Ozzyとステージで演奏した10歳の神童

10-Year-Old Shredder Takes The Stage With Ozzy
Posted Thu Aug 26, 2010 2:26pm PDT by Caryn Ganz in Stop The Presses!
Y! Music

Ozzyとステージで演奏した10歳の神童
Ozzy Osbourne has performed with a huge list of musical giants: He jammed with Metallica at last year's Rock and Roll Hall of Fame anniversary concert in New York, sang for Slash on the guitarist's recent solo disc, and even hooked up with the Wu-Tang Clan for a track on his greatest hits "Bible of Ozz." But the Prince of Darkness's latest - and most pint-sized - collaborator is one of his most intriguing yet: 10-year-old Japanese guitar prodigy Yuto Miyazawa.
Ozzy Osborne(オジー・オズボーン)は、多くの著名ミュージシャンとパフェーマンスを行ないました:彼はニューヨークで昨年のRock and Roll Hall of Fame(ロックの殿堂)記念祭でMetallica(メタリカ)とグループ演奏を行ないました、ギターリストSlash(スラッシュ)の最近のアルバムで歌いました、また彼のベストアルバム「Bible of Ozz」の1トラックでWu-Tang Clan(ウータン・クラン)とコラボさえしました。しかし、Prince of Darkness(直訳:暗黒の王子)、彼の中で最も面白そうで最新、且つ最小の人でコラボを行ったのは、10歳の日本人ギターの神童Yuto Miyazawa(宮澤佑門)です。
Miyazawa recently joined Osbourne on the singer's six-date summer Ozzfest tour, performing the classic "Crazy Train" alongside Ozzy and his band. Blabbermouth tracked down footage from the August 21 show in Hartford, Connecticut, where Miyazawa did an awe-inspiring Randy Rhoads impression: He wailed on the same black-with-white polka-dotted flying-V guitar Rhoads was known to use - and Ozzy even hoisted the young guitarist into the air (around the three-minute mark) to replicate the cover of the song's 1987 live single. On his Twitter account, Miyazawa linked to a snapshot of himself shredding on Ozzy's shoulder, adding, "I like this photo!"
つい最近、MiyazawaはOsbourneの夏のOzzfest(オズフェスト)6日ツアーで一緒し、Ozzyと彼のバンドと一緒によく知られた「Crazy Train」を演奏しました。Blabbermouth(ヘビーメタル、ハードロック情報サイト)は、コネチカット州Hardford(ハートフォード)で8月21日に行われたショーでRandy Rhoads(ランディ・ローズ)を思い出させるようなMiyazawaの映像を見つけました。彼は、Rhoadsが使うことで知られていた黒に白の水玉模様でV字型のギターを鳴らし、Ozzyは、その歌の1987年のカバーを真似るように若いギタリストを持ち上げさえもしました。(約3分の時点)Miyazawaは彼のTwitterアカウントで「この写真が好きだ!」とOzzyの肩に乗っているスナップショットをリンクしました。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
The young guitarist made a splash on the 2010 Ozzfest tour, but this wasn't the first time he'd played alongside the metal legend: Last year, he joined Ozzy at BlizzCon in Anaheim, California, where Osbourne introduced him by saying, "You've got to check this [expletive] guy out!" Miyazawa met Osbourne after performing "Crazy Train" on "The Ellen DeGeneres Show" in May 2009, when Osbourne emerged from backstage to shake his hand, totally stunning Miyazawa. The prodigy returned to DeGeneres's show in May 2010 with his power trio to perform Black Sabbath's "Paranoid" (which he sang in an adorably pre-pubescent squeak).
若いギタリストは、2010年Ozzfest(オズフェスト)ツアーを沸かせました、しかしこれは、著名メタルと演奏した最初ではありません:昨年、彼はOzzyが彼を「この(罵倒言葉)ガイを見てくれ!」と紹介したカリフォルニア州Anaheim(アナハイム)のBlizzconでOzzyと共演しました。Miyazawaは、2009年に「Crazy Train」を演奏した「Ellen DeGeneres Show(エレン・デジェネレス・ショー)」でOsbourne(オジー・オズボーン)がバックステージから握手する為に現れた時にOsbourneと会いました。この神童は、2010年にDeGeneresのショーに再登場し、パワフルなトリオでBlack Sabbath(ブラック・サバス)の「Paranoid」を演奏しました(彼はこの曲をほれぼれするような思春期前の甲高い声で歌いました。)

The mostly self-taught 10-year-old started playing guitar at age 3, and he's obviously devoted much of his short life to his Ozzy obsession - he rehearsed for Ellen's show by running through "Mr Crowley," another track off the 1980 album "Blizzard of Ozz." He's appeared on "Late Night With Conan O'Brien," shredded at Connecticut's Gathering of the Vibes festival, and jammed with legendary guitarist Les Paul on a 2008 trip to the U.S. According to his official bio, he's also a big fan of Metallica, Eric Clapton, and Kiss. At age 8, Miyazawa was named the youngest professional guitar player on the planet by the "Guinness Book of World Records."
殆を独学で覚えたこの10歳は、ギターを3歳の時に始めました、また、幼い人生経験の多くをOzzy熱へ捧げている事は明白です - 彼はEllenのショーのリハーサルを1980年のアルバム「Blizzard of Ozz」の別の曲「Mr. Crowley」の演奏で行ないました。彼は、「Late Night With Conan O'Brien(レイト・ナイト・ウィズ・コナン・オブライエン)」に出演し、Connecticut州のGathering of the Vibesフェスティバルで才能を見せ、伝説的なギタリストLes Paul(レス・ポール)の2008年アメリカツアーで協奏しました。公式のプロフィールによると、彼はMetallica(メタリカ)、Eric Clapton(エリック・クラプトン)、Kiss(キッス)の大ファンです。8歳で彼は、地球上で最も若いプロのギタリストとして「Guiness Book of World Records(ギネス・ワールド・レコーズ)」に書かれました。

Osbourne was actually recently in the market for a new guitarist for his solo band. After working with Zakk Wylde on several albums and tours since the 1980s, the singer decided he "wanted a change" and hired Greek shredder Gus G. The late Rhoads, who worked with Ozzy starting in 1979, died in a small-plane crash in 1982. In July, Osbourne resolved a lawsuit with Black Sabbath guitarist Tony Iommi over rights to the band's name. As for whether he'd ever reunite with Iommi and the rest of the group, Ozzy has stated, "Never say never."
実際にOsbourneは、最近彼のソロバンドに新しいギタリストを最近探していたのです。1980年以降、Zakk Wyldeと複数のアルバムやツアーで一緒した後に、シンガー(Osbourne)は、「変化を求めたい」として、ギリシャ人ギタリストGus G(ガス・G)を雇いました。1979年からOzzyと一緒していた今は亡きRhoads(ランディ・ローズ)は、1982年の小型飛行機事故で亡くなりました。7月に、Osbourneバンド名の権利を争っていたBlack Sabbath(ブラック・サバス)のギタリストTony Iommi(トニー・アイオミ)との裁判を解決しました。Iommiや他のグループメンバーと再結成するかについて、Ozzyは「何が起こるか分からない」と伝えています。



コメント








   


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi