Sundance 映画祭の人気作品、13年経過してリリースされる

Sundance Favorite Finally Gets Released After Thirteen Years
by Jonathan Crow
August 3, 2010
http://movies.yahoo.com/feature/movie-talk-sundance-favorite-finally-gets-released.html

Sundance映画祭の人気作品、13年経過してリリースされる
Back in 1997, "Colin Fitz Lives!" was the darling of the Sundance film festival. The low-budget comedy was praised by Roger Ebert and Harry Knowles. It went on to win a slew of film fest awards and looked poised to be another breakout indie hit like Kevin Smith's "Clerks", Quentin Tarantino's "Reservoir Dogs" and Robert Rodriquez's "El Mariachi."
1997年当時、「Colin Fitz Lives!」は、Sundanceフィルムフェスティバル(サンダンス映画祭)で持てはやされました。低予算コメディーは、Roger Ebert(ロジャー・エバート)とHarry Knowlesに賞賛されました。おびただしい数のフィルムフェスティバル賞を獲得し、Kevin Smith(ケヴィン・スミス)の「Clerks」、Quentin Tarantino(クエンティン・タランティーノ)の「Reservoid Dogs(レザボア・ドッグス)」、Robert Rodriguez(ロバート・ロドリゲス)の「El Mariachi(エル・マリアッチ)」のようなインディーズのヒットとなる準備が整ったように見えました。
Instead, the movie just disappeared.
そうではなく、映画は消えてしまったのです。

Over the years, "Colin Fitz Lives!" developed into something of a legend in the indie world. Fans everywhere wondered when the "greatest film never released" -- as it was dubbed by the San Francisco Chronicle -- was ever going to hit their local theater. Fourteen years and three presidents later, the movie is finally about to get its theatrical due.
何年もの間、「Colin Fitz Lives!」は、インディーズの世界で伝説のように慕われました。各地のファンは、San Francisco Chronicle(サンフランシスコ・クロニクル)紙で「リリースされていない最高の映画」と言われた映画が、地元の映画館で上映されるのかと想いをめぐらせていました。14年経過し、大統領が3人変わった後、この映画はようやく映画館で封切りされます。

So what happened? As director Robert Bella describes in an essay that appeared in Indiewire.com, the short answer is crippling debt.
つまり、何が起こったのでしょうか?ディレクターRobert BellaがIndiewire.comで出たエッセーで説明しました、端的な答えは、深刻な負債です。

Back in the days before the Internet, Bella was a struggling actor with dreams of directing when he came across a script written by his friend Tom Morrissey -- a tale about two clueless security guards posted at the grave of Colin Fitz, a dead rock star with a very obsessive fan base.
インターネット時代前の当時、Bellaは彼の友人Tom Morrisseyが書いた脚本(熱狂的なファンを持つ死んだロックスター Colin Fitz の墓を担当させられた理解不能な2人の警備員の話)で映画を監督する夢を持っていた苦労中の俳優でした。

Even though he had never directed a thing, much less went to film school, Bella decided to make the movie.
過去に何も監督をした事はなく、まして映画スクールにも行ってないBellaは、映画を制作する事に決めました。

At first, the stars seemed to align for the budding filmmaker. He managed to line up an impressive array of actors -- including William H. Macy ("Fargo"), Martha Plimpton ("The Goonies") and John C. McGinley ("Scrubs") -- provided that he shoot immediately.
当初、(映画)スター達は、新進のフィルムメーカーと提携するように思えました。彼は、撮影が直ちに行われる事を条件に見事な俳優のラインアップ(William H. Macy(ウィリアム・H・メイシー)("Fargo(ファーゴ (映画))")、Martha Plimptom(マーサ・プリンプトン)("The Goonies(グーニーズ)")そしてJohn C. McGinley("Scrubs(Scrubs〜恋のお騒がせ病棟)"))を築きました。

Bella had $50,000 of his own cash he was willing to put into the project and managed to raise another $100K. With today's cheap digital video cameras and editing software, that would be plenty to finish a feature film. But that wasn't the case in the analog '90s when it was commonly understood that shooting, cutting and printing a feature film would cost a half million dollars.
Bellaは自己資金5万ドルの現金を持っており、プロジェクトに投入するつもりで、また追加10万ドルを集める事に成功しました。今日の、安いデジタルビデオカメラや編集ソフトを持ってすれば、メイン作品を仕上げるには十分な額です。しかし、90年代のアナログ時代では、撮影、編集と発行は50万ドル掛かると広く理解されていました。

[PR]
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
His plan was shoot first and raise money for post production later. Yet not long after production wrapped and with his coffers depleted, Bella received a call from Sundance with an offer he couldn't refuse. "The good news: The film had been accepted into Dramatic Competition. The bad news: A 35mm print had to be in Park City, Utah. In eight weeks."
撮影を最初に行い、制作後の費用を後で集めるのが彼のプランでした。制作が終了して財源を使い果たして間もなく、BellaはSundance(サンダンス映画祭)から断る事ができないオファーの電話を貰いました。「良いニュース:作品がDramatic Competition(ドラマコンテスト)に受け入れられました。悪いニュース:35mmフィルムが8週間以内にユタ州Park City(パークシティ)に届く必要がありました。」

So he did what every budding indie filmmaker would do in that situation: He maxed out 20 credit cards to raise the money needed to make a finished print of the film.
そこで、彼は新進のインディーズフィルムメーカーが全員そのような状況下で行う事を行いました:彼は完成したフィルムを制作するのに必要な費用を賄う為に20枚全てのクレジットカードを限度額一杯まで使いました。

In spite of the warm reception "Colin Fitz Lives" got at Sundance, Bella soon discovered none of the distribution deals offered would cover his costs. When it was all added up, including music rights, lab fees, and deferred salaries, the filmmaker realized that he would owe about $250,000.
Sundanceで「Colin Fitz Lives!」は温かく受け入れられたにもかかわらず、間もなくしてBellaは、オファーされた公開契約のどれも彼の費用を賄わない事に気づきました。音楽使用権、ラボ使用料、経過給与を含む全てを合計すると、フィルムメーカーは負債が約25万ドルになると分かったのです。

The amount proved to be crippling for the struggling filmmaker; he was financially wrecked and his movie was in hock. He even wound up on the street for a spell. "I had called in so many favors, crashed on so many couches, and borrowed so much money from friends and relatives that I simply could not bear to ask for yet one more favor. So, I slept in a storage space. Along with all my worldly possessions."
この金額は、奮闘しているフィルムメーカーにとっては深刻なものとなりました、彼は金銭的な事故に会い、彼の映画は質に入れられたのです。彼は、暫くの間、路上で過ごすことにさえなったのです。「多くの頼みを聞いて貰いました、とても多くのカウチで寝ました、またとても多くの金額を友人と親戚から借りたので、更に頼みごとをする事はできませんでした。なので、倉庫で寝ました。世の中にある私の全ての所有物と一緒に。」

It took six years for Bella to dig himself out of personal debt and another eight to buy back his movie from his creditors. Along the way, he managed to direct a few other low-budget movies and act in a handful of others. Then not long after managed to buy back his cut negatives from the lab, he was casually approached by Arianna Bocco of IFC Films.
Bellが個人負債を整理するのに6年掛かり、債権者から映画を買い戻すのに更に8年掛かりました。その最中に、彼は数個の他の低予算映画を監督し、他の一握りの映画で演技を行ないました。その後、映画のネガをラボから買い戻して間もなく、IFC FilmのArianna Boccoから非公式にアプローチされました。

"'What ever happened with 'Colin Fitz'?" [she asked.]
I told her, 'It's sitting in my closet. Wanna buy it?'
Lo and behold, she said: "Sure!'
「"Colin Fitz" にいったい何があったの?」(彼女は訪ねました)
私は、"クローゼットに入っていますよ。買いますか?" と言いました。
そして何と、彼女は「もちろん!」
と言ったのです。


I couldn't believe it. After all those years - it was just that easy."
信じられませんでした。この何年もの間の後 - こんな簡単にとは。

"Colin Fitz Lives!" comes out on demand August 4 and then in a limited theatrical release August 6.
「Colin Fitz Lives!」は8月4日にオンデマンドで、その後8月6日に限定の映画館でリリースされます。

引用元にある Colin Fitz Livesのトレイラー
Avatarは本当に映画の王者か?
最も予想外なセレブの成功ビジネス
Lindsay Lohan(リンジー ローハン):裁判官が逮捕令状を発行
Lindsay Lohan:保護観察中の違反で裁判官に実刑を言い渡される
Lindsay Lohan(リンジー ローハン):保護観察違反で刑務所へ出頭

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi