第1回国際ジュニアソフトテニス大会(2)

前回に引き続き、第1回国際ジュニアソフトテニス大会の記事です。

その前にお断りと言いますか、免責事項になりますが、意図しない解釈等を事前に防止するために、以下の事項について、ご理解ください。

前置きが長くなりましたが、それらを理解したうえで以下当Blogを見て頂ければと思います。記事としては(2)となっていますが、大会の3日目に書いた記事となります。

1日目は試合がなく、開会式や運営に関する事(大会概要、審判研修等)であったのですが、私としては、普段はあまり一緒に活動する事がない他の通訳ボランティアの人達と知り合う良い機会でした。第1回国際ジュニアソフトテニス大会に複数の通訳ボランティアが参加しているのですが、相互にある程度理解する事で通訳をするうえでもメリットがあるので、お互いを知る事は大事だと自分では思っています。

2日目から実際の試合が始まり、ダブルスは全試合が2日目に行われました。簡単に言うと、忙しい日だったのです。実際の試合が始まる=通訳としても通訳する事項や機会が増えますので、不慣れながらも可能な限りで何とか頑張ったつもりです。

ソフトテニスが盛んな国も色々ありますが、中にはお国事情で査証(ビザ)発行が困難であったり、時間がかかったり、また交通が不便だったりで大会開始後に到着する国もあります。(飛行機の便や国内旅程を担当したJTBの方のお話を聞いて驚きました。本当にお疲れ様と言う感じです・・・)大会概要冊子にある参加者一覧と実際に当日いる参加者が必ずしも同じと言うことではないので、それらの情報を把握して共有する訳です。

どの国が参加しているのか、その国の参加者が四日市ドームの何処に集まっているか等を通訳で把握し、各言語の通訳者が当該国へ連絡事項がある場合に、どの位置に行くのかが分かります。中には参加者数の少ない国や、選手=責任者の場合もあります。参加者が多い国は必然と責任者と連絡が取れやすいのですが、参加者が2名の国となると、広い四日市ドーム内で捜すのもかなり苦労します。それでも誰がどこの国の責任者か、参加者のユニフォームや顔を憶え、その人と話す事で、その後の連絡がスムーズになります。因みに一番多い国はインドの36人で少ないのがオランダの2人だったと思います。

また言語によって、担当者が1人の場合もありますが、英語の通訳ボランティアはかなり多いです。複数のボランティアがいる場合には、同じ言語の通訳者同士で連絡や確認をしないといけないので、それらの確認も人数が増えるとそれなりに時間を要します。

このような事や、試合数が多かった事、参加者も会場や試合慣れする事もあり、忙しかったです。運営事務局も実際に試合が入ると、みなさんかなり忙しく動いていました。

大会も第1回の国際ジュニアの大会であったので、来場者も1日目と比較すると全然多かったです。参考までに:

1日目の開会式終盤の客席の様子:


2日目の客席の様子:

これくらい違います。


また、テニスコートも全部で12面あるので、どのコートでどの試合(15歳以下男女、18歳以下男女、21歳以下男女、決勝リーグ/チャレンジリーグ)が行われるかというのもあります。大会慣れしている国は選手も責任者も自分達の試合が始まる前にそのコートで待機していたりするのですが、そうでない国もあります。その場合にアナウンスをするのですが、会場が広い事と、スピーカーの位置も関係しているのか、各国が待機している場所(コートの横)は、アナウンスが聞き取り難く、コートの前後は聞きやすいという事が分かりました。日本語のアナウンスを聞いて、それを各言語の担当者がその国の参加者へ伝えるのですが、日本語のアナウンスでも聞こえ難かったので、最初は通訳も大変でした。

しかし、大会運営には「放送部」といわれる部署があり、放送部長がそれを察して、マイクの音量等を調整してくれました。かなり変わりましたね。またその後、男性よりも女性の声が聞き取りやすい事が分かったので、英語通訳者は人数が多いこともあり、アナウンスは女性の方が担当してくれました。

ただ、アナウンスしても選手や関係者が聞いてない場合もあるので、試合に来て欲しい選手の全てが来るわけではありません。その場合には、参加者国の責任者や選手に直接伝えないといけないのです。これには、コート運営責任者が12面あるコートの中央から、待機席に走り、情報を伝えないといけません。しかもこれがかなり回数が多く、伝える事項も多いので思ったより時間が掛かったのです。
・どこの国(言語で担当者が違います)
・どの試合(12種類あります−数字で区別)
・どの選手(数字で区別)
・どのコート(数字で区別)
・試合番号(数字で区別)
という感じで数字が多く、メモするのはそうでもないのですが、アナウンスを一瞬でも聞き逃すと、必要な情報を得る事ができず、再度要確認・・・となってしまいます。

そこで3日目には、トランシーバーが登場しました。コート運営事務所から責任者が移動する事なく、アナウンスとは違い直接情報を伝える事が可能になりました。ボランティア通訳をまとめる運営側の責任者が機転を利かせてくれたのです。これは全ての課題を解決できるとても便利で有効な手段でした。

更に3日目はシングルスの予選のみだったのと、運営(通訳も含む)や選手も前日に試合を経験しているのでかなりスムーズでした。2日目の通訳が終了したのが20時、3日目は15時前に終了でした。これは前日の課題を考えたり、前日の予想外の疲れを癒すのに助かりました。
休憩
〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜
2日目に会場内にスズメがいました。ドームのどこから入ってきたのか知りませんが、選手がコートで試合前の練習をしている中、スズメが数匹。写真でうまく収められませんでしたが、画面の右下にいます。見えるかな?
スズメ:


会場で使われているトランシーバー
(2つが通訳に割り当てられました、明日は3つ割り当てられるそうです)


会場で話題の15歳以下女子の選手(9歳だそうです)


対戦相手と比較すると・・・

頑張って欲しいですね。


試合の詳細や、結果については:
日本ソフトテニス連盟公式サイト:大会結果速報
三重県ソフトテニス連盟公式サイト
三重県ソフトテニス連盟TV
を参照してください。

明日が最終日ですので、参加国の選手には良い思い出を持って会場を後にできるように頑張ります。 また明日早いので、今日はこの辺で・・・

コメント








   


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi