BBQ バーベキュー 、 パエリア、 花火

久しぶりに翻訳記事ではないエントリーになります。
以前によく通っていた南米料理のレストランのマスターから、BBQのお誘いがありました。BBQは自分も好きなのですが、中々しっかりしたBBQに参加する機会があまりなかったので、とても嬉しいお誘いでした。

しかし、お誘いを頂いた頃は全国各地で暑さが記録的だった頃で、雨が降ったりしていた時期でした。しかし、そこは流石にマスターですね、天候を事前に調べたうえでこの日と決めていたようです。本格的なBBQに加え、自分の好きな南米料理もあります、そして最後に大好きなパエリア>(南米ボリビア風)があるとの事で前日から楽しみにしていました。このマスターの奥さんが前に通っていたレストランで調理していたのですが、その奥さん特製のパエリア、BBQ、南米料理、飲み物、その場から津市の花火大会が見れるとなると、余程の理由がない限りは参加してしまいますね。

準備中

海岸沿いの公共の公園みたいな場所だったのですが、こんな場所にこんな公園が・・・といえるような抜群の場所でした。準備開始が15時〜だったので、その時間に着くと、暑い日でしたが、海の側であった事と、そこそこ風があったので、心地良い夏の日という感じでした。多分ここかなという公園に到着してマスターに電話すると、多分場所はあってそうだったので、マスターの到着待ちながら、公園を散策してみました。暫くすると、マスター到着!大きな1BOX車からBBQセットやら食材が・・・実は公園に既に荷物の半分を先に置いていたようで、2回に分けて運ぶ位の荷物だったようです。

食材の一部・・・食材を出し始めたところです。
牛肉、野菜、フランスパン、チョリソ、手羽先、焼き鳥(ハツ)、ホタテ、サザエその他。

参加費も徴収しない、食材持ち寄りも無いという全てマスターの自己負担なので、是非参加してくださいとの事でしたが、食材、飲み物、BBQの炭等は相当な量でした。これは本気モードのBBQですね。自分も可能な限りのお手伝いと思い、荷物を運んで、テーブル設置やら炭の準備のお手伝いをしました。過去のBBQ経験を思い出して楽しくお手伝いさせて頂きました。

炭準備のお手伝い・・・風で少し手間取りました。
炭の準備がBBQを左右します 一緒に炭を準備していた人もBBQを良く知っていましたひらめき

その日初めてお会いした人とお話をしながら、準備していきます。マスターの小学校からの同級生や、マスターや奥さんの知り合いがどんどん集まってきます。BBQは、料理も楽しみですが、このように人と集まって楽しむというのが、BBQをより美味しくしているのではとつくづく思いますね。

炭が十分に熱くなって来たところで、肉を置いていきます。霜降り肉も美味しいですが、BBQはステーキ風に焼いていきます。調味料も色々ありますが、今回はボリビアの塩(後述)とビールで味付け。これがまたシンプルながらいかにもステーキという味と、BBQの匂いでとても美味しいのです。

火力も十分なので、さくっと焼けます。
とてもジューシーで美味しかったです。

かなりの量を焼いたと思いますが、ビールを飲みながら美味しそうに食べる人、南米風のBBQってどうなんだろと思って食べる人、色々です。肉が焼きあがったところで、ボリビア出身の料理好きな人が自宅から持ってきた特性ホットソースをだしてくれました。アヒー(AHII)という大きい唐辛子をベースにしたオレンジ色のソースです。(サウザンアイランドソースの色をしていますが、甘くないので注意。)これを食べやすい大きさに切ったステーキに付けると、とても美味しい!日本の焼肉のタレも美味しいですが、食べたことがないソースも美味しいです。
因みにボリビアでは結構知られているAhiiですが、作り方は家庭によって様々らしいです。持参してくれた人は、日本に住んでいるボリビア人にソースを作って安く分けているという位に評判の良いソースを作れる人です。それなりに美味しい理由がココに。。。自分は、フランスパンにステーキと玉ねぎを挟んで、このソースを掛けてステーキサンドイッチとして食べました。この食べ方・・・意外にも自分だけだったので、他の人にも薦めてみると、みなさん結構気に入ってくれていたようです。
フランスパンも・・・実は以前に通っていたレストランで奥さんが私の食べ物の好みを憶えていてくれたそうで、マスターに伝えてマスターが準備してくれたそうです。こういう瑣細な心遣いが本当に嬉しいですね。あまりにも美味しいので、その後の手羽先、ホタテ、サザエ、鳥のハツ等の写真は取れていませんが、全て前日から仕込んでいたそうです。手羽先も日本風の調理も美味しいのですが、ハーブと白ワインで下準備した手羽先も柔らかくて美味しいです。鳥のハツも同じ下準備でBBQにすると、美味しいです、自分はハツや砂肝はあまり好きではないのですが、今回のはあまりにも美味しくて数本食べたように思います。参加していた日本人の人も結構この手羽先とハツは気に入っていたようです。

夏、BBQ、ビール&飲み物でくつろいでいる様子
海側から撮影

まだ始まって2時間程度だったと思いますが、みんなお腹いっぱいで、食べる -> 話す モードになっています。それでもグリルに食材が残っているので、おつまみのように少しづつ食べていくので、更に話が盛り上がります。日本と南米に縁のある人が多いので、色々とお話を聞いたちして、これがまた楽しいです。

夕方になると、その日仕事だった人も参加してきます。そこで食材を更に追加していきます。まだこれでもかという位に食材があるので、BBQをする人、皿に取って配る人、食べる人、話をしている人も活気が出てきます。それでもみんな食べて飲んで、最後はお話モードに入ります。


[PR]

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
そうこうしている内に、外も暗くなり、花火大会の時間に。椅子を花火が上がる方向へ向けて見やすくして話をしながら、花火が上がるのを待ちますが、最初は花火も散発的でイマイチだったので、その間に最後の料理パエリアを準備します。街灯が離れていて、かなり暗く下準備には灯りが必要だったので、車を移動してヘッドライトをBBQ小屋へ向けて灯りを確保。軽自動車2台を移動してくれた人に感謝です。
それでは・・・マスターの奥さん監修で行われたボリビア風)をダイジェストで。日本の人も調理中に色々とパエリアについて聞いていました。

BBQのグリルが多少不安定だったので、最初はポータブルコンロで鶏肉をオリーブオイル、ニンニク、玉ねぎ、調味料で炒めていきます。パエリア専用パンがいいですね。両端を押さえてしっかり炒めていきます。


トマト、インゲン等、最後にお米を入れていきます。


パエリアと話は少しだけそれますが、これがBBQやパエリアで使うボリビア産の塩「ローズソルト」です。写真は日本で販売されている製品。専門店に行くと、もっと大きなサイズで買うことができます。塩ですが、ミネラルが豊富で化学塩よりも甘く深い味がします。BBQはこれを砕いたものを肉にぱらっとかけるだでも美味しくできます。


サフランを入れ、暫くするとこんな感じに色が付きます。


飾りのパブリカや魚介類を載せ、それを魚介類を茹でた時のスープを使って炊き込みます。あさりを入れるととて美味しいそうで、持ってきたあさりを奥さんが最初に探していました。あさりを見て、これでOKみたいな感じでした。ここでBBQグリルに移動です。


完成したパエリア。横にある焼き鳥や手羽先は、食べきれなかったのと、夏で食材が痛む事を防ぐために焼いて持ち帰るように準備しているものです。
パエリアを準備する前に「もうこれ以上は食べれません!」と殆どの人が言っていたのですが、みんな嘘つきでした。嘘であるかのように、じゃんじゃん食べていました。しかも、第一声が「うまーい!」です。私もパエリア大好きですが、これは本当に美味しかったです。
花火の見物に来る人も公園にいたのですが、マスターの知り合いがその中に居たようで、若い夫婦が小さい子供と一緒に出来立てのパエリアを食べながら、楽しむ場面もありました。料理もそうですが、BBQの楽しさというのはこういう部分にあると思います。
因みに・・・普通のご飯でもお焦げが好きな人がいると思いますが、パエリアのお焦げってやばい位に美味しいです。7月最後はとても良い日になりました。

楽しいBBQに誘って頂いたマスター、一緒に楽しい時間を過ごせた皆さんに感謝です!
この記事を見てパエリアを食べたくなった人は、挑戦してみては?

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi