日本:惑星粒子カプセルを見に数千人が集まる

Thousands flock to see asteroid pod in Japan
Sun Aug 15, 2:35 pm ET
http://news.yahoo.com/s/afp/20100815/wl_asia_afp/spacejapanasteroid

日本:惑星粒子カプセルを見に数千人が集まる
TOKYO (AFP) – Thousands of people flocked to an exhibition in Japan on Sunday to see a capsule from the Hayabusa space probe which was hoped to have brought asteroid dust to Earth.
東京:日曜日に日本で、惑星粒子を地球に持ち帰った事が期待される探査機はやぶさのカプセル展示に数千人が集まりました。

©AFP/JIJI PRESS
Some 1,800 people were queuing in Tokyo to see the heat-proof pod, which had travelled in space with the unmanned craft for seven years, even before the exhibition opened in the morning, a Japan Aerospace Exploration Agency (JAXA) spokesman said.
JAXA(宇宙航空研究開発機構)広報は、無人機で7年間宇宙を旅行した耐熱カプセルの展示が朝に始まる前に約1,800人が並んだと伝えました。

More than 7,000 had visited the first public showing of the capsule by early evening, he said, adding that the space agency expects as many as 50,000 people during the five-day exhibition.
彼は、夕方早く迄に7,000人以上が最初のカプセルの一般展示に訪れ、また宇宙機構が5日間の展示で5万人もの人が訪れると予測していると言いました。

The capsule, which journeyed billions of kilometres (miles), was fired back to Earth in June.
何十億キロ(マイル)を移動したカプセルは、6月に始めて地球に戻りました。

Technical problems had plagued the Hayabusa, which at one stage spun out of control and lost contact with JAXA for seven weeks, delaying the mission for three years until the asteroid and Earth re-aligned.
はやぶさは技術的な問題に悩まされ、一度はコントロールを失い、JAXAと7週間コンタクトできず、惑星と地球が再度整列まで3年間ミッションが遅れる事になりました。

When it finally latched onto the potato-shaped Itokawa asteroid, a pellet-firing system designed to stir up dust malfunctioned, leaving it unclear how much material the probe was able to gather.
ようやくポテトの形をした惑星イトカワに接地した際、ダストを巻き起こすペレット噴射が誤作動し、探査機がどれだけの物質を収集できるかが不明となりました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Scientists hope any dust samples from the ancient asteroid in the capsule could help reveal secrets about the origins of the solar system.
科学者は、カプセルに含まれる古代惑星(イトカワ)のダストサンプルが、太陽系の誕生の秘密を解き明かす鍵になると期待しています。

The space agency has said it found "minute particles" of what it hopes is asteroid dust in the capsule, but it is expected to take months to get the final results of the analysis. The Hayabusa project has generated great excitement in Japan.
宇宙機構(JAXA:宇宙航空研究開発機構)は、カプセル内に惑星ダストを期待される「微量の粒子」を発見したと伝えましたが、分析の最終結果が出るまでには数ヶ月掛かると思われます。はやぶさ計画は、日本を大きに熱狂させました。

"I was so impressed that such a small thing came back to Japan after a seven-year space journey," said one of the visitors. "It is just amazing."
訪れたうちの1人は、「宇宙を7年も移動した後に、このような小さい物が日本に戻ってきた事に感動しました。とても素晴らしいと思います。」と言いました。

NASAの大型観測気球がオーストラリア内陸に墜落

コメント








   


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi