バス釣り:U.S. Open のスキャンダルがコミュニティーを震撼

Cheating scandal at U.S. Open rocks bass-fishing community
Monday, August 2, 2010 2:16pm PDT
By: Pete Thomas, GrindTV.com
http://www.grindtv.com/outdoor/blog/19468/cheating+scandal+at+us+open+rocks+bass-fishing+community/

バス釣り:U.S. Open のスキャンダルがコミュニティーを震撼:
A professional angler found to have stuffed lead sinkers down the throats of fish he submitted for weigh-ins during a prestigious bass-fishing tournament has been banned for life from that and other competitions in a scandal that has rocked the tight-knit and passionate bass-fishing community.
権威あるバスフィッシングトーナメントで計量の際にキャッチした魚の口から鉛のおもりを詰め込んだフィッシングのプロが、そのスキャンダルでトーナメントや他の競技から永久追放され、結束の堅い、情熱的なバスフィッシングコミュニティーを震撼させました。

U.S. Open最終日に計量するMike Hart(中)
Mike Hart, a successful Southern California pro whose career earnings total more than $200,000, was accused of cheating in this manner during the recent $100,000 U.S. Open held at sprawling Lake Mead on the Nevada-Arizona border. An official with the Western Outdoor News bass tour said Hart confessed after he was caught virtually red-handed.
これまでに20万ドル以上稼いでいるカリフォルニア州南部のプロ Mike Hartは、Nevada(ネバダ州)とArizona(アリゾナ州)境にある広大なLake Meadで行われた賞金総額10万ドルのU.S. Openでこの方法でインチキをしたと非難されています。Western Outdoor Newsバスツアー職員は、Hartは事実上現行犯で見つかり、その後自白したと伝えました。

WON Bass will not pursue criminal charges against Hart, but the episode has tournament organizers around the country speaking out against cheating and seeking ways to prevent their events from being similarly tarnished.
WON(Western Outdoor News) Bassは、Hartを刑事告訴をしませんが、この出来事により、国中のトーナメント主催者がインチキを非難し、彼らのイベントがそのように汚染されない方法を探しています。

"On the one hand it was a day of infamy for organized bass fishing in America," said Harvey Naslund, director of the WON circuit. "But on the other hand it was a major victory for all who have long cared for, and taken steps to protect the integrity of bass-fishing tournaments."
「もう一方で、アメリカのバスフィッシング組織にとっては不名誉な日でした。」WONサーキットのディレクターHarvey Naslundは言いました。「しかし、そのもう一方で長く関わってきた人にとっては勝利であり、バスフィッシングトーナメントの威厳を守る為に歩みました。」

Catching a cheat is difficult because tournaments are catch-and-release, so bass are kept in aerated wells on the boats and weighed live at the end of each fishing day, then released.
トーナメントはキャッチアンドリリース方式なので、インチキを見つけるのは困難です、その為バスはボートにある通気された水槽で保管され、フィッシングが行われている各日の最後に生きたまま計量され、その後リリースされます。

However, sometimes bass die after being caught and Hart had offered three dead fish during the weigh-in on the second-to-last day of the U.S. Open. They were filleted so the meat could be delivered to a charity, and found to contain weights.
しかしながら、バスはキャッチされた後に死ぬ事があり、U.S. OpenでHartは2日〜最終日に3匹の死んだ魚を計量に持ち込みました。これらの魚は、チャリティーへ持ち込まれる為に切り身にされました、そしてオモリが入っているのが見つかったのです。

[PR]
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Lake Meadで行われた権威あるトーナメントでMike Hartがキャッチした魚から取り出された鉛のオモリの1つ
Officials waited until the final day to confront Hart, who turned in a full limit of five bass. All five were found to contain lead sinkers.
大会役員は、最終日に最大制限である5匹を提出したHartへ突きつけるのを待ちました。5匹全てに鉛のオモリが含まれていた事が分かりました。

In all, nine sinkers were removed from bass turned in by Hart. Naslund said each sinker was torpedo-shaped and weighed two ounces. Each was attached to a short line and tied to a small treble hook, presumably to catch in the throat and hopefully keep the weights from entering the belly and being detected if the bass were cut open.
Hartが提出したバスから、全部で9つのオモリが取り出されました。Naslundは、個々のオモリは魚雷型で重さ2オンス(約57g)だったと伝えました。各オモリは、短いラインにつながれ、小さなカギ型のフックに結ばれており、腹部に入ってバスが開かれた時に見つからないように喉に引っ掛かるように施されていたと思われます。

WON Bass determined that Hart acted alone, even though he had a lower-tier "Triple-A" fishing partner aboard his boat during each of the three days of the U.S. Open.
WON(Western Outdoor News)バスは、U.S. Openの期間3日間で彼のボートに "トリプルA(AAA)" ランクのフィッシングパートナーが乗りあわせていましたが、Hartが単独で行ったと判断しました。

Naslund explained that the Triple-A partner fishes from the back of the boat while the pro stands at the bow, driving and steering with a foot-powered trolling motor.
Naslundは、プロ(Hart)が船首に立ち、足で漕ぐトローリング用モーターで操作する間、AAAパートナーはボートの後ろ側からフィッシングを行っていたと説明しました。

On the third day of fishing, Naslund said, Hart was said to have asked his partner -- who had flown in from South Korea -- to change places while he rigged some tackle and checked on the fish in the live-well.
フィッシングの3日目、Hartは、飛行機で韓国から参加した彼のパートナーに、彼が仕掛けを作り、水槽内の魚を確認する間、席を代わるよう頼んだとされているとNaslundは伝えました。

"The same scenario existed on Day 1 and Day 2 of the U.S. Open," Naslund said.
「同じシナリオがU.S. Openの1日目、2日目にもありました。」Naslundは言いました。

The South Korean angler, who would have shared part of whatever purse Hart had been entitled to after the third and final day, was given a refund for his entry fee.
Hartが3日目と最終日以降に得れれる事ができた賞金の一部を共有する事になっていた韓国のフィッシャーには、参加費用が返金されました。

For what it's worth, the U.S. Open was won by Arizona pro Clifford Pirch, with a total weight of 31.44 pounds. He earned $40,000, plus a new bass boat.
結局のところ、U.S. OpenはArizona州のプロ Clifford Pirchが31.44ポンド(約14kg)で優勝しました。彼は賞金4万ドルに加え、新しいバスボートを得ました。

海外事件:記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi