お金フェア:10万ドル紙幣やレアコインが展示される

Money fair showcases $100,000 bills, rare coins
By RODRIQUE NGOWI, Associated Press Writer – Thu Aug 12, 8:55 am ET
http://news.yahoo.com/s/ap/20100812/ap_on_re_us/us_money_expo_4

お金フェア:10万ドル紙幣やレアコインが展示される
BOSTON – In an economic downturn, it might be tough to get your head around this: rare sheets of $100,000 bills, fabulous gold treasures dating back to the California Gold Rush era, rare coins including those tied to the first stirrings for America's independence and federal government securities worth more than a billion dollars.
ボストン:経済が下降する中、これらについて知る事は厳しいかも知れません:10万ドル紙幣のレアシート、California Gold Rush(カリフォルニア・ゴールドラッシュ)時代に遡る美しい金の財宝、アメリカ独立を最初に撹拌した事と関係するレアコインや10億ドル以上の価値がある連邦政府債が含まれます。

©AP Photo/Steven Senne
2010年8月10日:
ボストンで行われたWorld's Fair of Moneyのアメリカ合衆国財務省の展示
プラスチックケースに収められた10万ドルの金証券シート。1934年に初めて発行された紙幣は、連邦政府が発行した紙幣で一番高額のものです。一般ではなく、連邦準備銀行(連邦準備制度)間の決済に使われます。
That's the backdrop of the country's premier money show, the World's Fair of Money, which has brought about 1,000 coin dealers and hundreds of collectors to Boston, seeking to tap into the surprising resilience of the coin industry.
これがコイン業界を見てみたい約1,000のコインディーラーと何百のコレクターがBostonで行われたWorld's Fair of Moneyの背景です。

Held in a sprawling hall monitored by armed uniformed and undercover police officers, federal agents, private security contractors, electronic surveillance equipment and vigilant participants, the fair features seldom-seen gold treasurers brought from the Smithsonian Institution's vaults including America's first $20 gold coin ― valued by independent experts at $15 million today ― and its last $20 coin.
武装した覆面捜査官、覆面警察官、連邦職員、警備会社、電子監視装置と気を配る参加者が集まる中、広大な会場で行われ、フェアは殆ど見ることができないSmithsonian Instituition(スミソニアン博物館)の金庫から出されたアメリカの最初の$20金貨(第三者の専門家が1500億ドルと評価)等の金の財宝が展示されています。

It also includes sheets of America's largest denomination currency, the $100,000 bill, which is said to be worth about $1.6 million today. The gold certificate note, which bears President Woodrow Wilson's portrait, was used only for official transactions between Federal Reserve Banks. It was not circulated among the general public and cannot be legally held by currency note collectors.
また、フェアでは、アメリカの最高額の紙幣のシート10万ドル紙幣(今日では1,600万ドルの価値と言われる)も展示されています。Woodrow Wilson(ウッドロウ・ウィルソン)大統領の肖像画が描かれた金証券紙幣は、連邦準備銀行の間の公式な決済にのみ使用されます。一版には流通しておらず、紙幣コレクターが合法的に所有することはできません。

"The reaction from kids to grandparents is universally the same: `Wow, that's a lot of money.' So, they wouldn't mind having it," Kevin Brown, manager in the marketing division of the U.S. Treasury Department's Bureau of Engraving and Printing, said while holding the $100,000 bills. "People like to see money."
アメリカ財務省造幣局マーケティング部のKevin Brownは、10万ドル紙幣を持ちながら、「子供からお爺さんお婆さんまでの反応は例外なく同じです "うわ、大金ですね" なので持つ事にためらいがありません。みんなお金を見るのが好きなのです。」

©AP Photo/Steven Senne
2010年8月10日:
ボストンで行われたWorld's Fair of Moneyの財務省展示コーナーでアメリカ財務省造幣局マネージャーKevin Brownが金証券10万ドル紙幣のシートを展示しています。1934年に初めて発行された紙幣は連邦政府が発行した紙幣では最も高額なものです。一般ではなく、連邦準備銀行間の決済に使用される紙幣です。
There even was some free money at the show after the Bureau of Engraving and Printing handed out $150 bills to some children as souvenirs ― thoroughly shredded and packed into tiny plastic bags.
ショーでは、造幣局が150ドル紙幣を子供へ記念品として渡した無料のお金もありました。細かくシュレッドされ小さいビニール袋に入れられています。

The show, which ends Saturday, includes a comprehensive collection of U.S. paper money that has never before been exhibited. It has coins from the Mexican War of Independence and Mexican Revolution that are being seen outside of Mexico for the first time since 1970. There also are rare coins worth several million dollars.
土曜日に終了するショーは、過去に展示されたことがないアメリカ紙幣の包括的なコレクションも含まれています。1970年以降にMexico(メキシコ)国外で初めて展示されるMexican War of Independence(メキシコ独立革命)、Mexican Revolution(メキシコ革命)当時のコインも含まれています。また、数百万ドルの価値のあるコインもあります。

[PR]

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
The SS Central America, which sank in a 1857 hurricane off the coast of North Carolina with more than 400 passengers and 30,000 pounds of gold from the California Gold Rush, made its inaugural appearance in Boston. The exhibit features more than $10 million in gold treasure recovered from the ship, also known as The Ship of Gold.
1857年、North Carolina(ノースカロライナ州)沿岸のハリケーンで乗客400人とカリフォルニア・ゴールドラッシュで採掘された3万ポンド(約13.6トン)金を積んで沈没したSS Central Americaは、Boston(ボストン)で初めて披露されました。船から回収された1,000万ドル以上の金の財宝(The Ship of Gold -直訳:金の船)とも言われる物が展示されています。

©AP Photo/Steven Senne
2010年8月10日:
Bostonで行われたWorld's Fair of Moneyで光学ルーペを使用しコインを調べるイリノイ州Granite CityのコインディーラーDustin Massie。フェアでは、1857年に沈没したS.S. Central Americaに積まれていたインゴットや、レアコイン、Smithsonian Institution(スミソニアン博物館)とアメリカ合衆国財務省の展示がされました。

©AP Photo/Steven Senne
2010年8月10日:
ニューヨーク州Rochester(ロチェスター)のコインコレクターDarlene Corio(右)が彼女の夫Tim Corio(左)Bostonで行われたWorld's Fair of Moneyの展示を見ている最中、丸窓から662オンス(約18.7kg)の金塊(インゴット)を見ています。金塊は1857年に沈没したS.S. Central Americaから回収された2トン以上のカリフォルニアのゴールドラッシュの金の一部です。
Other historic items include one of the few known surviving copies of the Declaration of Independence printed in Boston circa July 17, 1776, and silver spoons crafted by Paul Revere.
他の歴史的なアイテムには、あまり現存するものがない1776年7月17日頃にBostonで印刷された独立宣言(アメリカ独立宣言)書の1部とPaul Revere(ポール・リビア)が作った銀製のスプーンも含まれます。

"It's overwhelming. I mean, I have been to a couple of these other conventions and I've never seen this much, this many high-level items as you're seeing here. Just the exhibits they've got in this whole museum area, incredible," Jim Moorey of Northbridge, Mass., said while visiting the show with his 13-year-old son, Tyler.
「圧倒されました。私は、他のこのようなフェアに2回行ったことがありますが、こんなに沢山見るのは初めてです、これだけのハイレベルなアイテムをここで見ているとは。博物館エリアの展示だけでとてつもないです。」13歳の息子Tylerとショーを訪れたマサチューセッツ州NorthbridgeのJim Mooreyは言いました。

More than 3,400 coins, paper money, medals, tokens and other numismatic items were being auctioned at the event, including a New England shilling struck in 1652, as sentiment for America's independence grew.
アメリカの独立感情が高まる中1652年に造幣されたNew Englandシリングコインを含む3,400以上のコイン、紙幣、メダル、トークンと他の貨幣アイテムがこのイベントでオークションに掛けられます。

Greg Rohan, president of Dallas-based Heritage Auction Galleries, said his company expects to raise $40 million dollars at its auction at the money fair. During the five-day show, more than $100 million will trade hands, he said.
Dallas(ダラス)拠点のHeritage Auction Galleries代表Greg Rohanは、彼の会社は4,000万ドルをこのお金フェアのオークションで売り上げると期待していると言いました。5日間のショーで、1億ドル以上の交換取引があるでしょうと彼は言いました。

"It's people who've decided they'd rather have the round, metal coins that we sell than $40 million in cash that they have in the bank," Rohan said.
Rohanは、「私達が現金4,000万ドルで販売しているコインを彼らの銀行預金よりもどちらかと言うと持っているコインで取引したいと決めた人達です。」

There are an estimated 200,000 serious coin collectors in the United States and more than a million casual collectors who spend about $3 billion annually, he said.
彼は、アメリカには、20万人以上の真剣なコインコレクターと100万人以上のカジュアルなコインコレクターが存在し、年間30億ドルを費やすと言いました。

"The economic conditions have not diminished the demand for material from the standpoint of collectors who seek and desire to own the rare and exquisite pieces," said Larry Shepherd, president of the Colorado Springs, Colo.-based American Numismatic Association. Demand also has been fed by rich people who are increasingly willing to store some of their wealth in rare coins with a proven history of gaining value after traditional investments vehicles, including real estate and the stock and bond markets, dipped to woeful levels during the economic crisis, Shepherd said.
「経済状況により、物資の需要が消えたというのは、レアや絶品のコイン所有を求めるコレクター視点からはありません。」コロラド州Colorado Springs(コロラドスプリングス)拠点のAmerican Numismatic Association(全米古銭協会)代表Larry Shepherdは言いました。彼は、需要は、一般的な投資対象である不動産、株と証券市場が経済危機で悲惨なレベルになった後に、より富を歴史的に価値が上がると証明されているレアコインへ投資したい裕福そうにより満たされていますと言いました。

"The very best coins, the very rarest coins, are worth as much today, if not more, than they were before September 2008," Rohan said. "So if you had bought rare coins prior to 2008, you've got the same value, if not more, today."
「ベストの中のベスト、レア中のレアコインは、2008年9月以前と以上でなくとも同じ価値があります。もし、2008年9月以前にレアコインを購入していれば、現在、もしそれ以上でなくとも同じ価値があります。」Rohanは言いました。

The rest of the coins have seen their fortunes range from gains of 10 percent to losses of up to 25 percent.
他のコインの価値は10%増〜最大25%減の範囲です。

Still, that did not stop Brian Hendelson of Bridgewater, N.J.-based Classic Coin Company from offering to pay about $100,000 for a gold ingot salvaged from SS Central America. "I'm 51, I've been doing this since I was 10 ― collecting at 10 and trading coins at 14, 15 ... it beats pushing a broom," Hendelson said.
しかし、これはニュージャージー州Bridgewater拠点のClassic Coin CompanyのBrian Hendelsonは、SS Central Americaから回収された金塊へ10万ドルを支払う事の妨げになりません。「私は51歳です、10歳の頃からこれを行っています、10歳で収集を始め、14、15歳で交換を始めました・・・これは掃除の仕事よりもこれです。」と彼は言いました。

©AP Photo/Steven Senne
In this Aug. 10, 2010 photo, United States Treasury Department Bureau of Engraving and Printing manager Kevin Brown displays a new $100 bill at the World's Fair of Money in Boston. The fair, held at the Hynes Convention Center, features rare coins, exhibits from the Smithsonian Institution and the Department of the Treasury, as well as gold ingots from the shipwreck of the S.S. Central America which sank in 1857 2010年8月10日:
ボストンで行われたWorld's Fair of Moneyで新100ドル紙幣を持つアメリカ財務省造幣局マーケティング部のKevin Brown。Hynes Convention Centerで行われたフェアには、1857年に沈没したS.S. Central Americaの金塊からレアコインやSumithsonian Instituitionやアメリカ財務省の展示品が出されています。」


新しいアメリカ100ドル紙幣でベン・フランクリンがハイテクに

コメント








   


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi