通訳翻訳パートナー交流会

Blog記事の日付が前後しますが、7月3日(土)に行われた財団法人三重県国際交流財団の通訳翻訳パートナーの交流会のお話です。

本年度から通訳翻訳ボランティアの名称が通訳翻訳パートナーとなったそうです。名称が変わっても国際交流や多文化共生は可能な限りで支援したいと思っているので、今年も登録しました。それで、そのパートナーの交流会で制度の説明を聞いたり、通訳翻訳の考え方みたいなものを話しあう場です。

このBlogはあくまでもパートナー登録している1個人の意見ですので、財団の制度等については、財団法人三重県国際交流財団のホームページで確認して頂くとして、簡単に説明すると、公共性の高い通訳や翻訳が必要としている団体や企業が財団に依頼し、財団がその言語のボランティア(本年度からパートナー)を紹介するという制度です。普段の通訳や翻訳と違い、地域に何らかの貢献ができると思い、登録しています。また、登録する事で、行政や地域に住む外国人がどのような事を必要としているのかを知る事ができ、その為のセミナーや研修にも参加できるからです。 セミナーや、活動を通じで知り合った他の通訳翻訳のパートナーの人と会う事ができる年に数回有るか無いかの機会でもあるので、自分の勉強も兼ねて参加してきました。

色々な国から財団へ指導員と呼ばれる人が居るのですが、その人が書いたワークシートみたいなものが面白かったので一部を紹介します。英語圏の人から見た、日本語と英語の間の注意点です。

コンマが正しい方向へ向いているように:
英語: ,
日本語: 
あまり見かけませんが、このように注意点の一部として紹介されていると言うことは、意外と見かけるのかも知れませんね。

カギ括弧:
いわゆる「」ですね。発言を引用する場合に多く用いられていると思いますが、英語では基本的に" "になります。ところが、日本語の場合、発言の引用以外でも使用される場合が多いのです。標語等で良く見かけます。大事な言葉を「」に入れるパターンです。発言の引用以外でも利用することはありますが、英語では大事だからという事で" "の間に入れることはありませんし、そもそも英語で「」は存在しません。このような場合、大文字で記載する事が多いです。

英語フォントを使う:
これは・・・意外と見かけます。日本語は全角、アルファベットは半角で表記されるのが普通なのですが、ややこしいのは、日本語フォント(全角)でもアルファベットがあるのです。
Hankaku(半角)
Hankaku(全角)
あまり見かけませんが、以前にどこかの行政機関のホームページで全角の英語ページを見たことがあります・・・

等を避ける:
意味が曖昧になります。
これは、良く見かけます。複数の対象を併記する場合の最後にある〜等と、何かのように〜という意味の○○等のようにという場合と意味が異なります。英語も本来の意味に合うように変えないといけないのです。

年度:
これも良くみかけます。
平成22年と平成22年度で意味が異なるのと同じです。英語もそれに合わせないといけません。
平成22年:平成22年1月1日〜平成22年12月31日
平成22年度:平成22年4月1日〜平成23年3月31日

主語:
通訳翻訳の世界ではあまり見かけませんが、注意点の一部としてワークシートに書かれていたということは、よくあるのかも知れませんね。
日本語は主語がない場合もあるので、何が主語なのかを把握したうえで、英語のそれに該当する主語で記載することになります。

文章を短く分かりやすく:
これは・・・良く見かけると言っても過言ではありませんね。複雑や難解な語句である程良いと思われている場合が多いようですが、決してそうではありません。複雑や難解な語句が求められている場合には、それでいいかも知れませんが、通訳翻訳をしていて、相手に理解されなくては本末転倒です。

カタカナ英語:
意外と普段使っているカタカナ英語が本来の英語とかけ離れている場合が多いのですが、その事でしょうね。
ナイター、タレント、エコ等が典型かなと思います。

その他:
記載されていた実際にあった例:
○○窓口→ ○○ windowではありません。(受付の意味で実際の窓ではありませんよね。)
教えてください → teach meではありません。(何かを伝えて下さいの意味ですね。)

通訳翻訳の仕事をしているとあまり気にすることではないかも知れませんが、改めて海外から来ている指導員の気づいた点を聞くと色々と勉強になりますね。

[PR]

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
その後、グループワークになりましたが、言語別に別れてディスカッションをします。中国語グループが一番人数が多かったように思います。大きなグループは、中国語、英語、ポルトガル語、スペイン語だったように思います。他の通訳者、翻訳者との交流というのもこういう機会にしか中々無いので、このディスカッションもその前の通訳翻訳の基本セミナーみたいなものも個人的には楽しかったです。

その後、三重県漁業協同組合連合会(三重漁連)さんに用意して頂いた、輸出を予定している養殖タイのお刺し身試食会や、飲み物、スナックで更に交流を深める親睦会がありました。自分は刺し身は少し苦手なのですが、参加していた外国の人に聞いてみると、皆さん意外と刺し身好きなのには驚きました。刺し身と言うことで多少躊躇していたのですが、皆美味しそうに食べているので、自分も食べてみました。思ったより全然美味しい!しかも魚の生臭さが全く無い!思わず2回も小皿に取ってしまいました。立派なタイが2匹あったのですが、2回目に取りに行った時には、既に殆ど無い位に人気があったみたいです。
タイを使った料理のレシピも資料として頂きました。今度、挑戦してみたいと思います。何しろ、魚を熟知している漁連さんのレシピですので、期待が持てます。参考までに・・・

三重県漁業協同組合連合会(三重漁連)おさかな料理・魚種別レシピ
鯛のアラ煮
燻製サラダ
金目鯛の煮付け
鯛のマヨネーズソース焼き
鯛しんじょ生姜あん
はまちと鯛の盛り合わせ
鯛の刺身中華風サラダ
鯛の潮汁(鯛のあらを利用)
造り二種盛り


漁連の方に生臭さが全然無くて、刺し身は苦手な自分でも食べれました!と伝えると、餌等で工夫しているそうです。小魚等を餌にして与えると、生臭さがタイの脂に残るそうです。それを改善して現在の餌になったとのことでした。今では高級食材も経済成長が著しい国へ輸出される時代です。このタイは何と中国への輸出を計画しているとのことでした。知り合いの中国から来た社長さんとその後、お話をしました。漁連の方と輸出についてお話をしていたそうです。自分も化粧品や加工食品の輸入〜車の輸出までの業務には携わった事がありますが、魚の輸出は・・・色々とクリアしないといけない事が多そうです。その社長のノウハウがいつの日か、三重漁連のお役に立つことでしょう。これも国際交流から派生する地域活性化の1つになれば良いのではないでしょうか。

最後に財団の不要な海外情報の本(地球の歩き方シリーズ )を自由にお持ち帰り下さいとの事だったので、自分は興味のある国のシリーズを貰いました。これ意外と情報が豊富で行く行かないは別にして、面白いです。
その後、財団に寄付をして戻りました。財団への寄付は、その金額で何ができるのかと思われる金額ですが、これで国際交流の一部に役に立つば・・・と思います。

財団法人三重県国際交流財団三重県漁業協同組合連合会(三重漁連)と参加者皆さんに感謝!
他のボランティア記事

コメント








   


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi