盲目のウェイターがサービスする暗いレストラン

Blind Waiters Serve Diners in the Dark
Meals at This Restaurant are Served in Complete Darkness; Other Senses Take Over
By SCOTT MAYEROWITZ
Aug. 19, 2010
http://abcnews.go.com/Travel/blind-waiters-serve-diners-dark-restaurant/story?id=11431202

盲目のウェイターがサービスする暗いレストラン
Imagine not being able to see your food. Would the smells be stronger? What would it taste like?
食事が見えない事を想像してみてください。より匂いを強く感じるのでしょうか?どんな感じの味がするのでしょうか?

©Dans Le Noir
食事が見えない事を想像してみてください。より匂いを強く感じるのでしょうか?どんな感じの味がするのでしょうか? アメリカのレストランでもそろそろ分かる時が来るようです。新しいレストランは、食事を完全に真っ暗な状態で提供し、盲目のウェイターがテーブルの間を案内する事を約束しています。
Diners in America might soon get to find out for themselves. A new restaurant is promising to serve meals in complete darkness with blind waiters navigating the pitch-black spaces between the tables.
アメリカのレストランでもそろそろ分かる時が来るようです。新しいレストランは、食事を完全に真っ暗な状態で提供し、盲目のウェイターが真っ暗なテーブル間のスペースを案内する事を約束しています。

"You taste the food like you never tasted it before," said Edouard de Broglie, the man behind the restaurant Dans le Noir -- French for "in the black."
フランス語で「暗い中」の意味を持つDans le Noirレストランを仕掛けているEduard de Broglieは、「今までに食べたことが無いように味わいますよ。」と言いました。

When sight is eliminated, the other senses grow more intense.
視覚が除去された場合、他の感覚が劇的に感度が高くなります。

"People realize they are a bit handicapped with their nose and tongue," de Broglie told ABC News.
「鼻と舌でハンデを負っているように思います。」de BroglieはABC Newsへ伝えました。

A restaurant, Blinde Kuh, was opened in Zurich in 2000 by a foundation for blind people. It was followed by another in Berlin. Dans le Noir became the first such privately-run restaurant in 2004 when its Paris location opened. It expanded to London and Moscow in 2006 and Barcelona in 2009. (There have also been temporary restaurants for special events in Warsaw, Bangkok and Geneva.)
盲目の人達の財団によりBlinde Kuhというレストランが2000年にZurich(チューリッヒ)でオープンしました。その後、Berlin(ベルリン)でオープンしました。Dans le Noirは、2004年にParisでオープンした時に、個人が運営する最初のその類のレストランとなりました。2006年にはLondon(ロンドン)とMoscow(モスクワ)、2009年にはBarcelona(バルセロナ)へ展開しました。(特別なイベント用に一時的にWarsaw(ワルシャワ)、Bangkok(バンコク)、Geneva(ジュネーヴ)でレストランがオープンした事はあります。)

Now a New York restaurant is slated to open at the end of this year or early next year, depending on when it gets necessary permits. The restaurant just passed its first hurdle by getting a liquor license.
今では、New Yorkのレストランが、必要許可をいつ取得するかに依りますが、今年末若しくは来年初頭にオープンする予定です。レストランは、最初のハードルである酒類販売許可証取得をパスしました。

"If it is a success in New York, we will try to go to other cities," de Broglie said. "It's a big country."
「もしニューヨークで成功なら、他の都市へも行ってみます、大きい国ですから。」de Broglieは言いました。

A handful of other restaurants in America do offer so-called dark dining, including CamaJe Bistro in New York which uses blindfolds and the Opaque restaurants in San Francisco, Los Angeles and San Diego which have darkened rooms and blind wait staffs.
アメリカには、片手に余る他のレストラン(目隠しを使うニューヨークのCamaJe Bistro、部屋く暗くし盲目のウェイタースタッフがいるSan Francisco(サンフランシスコ)、Los Angeles(ロサンゼルス)とSan Diego(サンディエゴ)のOpaqueレストランを含む)がダークダイニングと呼ばれるものを提供しています。

The dining experience starts in a room -- with lights -- where diners read a menu and make their meal selections. But don't think you are picking specific dishes. No, here the international menu with a French influence is a surprise. Pick meats, fish, vegetarian or a complete surprise tasting menu and warn the kitchen of any allergies. That's it. Without sight, the flavors and smells -- even the varying temperatures of the plates -- mix together to make a unique experience.
ダイニング体験は明かりの付いた部屋でスタートします、そこでメニューを見て食事を選びます。しかし、特定の食事を選んでいると思わないでください。ここでは、フランスの影響を受けた国際的メニューはありません。メインディッシュ、魚、ベジタリアン、または全く珍しい味のするメニューを選択し、キッチンへアレルギー等を伝えます。それだけです。視覚がない状態で、味と匂い(お皿の温度によっても変わる)の組合わせが重なりとても面白い体験となります。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
Dark Dining
To keep the dining room completely dark, after placing their orders, patrons are asked to place all potential sources of light including watches, cell phones and cameras in lockers in the reception room. They are then led into a pitch-black dining room and seated at big communal tables.
ダークダイニング
ダイニングルームを完全に暗くする為に、時計、ケータイ、カメラ等の明かりの元になる可能性のあるもの全てを受付にあるロッカーに入れられるように求められます。その後、真っ暗なダイニングルームへ案内され、共用のテーブルに案内されます。

Eating in the dark might be a bit of a challenge but de Broglie said that people quickly learn to use their other senses. Hearing, touch and smell take over where people normally rely on sight.
暗い中で食事する事は大変かも知れませんが、de Broglieは、人は他の感覚を使う事を素早く学習すると言いました。聴覚、感覚、嗅覚が、通常は視覚が行う事を補います。

To get food to your tables, the restaurant employs blind waiters. While that might seem counterintuitive, the blind staff is used to walking around in the dark and are best able to navigate the restaurant and assist diners.
食事をテーブルに運ぶのに、レストランは盲目のウェイターを雇います。相入れないように思えますが、暗い中で歩き慣れている盲目のスタッフは、レストランの案内とお客さんのアシストをベストに行うことができます。

That means that anybody eating there has to put a lot of trust into the staff. Want to use the bathroom in the middle of your meal? The staff will escort you from your table. Otherwise you are likely to bump into something or somebody else.
食事している人誰でも、スタッフを信頼しなくてはなりません。食事の最中に化粧室へ行きたい?スタッフはテーブルから案内します。そうでなければ、何かにぶつかることになるでしょう。

There's more to the restaurant than food -- de Broglie said it creates "a really interesting social experience."
レストランには、食事以外のものもあります --de Broglieは「とても興味深い社交的な経験です。」

Since all diners sit a large communal tables, he said "it is impossible not to talk to your neighbor."
食事する人全員が大きな共有テーブルに座ります、「隣の人と話をしないのは不可能です。」と彼は言いました。

But of course, you are in the dark, making conversation a bit different too.
しかし、当然ですが暗い中にいるので、会話が多少違ってくるのです。

"Since you don't see them," de Broglie adds, "you don't have a preconceived notion of who they are."
「彼らが見えないので、彼らが誰であるかの先入観がないのです。」de Broglieは言いました。

ニューヨーク市:レストランで衛生度の表示が必要に

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi