ルイジアナ州:エビ漁解禁、しかし漁は殆どされていない

Shrimping season opens in Louisiana, but few nets go in the water
Mon Aug 16, 3:08 pm ET
By Brett Michael Dykes
Yahoo! News

ルイジアナ州:エビ漁解禁、しかし漁は殆どされていない
With the Louisiana shrimping season officially under way for the first time since the BP oil disaster struck, most Gulf area shrimpers are proceeding with caution ― just four boats from the 1,400-boat fleet that offloads catches at the nation's largest shrimping operation in Grand Isle, La.,ventured in search of shrimp today. Some of those crews reported having to toss back oil-tainted shrimp--confirming some of the fears that have kept many more crews out of Gulf waters.
BPの原油流出事故に襲われて以来、Louisiana(ルイジアナ州)では、初めてのエビ漁解禁が間近になりました、メキシコ湾の殆のエビ漁師は慎重になっています - 国内で最大のエビ漁の漁獲高があるルイジアナ州Grand Isleでは、1,400隻の船団の内僅か4隻がエビを探しに出ました。これらのクルーの何人かは、原油まみれになったエビを海に投げ戻さないといけなかったと報告しました--<メキシコ湾を避けていた多くのクルーの不安を裏付けするものとなりました。


©AP/Patrick Semansky
But fishermen are steering wide of Gulf shrimping for other reasons, too. The mere specter of a health scare surrounding the Gulf catch could drive prices too low for shrimping expeditions to be profitable--and meanwhile, many shrimpers are still working for the BP cleanup operation in the Gulf, netting better pay than they would in their trade, especially in the present climate of economic uncertainty.
しかし漁師がメキシコ湾のエビ漁を行っている理由は他にもあります。メキシコ湾で取れた魚が健康に影響を与える不安から、シーフードの価格が下がりエビ漁遠征が利益にならない可能性があります --その間、多くのエビ漁師が今でもBPのメキシコ湾クリーニング業務を行っています、特に現在の経済先行き不安の中で、彼ら本来の取引よりも純利益をもたらせています。

Dean Blanchard of Grand Isle, Louisiana, owner of the nation's largest shrimp wholesale company, told The Upshot that just the four boats went off in search of shrimp today, as the bulk of the 1,400 or so boats using his docks continued hanging back.
ルイジアナ州Grand Isleの国内最大のエビ卸企業オーナーDean Blanchardは、今日は、エビを探しに僅か4隻だけ出発し、1,400隻前後のボートは引き続きドックに入っている状態とThe Upshot(この記事の引用元)へ伝えました。

And the results weren't all that encouraging for the shrimpers testing the Gulf waters, Blanchard reported. "I heard they're finding oil," he said. "A couple of them are catching shrimp, a couple of them are catching oil. The ones that find oil, they throw the shrimp back in, and they go look for cleaner waters."
メキシコ湾の漁を試しているエビ漁師の結果はどれも勇気づけられるものではありません、Blanchardは、「原油を見つけていると利きました。漁師の2人はエビを捕っており、別の2人は原油を採っています。原油を捕らえた者は、エビを海に戻し、より綺麗な漁場を探します。」

Blanchard told us that there is "some demand" for Gulf shrimp from restaurants and the general public. But many consumers are still anxious about the safety of Gulf seafood ― which means, in turn, many fishermen are worried that there won't be much of a market for their product. If demand stays sluggish, regional seafood prices could dip to the point where crews wouldn't profit from shrimping expeditions. There's also the risk that hard-pressed or unscrupulous shrimping operations could sell contaminated shrimp ― which could do incalculable damage to the appeal of seafood pulled from Gulf waters.
Blanchardは、私達へメキシコ湾のエビは、「いくらかの需要」がレストランと一般からあると伝えました。しかし、多くの消費者は、メキシコ湾のシーフードの安全性についてまだ不安がっています、これは一方で、多くの漁師が商品の市場があまり無いと不安がっている事を意味します。もし需要が停滞すると、地域のシーフード価格が、漁師がエビ漁遠征で利益がでない点まで落ち込む可能性があります。また、資金繰りに困っているエビ業者、悪徳業者が汚染されたエビを販売するリクスもあります --これはメキシコ湾から水揚げされたシーフードをアピールするのに予測不能の損害を与えるおそれがあります。

"If you put bad shrimp on the market ― we in enough trouble now with our shrimp," shrimper Ravin Lacoste told the Associated Press's Cain Burdeau. "You might can go in the closed waters and catch more shrimp. But it ain't worth it."
エビ漁師Ravin Lacosteは、AP通信Cain Burdeauへ「ダーティーなエビを市場に流せば・・・既に私達のエビはトラブルに見舞われています。閉鎖水域へ向かい、より多くのエビを捕まえれるかも知れません。しかしそうする価値はありません。」と伝えました。

Other pressures are keeping shrimpers out of the waters, as well. Some of them are still working for BP's ongoing cleanup and recovery effort, which pays them more than they're likely to earn from Gulf shrimp hauls. So for those shrimpers, the choice to keep their nets dry is a no-brainer.
エビ漁師は他のプレッシャーからも同様に漁を避けています。一部は、メキシコ湾のエビの水揚げで稼ぐよりも支払が良いBPのクリーニングや復旧作業を手伝っています。彼らのようなエビ漁師にとって、網を海に入れないのは難しい選択ではありません。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
In an interview with The Upshot this afternoon, Ewell Smith ― the director of the Louisiana Seafood Promotion and Marketing Board ― acknowledged that the Gulf fishermen will have a more difficult time regaining their footing than their Alaskan counterparts did following the 1989 Exxon Valdez spill.
今日午後のThe Upshot(引用元)とのインタビューで、Louisiana Seafood Promotion and Marketing Board(ルイジアナ水産物販売促進協会)代表Ewell Smithは、メキシコ湾の漁師は、1089年Exxon Valdez原油流出事故(エクソンバルディーズ号原油流出事故)の後の漁師よりも、基盤づくりが困難になると認識していると伝えました。

"In Alaska, with the six o'clock news and the ten o'clock news only reporting on it, it took them five years to recover from it," Smith told us. "And they spent ten million dollars a year for ten years, and that was back twenty-one years ago. So we know that our issue is a lot worse because we're now dealing with a 24-hour news cycle with real time video of a gusher coming up from the Gulf, and that image has been burned in people's imagination across the country. That's a real challenge for us right now."
「アラスカ(アラスカ州)のケースでは、6時と10時のニュースが報告しているだけでした、復旧するのに5年かかりました。彼らは年に1千万ドルを費やし、10年続けました、20年前の事です。今は24時間サイクルとメキシコ湾にある噴出油田の中継映像でやり取りしています、つまり私達の問題はさらに酷いのです、その映像は国中の人の記憶に焼きついています。これが現在の私達の本当のチャレンジなのです。」

Smith said the Louisiana seafood industry has bounced back from adversity before following Hurricane Katrina, when many consumers feared buying seafood from an area with potentially contaminated waters.
Smithは、ルイジアナ州のシーフード産業は、Harricane Katrina(ハリケーン・カトリーナ)の後の(多くの消費者が汚染された水域のシーフード購入を恐れていた)困窮していた時期に戻ったと言いました。

"We got a clean bill of health from the EPA, the FDA, NOAA, the department of health and hospitals in three different states, and even the universities," Smith said. "But it took us two years to overcome that, and that wasn't anything close to an oil pipe that leaked for ninety days or whatever it was."
「私達は、EPA(アメリカ合衆国環境保護庁)、FDA(アメリカ食品医薬品局)、NOAA(アメリカ海洋大気圏局)、3州の保険局と病院、大学からも健康証明書を得ました。しかし、乗り越えるのに2年かかりましたが、パイプラインか何であれ90日間原油が流出した事には程遠いものです。」

One thing, at least, should reassure wavering consumers: The seafood coming out of the Gulf is easily the most closely monitored food product in the country right now, and all tests thus far indicate that it's safe to eat. Smith says this could go a long way toward helping the area fishing industry recover.
少なくとも、悩んでいる消費者が安心出来る1つとして:メキシコ湾から水揚されるシーフードは、国内で最も監視されている食品には間違いありません、また現時点で、全ての検査は食べるには安全という結果がでています。これが漁業産業がリカバリーするのに役立つでしょうとSmithは言います。

"The key is, we need a sustained, ongoing protocol from them," Smith told us. "We know they're testing, but they need to have their records show, in somewhat plain English that people can understand, what the results of those tests mean. They need to report that weekly for us...We need to really to really be able to blow the consumer away with good news. And then upon that, that's the foundation, and then we can go out and build the marketing and the PR around that."
「大事なのは、私達は彼らから持続性ある進行形の手続を必要としているという事です。彼らが検査しているのは知っています、しかし彼らは、人々が理解できる簡単な英語で、これらの検査結果が何を意味するかの記録を開示する必要があります。週毎に私達に報告する必要があります、私達は、真剣に良いニュースを消費者へ発表する必要があります。その後、それに、これを根拠とし、漁に出る事ができ、販売方法を作り上げ、その周辺でPRを行う事ができます。」

But few people, especially those living on the Gulf Coast, seem to be putting any faith in the government's claims that the "vast majority" of the oil in the Gulf is gone. And that means that the regional fishing industry will be stuck with a serious image quandary until Gulf waters look truly safe to most Americans.
特にメキシコ湾沿岸に住む人は、メキシコ湾にある「大部分」の流出原油は消えたとする政府の主張を信じている人は殆どいません。また、これはメキシコ湾の水が殆どのアメリカ人に本当に安全に思える迄、地域の漁業産業が深刻なイメージの苦境に立たされる事を意味します。

"Look, nobody in their right mind believes they sucked all those hundreds of millions of gallons of oil out the Gulf," Blanchard said. "And that's a big problem for us right now."
「良く考えてみてください、正常心のある人であれば、何億ガロンもの原油をメキシコ湾から吸い上げたと信じる者はいません。今、これが私達の抱える大きな問題なのです。」
独占取材:「救命装置がある。」- ケビン コスナーの流出原油除去装置
BP:新しい海底キャップの取り付けを開始
オバマ大統領:原油流出停止をまだ喜ばないように警告
BPサイト:フォトショップを使った偽の危機指令センターの写真
BP:簡素な方法を繰り返した事で訴えられる
BP:救済油田の再開でCEO Haywardが近く引退へ
大連(Dalian):原油流出事故は全て片付いた
海外事件:記事リスト
海外その他:記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi