Alaska:飛行機事故率が全国平均を大きく上回る

Alaska plane crash rate far exceeds nat'l average
By BECKY BOHRER and RACHEL D'ORO, Associated Press Writers – Thu Aug 12, 3:30 pm ET
http://news.yahoo.com/s/ap/20100812/ap_on_re_us/us_alaska_flying

Alaska:飛行機事故率が全国平均を大きく上回る
JUNEAU, Alaska – The crash that killed former Sen. Ted Stevens served as another tragic reminder about the dangers of flying in Alaska, where general aviation accident rates are more than twice the national average.
ジュノー (アラスカ州):元上院議員Ted Stevens(テッド・スティーヴンス)が亡くなった飛行機事故は、一般的な飛行事故率が国平均の倍以上あるアラスカ州で飛行する危険性を思い出させる悲劇となりました。

©AP photo/Alaska State Troopers
アラスカ州警察提供の写真に写る元上院議員Ted Stevensを乗せ、釣り旅行の最中に遠隔地の山肌に墜落した水陸両用機。州で最も愛されていた政治家、その他4人が亡くなりました。生存者は、茂みに覆われた岩肌で夜を過ごしました。
For many Alaskans, flying hundreds of miles to larger cities for shopping and errands is as common as taxis and buses might be to urban dwellers, exposing residents to a litany of hazards including treacherous mountain passes and volatile weather.
多くのアラスカ州住民にとって、より大きな都市へ買い物や用事で数百マイル飛ぶ事は、都会の住民がタクシーやバスに乗るのと同じようなもので、山上ルートや気まぐれな天候を含む連続する危険に住民を晒します。

A clear flight can quickly turn into a nightmare of clouds, rain and wind as pilots navigate tricky mountain ranges, glaciers and meandering rivers. Pilots often rely on sled dog trails, rivers, mountains or a familiar tree to keep them on track.
眺めの良いフライトは、パイロットが複雑な山、氷河及び蛇行する河川を航行するにつれ、またたく間に雲、雨、風の悪夢に変わります。パイロットが、犬ゾリの跡、河川、山や見覚えのある木に頼り、コースを進むのはよくある事です。

"A lot of the stuff is not what you'd find down in the Lower 48," said John Bouker, the owner of Bristol Bay Air Service who has logged 30,000 hours in his career. "It's not just a simple matter that you got your license, you went through all the classes. You got to know where you're going, man."
Bristol Bay Air Serviceオーナーでキャリア飛行時間3万時間のJohn Boukerは、「Lower 48(ハワイ州、アラスカ州を除くアメリカ本土にある州の事)では発生しない事が多いんだよ、ライセンスを取った、全部のクラスに出席したという簡単な問題じゃないんだよ。何処に向かっているか知っていなければいけないんだ。」と言いました。

Stevens was so mindful of the risks that he once called plane crashes an occupational hazard for politicians in Alaska, and he spoke from experience. He survived a plane crash in 1978 that killed his wife.
Stevensは、危険性について、とても留意していました、過去に彼は飛行機事故はアラスカにいる政治家にとって職業上の危険と呼び、彼は体験を元にそういったのです。1978年に彼の妻が亡くなった飛行機事故で彼は生存しました。

Stevens and four others died Monday when their float plane slammed into a mountainside, and federal investigators are examining weather patterns and the wreckage from the accident to understand what caused the crash. Four passengers survived, including former NASA chief Sean O'Keefe and two teenagers.
Stevensと他の4人は、フロート機が山肌に衝突した月曜日に亡くなり、連邦捜査官は天候パターンと現場の残骸から、墜落の原因を調査しています。元NASA(アメリカ航空宇宙局)局長Sean O'Keefeと2人のティーンエージャーを含む乗客4人が生存しました。

©AP Photo/NTSB
The crash happened as the fishing party traveled from a lodge to a nearby salmon camp, and, as in most of Alaska, flying was really the only way to get there.
墜落は、フィッシングの一行がロッジからサーモンキャンプへ移動中に発生しました、またアラスカ州の多くがそうであるように、飛行がその場所へ行く唯一の手段だったのです。

More than 80 percent of Alaska's communities, including the state capital of Juneau, are not connected to highways or road systems, making travel by air or water an essential. Aviation data analyzed by the Aircraft Owners and Pilots Association's Air Safety Foundation found a rate of 13.59 accidents per 100,000 flight hours in Alaska between 2004 and 2008. The comparative national rate for smaller general aviation aircraft was 5.85 accidents per 100,000 flight hours.
州都Juneauを含むアラスカ州の80%以上のコミュニティーは、高速道路や路線システムに繋がっておらず、空路や水路の移動が必須となっています。Aircraft Owners and Pilots Association(航空機オーナー及びパイロット協会)のAir Safety Foundation(直訳:航空安全財団)は、2004年〜2008年の間でアラスカ州では10万フライト時間当たり事故が13.59件だったと調査しました。比較されるべく、国内の小型一般航空機の率は、10万フライト時間当たり5.85件の事故でした。

That means Alaska's accident rate was more than two times higher than the national average, according to the figures.
数字によると、これはアラスカ州の事故率は国平均の2倍以上高い事になります。

[PR]

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

©AP Photo/Alex Brandon
2010年8月11日
ワシントンの連邦議会議事堂(アメリカ合衆国議会議事堂)で、月曜日に飛行機事故で亡くなった元上院議員Ted Stevens(テッド・スティーヴンス)に敬意を表す為に半旗掲陽されるアメリカ国旗。
Alaska had 515 small plane accidents from 2004 to 2008, making up 6 percent of the 8,010 crashes nationally in that period, the analyzed federal data shows. By comparison, Alaska makes up about 2 percent of the U.S. population.
分析された連邦データで、2004年〜2008年の間、アラスカ州では515件の小型航空機事故があり、その期間の国全体の8,010件の墜落事故の6%を構成しています。因みに、アラスカ州の人口は、アメリカの人口構成比約2%です。

Alaska has had several deadly plane crashes in the last couple months alone, inclduing accidents at Denali National Park, Elmendorf Air Force Base and in a busy business district near downtown Anchorage that killed eight people in all.
アラスカ州では、Denali National Park、Elmendorf Air Force BaseとAnchorage(アンカレッジ)のダウンタウン近くの多忙なビジネス区で計8名が亡くなった事故を含み、数個の致命的事故が過去数2ヶ月だけで発生しています。

Laura Washington lives in the Inupiat Eskimo village of Buckland, 40 miles from the Arctic Circle. There are no roads leading to the community of 425 people.
Laura Washingtonは、北極点から40マイル(約64.4km)離れたInupiat Eskimo(イヌピアト)の村、Buckland(スワード半島)に住んでいます。425人のコミュニティーに通じている道はありません。

Several times a year, Washington visits Anchorage more than 500 miles to the southeast for shopping, major medical appointments or to watch sporting events. But first, she has to catch a small plane north to the hub town of Kotzebue. From there, she catches a larger plane to Alaska's largest city.
年に複数回、南東に500マイル(約804.7km)以上離れたAnchorageへ買い物、大事な医療アポイントメントやスポーツイベント観戦にでかけます。しかし、最初に彼女は小さな飛行機で北にある中継タウンのKotzebueへ向かわなくてはなりません。そこから、より大きな飛行機でアラスカ州最大の都市へ向かいます。

During the winters, people use snowmobiles for some travel, but the need for planes never goes away.
冬の間、人々はスノーモービルで幾分出かけますが、飛行機の必要性が無くなる事はありません。

"They're the only way to get around to places you need to get to you can't drive to," Sam Brannon said Wednesday while waiting for an air taxi in Dillingham, near the site of the Stevens crash.
水曜日、Stevensの墜落現場近くのDillinghamでエアタクシーを待ちながら、「飛行機は、運転では行くことができない、行く必要のある場所へ行く唯一の手段です。」とSam Brannonは言いました。

Making matters more challenging is the fact that the state has relatively few weather stations that can provide crucial information about conditions in the air.
さらにより困難にしているのは、州が重大な天候情報を提供できる天候観測所を殆ど持っていないという事実です。

"Alaska's very challenging to fly in," said Valerie Jokela, a dog musher from Anchorage who flew for years and now also works with the Federal Aviation Administration. "There are mostly mountain ranges that generate their own weather, and mountain passes, and glaciers ― and glaciers make their own weather, too."
Anchorageの犬ゾリ愛好家で何年間も飛行し、現在ではFederal Aviation Administration(FAA:連邦航空局)と働く、Valerie Jokelaは、「アラスカ州は空路で入るのにとても困難です。」と言いました。「殆が山岳地帯で、独自の天候を形成します、山越ルート、そして氷河です - 氷河も独自の天候を形成します。」

In an unusual twist to this week's tragedy, Stevens had been a vocal advocate of a federal project to equip airplanes with new technology to provide pilots with better weather information.
今週の悲劇には、予想外のものがあります、Stevensは、パイロットにより良い天候情報を提供する新しい技術を航空機に装備する連邦政府の計画を熱心に唱えていたのです。

The technology, hailed by FAA as "the future of air traffic control," is called Automatic Dependent Surveillance-Broadcast. It's meant to help replace the radar that pilots and controllers now rely on with GPS technology that allows them to see on cockpit displays concise weather information and location of other aircraft in the area.
FAAが「未来の航空交通管理」と持てはやしていたその技術は、Automatic Dependent Surveillance-Broadcast(放送型自動従属監視 - 空中衝突防止装置)現在、パイロットと管制官がGPS(グローバル・ポジショニング・システム)技術に頼るレーダーの取替を促進し、コクピットのディスプレイにその地域の簡潔な天候情報と他の航空機の位置を表示させるものです。

Speaking about the Capstone program in 2002, Stevens said: "The Capstone program can prevent controlled flight into terrain as well as collisions and other accidents better than any other technology I've seen."
2002年のCapstoneプログラムについては、Stevensは、「他の自分が見たどのような技術よりも、Capstoneプログラムは、管制されているフライトが衝突のみならず、領域内に入る事を上手に防ぎます。」と言いました。

Plans currently call for all aircraft flying within certain controlled air space to be equipped with the technology by 2020, FAA spokeswoman Tammy Jones said.
FAA広報Tammy Jonesは、現在のプランは、特定の管理空域で飛行する航空機全てに2020年迄に装備を命じるものです、と言いました。

Alaska was one of the first test sites for the program. It can cost from $7,600 to $10,900 to equip a general aviation aircraft with the technology, the FAA says.
アラスカは、最初にプログラムがテストされる場所の1つです。FAAは、一般的な航空機に装備するには、$7,600〜$10,900かかると言います。

Jim La Belle, regional director for the National Transportation Safety Board, told The Associated Press that the plane Stevens was on was not outfitted with that technology. It's still not known if the technology could have prevented the crash involving the 1957 float plane.
National Transportation Safety Board(NTSB:国家運輸安全委員会)の地域ディレクターJim La Belleは、AP通信にStevensが乗っていた飛行機は、その技術が使われた装置が付いてなかったと伝えました。1957年製のフロート機墜落をその技術で防ぐことができたかは、今のところ不明です。

Without such technology, pilots frequently turn to visual elements to guide them through treacherous terrain.
そのような技術がない場合、危険な地形を航行する為に、パイロットは頻繁に目視要素を探します。

"The No. 1 rule is you don't lose the ground," Bouker said. "And you better know where you're at or you're in trouble."
「ルールNo.1は、地面を見失わない事です、また何処にいるかを知っておくべきです、そうでなければ、トラブルに見舞われます。」Boukerは言いました。

Associated Press Writer Mark Thiessen contributed to this report from Dillingham, Alaska. D'Oro contributed from Anchorage.


©AP Photo/Susan Walsh, File
2009年4月7日の写真:
ワシントン連邦裁判所を出る時に娘と一緒に立つ元アラスカ州上院議員Ted Stevens(左からBeth Stevens、Lily Stevens、Susan Covich)。40年間妥協しないアラスカ州の支持者を務め、最も人口密度が低い州に幾つもの高額の計画をもたらせたStevensは、2010年8月9日、月曜日に飛行機事故により86歳で亡くなりました。家族の広報Mitch Roseは、Stevensは、Anchorageから南西に約325マイル(約523km)のDillingamの外で発生した飛行機事故の被害者の1人だったと言います。

コメント








   


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi