかし、彼らのNelsonと彼女の国会議員とのやり取りから、彼らが問題を認識している事は明らかです、彼ら(アメリカ税関国境警備当局)は、その問題に対処する為に「積極的な進展」を行ったと伝えているのです。

The nation's 4,000-mile boundary with Canada is tested regularly by people trying to smuggle cigarettes, drugs and illegal immigrants. In New York, the drive-through crossings also are kept busy by steady streams of shoppers, tourists and people with personal ties to both countries, like Nelson.
国のカナダとの国境4,000マイル(約6,437km)は、タバコ、薬品や不法移民からしばしばテストされています。ニューヨーク州では、買い物客、観光客やNelsonのように個人的に2つの国に関係ある人でドライブスルーの国境は絶え間なく混んでいます。

Nelson was born in Canada, married an American and lives with him, her 6-year-old daughter and 2-year-old son in Saranac Lake, where she runs the chamber of commerce. She became a U.S. citizen in 2008.
Nelsonはカナダで生まれ、アメリカ人と結婚し、彼、6歳の娘、2歳の息子と一緒に彼女が運営する商工会議所があるSaranac Lakeで住んでいます。彼女は2008年にアメリカ市民になりました。

Nelson crosses the border several times a month to visit relatives, friends and her family's second home, using her Canadian passport to leave the country and her U.S. passport to get back in.
Nelsonは、親戚、友人や家族のセカンドハウスを訪問する為、国を出る時にはカナダのパスポート、帰国する時はアメリカのパスポートを使い、月に数回国境を超えます。

Her U.S. passport first triggered an alarm in August 2008. Agents told her the mix-up would be corrected, and she crossed without incident many times after that.
2008年に初めて彼女のアメリカパスポートが警告を発しました。当局は身元誤認は修正されると彼女へ伝え、その後何度も問題なく彼女は国境を通過しました。

[PR]
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

©AP Photo/Mike Groll
2010年6月18日:ニューヨーク州Saranac Lakeのヨガスタジオのテープカット式に出席したSaranac Lake地区商工会議所理事のSylvie Nelson(写真中央)
In December, she was ordered from her car and handcuffed as she came back from a Montreal shopping trip with her children. Nelson was mortified and melted into tears but was soon told she was free to go.
12月に、Montrealから子供とショッピング旅行で戻る途中で、彼女は車から降りるよう命令され、手錠を掛けられました。Nelsonは、侮辱され泣き崩れましたが、その後直ぐに行って良いと言われました。

It happened again in February at a different New York crossing. Agents surrounded her car and her husband also was handcuffed. Again, she was let go.
2月に再び違う国境地点でそれが発生しました。当局員は、彼女の車を囲い、彼女の夫も手錠を掛けられました。再度、彼女はフリーになりました。

"They never apologize," Nelson said. "They basically tell you that they're doing their job for the better good of the world."
「彼らは絶対に謝罪しません。基本的に、世の中がよくなる為に仕事をしているだけと言います。」とNelsonは言いました。

Nelson has struggled to get information from Homeland Security officials. They will not tell her who she is being confused with or why the problem persists. She doesn't know why her passport triggers alarms some days but not others.
Nelsonは、国土安全保障省から情報を得る事に苦労しています。当局(国土安全保障省)は、彼女が誰と誤認されているのか、また問題が何故持続しているのかを彼女に言いません。彼女は何故彼女のパスポートが、ある時は警告を発し、他の時はそうならないのかも分かりません。

Much of what she knows comes from bits of information gleaned at her border stops or from U.S. Rep. Bill Owens, who has been trying to help her.
彼女の知る殆どの情報は、国境で止められた際や彼女を支援しようとしている下院議員Bill Owensから集められた情報です。

There is no indication Nelson is on the terror "watch list" that makes headlines when babies or politicians are mistakenly entered into the database. She believes another agency's computerized index of criminal justice information may be at fault.
Nelsonがテロ「ウォッチリスト」に載っている事を示すものは何も無く、子供や警察官が間違ってデータベースに登録された場合は、ニュースになります。彼女は他の当局のコンピュータ化された刑事司法情報インデックスが原因と考えています。

Nelson says the man appears to be wanted in DeKalb County, Georgia, though neither the county sheriff's office nor the Georgia Bureau of Investigation came up with a match for a man with Nelson's birth date and last name.
Nelsonは、男性はGerogia州DeKalb郡で指名手配されている様子と伝えています、しかしながら郡保安局もGerogia捜査当局もNelsonの誕生日や姓と一致する男性を探すに至っていません。

Owens said he was told the problem endures because of a "technology issue."
Owensは、「技術的な問題」で問題が継続していると言われたと言いました。

Customs spokeswoman Joanne Ferreira said the agency cannot discuss individual cases for legal and enforcement reasons. Ferreira wrote in an e-mail to the AP that "CBP strives to treat all travelers with respect and in a professional manner, while maintaining the focus of our mission to protect all citizens and visitors."
税関当局広報Joanne Ferreiraは、法的そして執行的理由から個人のケースに付いては話す事はできないと伝えました。Ferreiraは、「CBP(税関国境警備局)は、全ての旅行者を尊重し専門担当として接するように努力していると同時に、本来の使命である全ての市民と旅行者を保護に注意しています。」とAP宛の電子メールに書いています。

A customs official told Owens in a May 19 letter that there were "positive steps" in Nelson's case. She triggered an alarm since then, though her last two crossings were uneventful. Nelson now warns agents at the border about her problem before they scan her passport. She is no longer handcuffed.
税関当局はOwens議員へNelsonのケースにおいて「積極的な進展」があったと5月19日へ書面で伝えました。彼女はそれからも警告を誘発していますが、最近2回の国境超えではそうはなりませんでした。今ではNelsonは、税関国境警備局が彼女をスキャンする前に、問題について警告しています。彼女は今は手錠を掛けられる事はありません。

"I think it's been reduced from embarrassing and nerve wracking to just frustrating," Owens said.
「侮辱と精神的ダメージから、イライラするという点まで落ち着いていると思います。」とOwensは言います。

The head of New York's Champlain crossing gave Nelson his cell phone number so she can call before crossings so he can help. She refuses to call ahead, reasoning that the government should be responsible for fixing its own problem.
ニューヨーク州Champlain国境の当局長は、Nelsonが国境を超える前に彼が支援できるように携帯電話の番号をNelsonに伝えました。彼女は事前に連絡することを拒んでいます、政府が政府自身の問題を修正すべきというのがその理由です。

"Right now, I'm frustrated," she said, "but the terrifying could be right around the corner. Who knows?"
「今はイライラしていますが、ゾッとする事が直ぐ近くに隠れているかも知れません。誰も知りませんよね?」と彼女は言いました。

海外事件記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi