Toyota:Saylor氏の事故訴訟で和解

Toyota settles suit over Saylor car crash
Ken Bensinger
September 17, 2010|6:49 p.m.
http://www.latimes.com/business/autos/la-fi-toyota-lawsuit-20100918,0,2643489,full.story

Toyota:Saylor氏の事故訴訟で和解
The fatal crash near San Diego last year drew national attention to sudden acceleration in its vehicles and led to huge recalls. The settlement leaves out co-defendant Bob Baker Lexus dealership.
昨年San Diego(サンディエゴ)近郊で発生した死亡事故は、国中が突然加速する車両に注目し、大規模リコールに繋がりました。和解には、被告の1人であるLexus(レクサス)ディーラーBob Bakerは含まれていません。

©Detroit Free Press, MCT / February 22, 2010
2009年8月28日San Diego郊外で、非番のCHP(カリフォルニア ハイウェイ パトロール-アメリカ合衆国の警察)警官Mark Saylorの2009年Lexus ES350(レクサス・ES)の悲惨な事故は、Saylor氏、夫人、娘と義理の兄弟が亡くなり、Toyotaがアクセルペダルが引っかかるとしたフロアーマットを交換する380万台のリコールをする事になりました。
Toyota Motor Corp. has quietly settled a high-profile lawsuit over a fatal crash near San Diego last year that drew national attention to sudden acceleration in its vehicles and led to massive recalls and an unprecedented apology from its president.
Toyota Motor Corp.は、昨年San Diegoで発生し、国中の注目を浴び、大規模リコールと前代未聞の社長の謝罪に繋がった突然加速車両で注目される死亡事故の訴訟で静かに和解しています。

The automaker revealed the settlement in a letter to a California Superior Court judge, but declined to provide any details of the terms, which it is seeking to keep confidential.
自動車メーカー(Toyota)は、California Superior Court(カリフォルニア州郡上位裁判所-州裁判所 (アメリカ合衆国))裁判官への書面で和解について記載しましたが、機密扱いを望むToyotaは詳細や条件についてのコメントを拒みました。

By getting the case off its growing plate of legal woes, Toyota can focus on an aggressive strategy to fend off lawsuits with less dramatic evidence, many of which point to potential electronic problems in vehicles.
増大する法的苦痛から、この事件を解決する事で、Toyotaは、印象的証拠がより少ない事件を積極的に払いのける事に集中することができ、これらの多くは車両の電子的な問題の可能性を指摘しています。

But the settlement has left out co-defendant Bob Baker Lexus, a move by the automaker that could set the stage for a potentially bloody fight with its own dealers over who is to blame for sudden acceleration incidents.
しかし、和解には、共同被告人であるBob Baker Lexusは含まれておらず、この自動車メーカーの動きは、突然の加速事故で誰を非難するか、自信のディーラーと血みどろの争いになる可能性があります。

"Toyota has sought to protect only its own interests. They decided to cut out their own dealer," said Larry Willis, attorney for Bob Baker Lexus, which lent the ill-fated Lexus ES to California Highway Patrol officer Mark Saylor in August 2009.
2009年8月にCalifornia Highway Patrol警官Mark Saylorへ不運のLexus ES350を貸しだしたBob Baker LexusのLarry Willis弁護士は、「Toyotaは自分の利益になる事だけを守りました。自分たちのディーラーを除外すると決めたのです。」と言いました。

Saylor was killed, along with his wife, Cleofe Lastrella, 13-year-old daughter, Mahala, and brother-in-law Chris Lastrella, when the sedan sped out of control and crashed over an embankment.
セダンがスピードを出し、コントロール不可能になり、土手にクラッシュし、Saylorは、Cleofe Lastrella夫人、13歳の娘Mahala、義理の兄弟Chris Lastrellaと共に亡くなりました。

Investigators said the crash may have been caused by an improperly installed floor mat, but Willis argues that the floor mat was not the problem. He said the accident could have been caused by an inherent defect in the car's electronics.
捜査官は、事故は不適切に置かれたフロアーマットが原因かも知れないと言いましたが、Willisはフロアーマットは問題ではないと反論しています。彼は、事故は車両にある固有の電子的欠陥による可能性があると言いました。

The suit, filed by Saylor's parents along with the parents of his wife and brother-in-law, was considered by far the strongest among the hundreds of sudden acceleration cases brought against Toyota in the last year.
夫人と義理の兄弟の両親と共にSaylorの両親が提訴した訴訟は、昨年Toyotaを相手にした数百の突然加速の事件の中では、群を抜く強さの事件と考えられていました。

"Until they got rid of this case, it was going to be something everyone pointed at Toyota for," said Don Slavik, an attorney representing plaintiffs in sudden acceleration cases filed against the automaker in both federal and state court. "Now they're going to argue this was the dealer's fault alone and their cars aren't defective."
自動車メーカーを相手にした突然加速事件で州と連邦裁判における原告代理人Don Slavik弁護士は、「彼らがこの事件を解決するまで、Toyotaはこの件で皆に言われるでしょう。今は、これはディーラー単独の責任で、車は欠陥ではないと議論するでしょう。」と言いました。

Bolstered by a 911 recording of the victims screaming "there's no brakes!" moments before a fiery death, the accident set off a chain of events leading to congressional hearings, multiple federal investigations and record fines against the automaker.
痛々しい死亡事故の直前に「ブレーキが効かない!」と911番(日本で言う119番)で叫び支持を得た事故は、自動車メーカーへの国会聴衆、複数の連邦捜査、記録的罰金につながる一連の出来事のきっかけとなりました。

On Monday afternoon, Toyota is expected to file motions with Superior Court Judge Anthony J. Mohr in Santa Ana disclosing the settlement and requesting that its details be kept confidential, Willis said.
Willisは、月曜日の午後、ToyotaはSanta Ana(サンタアナ (カリフォルニア州))にあるSuperior Court裁判官Anthony J. Mohrへ和解を申請し、詳細については非開示とするよう求めると見られていると言いました。

"Toyota and the Saylor and Lastrella families reached an amicable agreement in mediation that fully resolves their product liability claims against Toyota," the automaker said in a statement Friday.
金曜日の発表で、自動車メーカーは「Toyota、Saylor及びLastrellaファミリーは、Toyotaに対する製品の製造責任を全て解決する友好的和解に合意しました。」と伝えました。

Court filings indicate that Toyota and the plaintiffs negotiated a settlement in early June.
裁判所への(書類)提出は、Toyotaと原告が6月前半に交渉していたことを示しています。

Willis said that because the terms of the Saylor settlement could have a material effect on the outcome of his client's defense, he will oppose the request for confidentiality.
Willisは、Saylorの和解が、彼のクライアントを防衛するうえで重大な影響がでる可能性があり、非開示申請については反対すると言いました。

"Our concern is that the dealership's interests have not been protected by Toyota," he said.
「私達の心配は、ディーラーの利益がToyotaによって保護されていないと言うことです。」彼は言いました。

An individual involved in the mediation and who asked for anonymity said the plaintiffs had requested a $10-million settlement.
匿名を条件に、和解に参加した個人は、原告は1千万ドルを和解で求めたと言いました。

The automaker still faces dozens of other personal injury suits in that courtroom, as well as federal personal injury suits and claims for economic damage that have been consolidated in a U.S District Court in Santa Ana. Many of the other suits name Toyota dealers as co-defendants.
自動車メーカーは、依然として、連邦裁判所の個人負傷事故やSanta AnaのU.S District Court(アメリカ合衆国連邦裁判所)で経済損失補填の訴えと同様に、法廷で他の数十の負傷事故訴訟に直面しています。他の多くの訴訟もToyotaディーラーを共同被告人として記載しています。

This week, Toyota filed a motion to dismiss hundreds of the federal complaints seeking class action status on grounds that they failed to identify a single electronic defect that could cause sudden acceleration.
今週、Toyotaは、クラスアクション(集団訴訟)認定を求める数百の連邦訴訟に対し、突然加速の原因となった電子欠陥の特定が1つもされていない事を理由に却下の申請を行ないました。

Tim Pestotnik, an attorney for the Saylor and Lastrella families, declined to comment on the settlement and would not discuss his plans for the suit against Bob Baker Lexus. John L. Saylor, father of Mark Saylor, said he could not discuss settlement negotiations.
SaylorとLastrellaファミリーのTim Pestotnik弁護士は、和解についてのコメントを拒み、Bob Baker Lexusへの訴訟の作戦についても話をしません。Mark Saylorの父、John L. Saylorは、和解の交渉について話せないと言いました。

[PR]
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
According to Willis, the plaintiffs' claim of negligence against Bob Baker Lexus has not been dropped.
Willisによると、原告のBob Baker Lexusに対する怠慢の件は取り下げられていません。

Aaron Jacoby, a Los Angeles attorney specializing in representing dealerships, said it was rare for dealers and automakers to break ranks in litigation in which both are defendants.
ディラーの代理に特化したLos Angeles(ロサンゼルス)のAaron Jacoby弁護士は、自動車メーカーとディーラーの両名が被告となっている場合に、組織内で反対になるのは稀と言いました。

"There is usually a standard of cooperation, but Toyota is not fighting just one case. There is a lot of money at stake," Jacoby said. "It absolutely means that other dealers should be very careful going forward."
「通常は、協力が見られるのですが、Toyotaは係争を1つだけ抱えているのではありません・多額のお金が掛かっているのです。他のディーラーも前に進むのに慎重にならざるを得ないのは間違いありません。」Jacobyは言いました。

Toyota has roughly 1,200 dealers nationwide.
Although hundreds of sudden acceleration complaints and multiple federal investigations of the phenomenon had been logged before Aug. 28, 2009, it wasn't until the Saylor crash that the issue took on national significance.
Toyotaは国内に約1,200のディーラー
数百もの突然加速の主張と複数の事象に関する連邦捜査の記録が2009年8月28日以前にありますが、Saylorの事故で国中が注目されました。


Saylor, 45, had taken his Lexus to the dealership for servicing and was lent a Lexus ES. Shortly thereafter, the car accelerated out of control on the suburban San Diego freeway, eventually crashing into a sport utility vehicle and over an embankment, bursting into flames.
Saylor(45)は、彼のLexus(レクサス)を修理点検の為にディーラーへ持ち込み、Lexus ESを貸し出されました。その後間もなく、San Diego(サンディエゴ)のフリーウェイで車は加速し、コントロールを失い、最後にはSUVに衝突し、土手を超えて、炎上しました。

The occupants' panicked cries for help were captured on a 911 call that was replayed around the country and set off alarm bells within Toyota.
車内に居た人達はパニックに陥り、ヘルプを求め911(日本の119番)に電話したものが録音され、それが国内でリプレイされ、Toyota内部で警鐘を鳴らしました。

Three days after the accident, an internal Toyota e-mail warned of repercussions from regulators because of the accident, on grounds that in the U.S., "killing a police officer means the death penalty." That e-mail was filed in federal court last month.
事故から3日後、Toyota内部のメールは、アメリカ国内で、「警察官を死亡させるのは死刑」を理由に、事故による立法者からの影響を警告しました。先月、その電子メールは連邦裁判所に提出されました。

Less than a month later, Toyota announced the first of what would become a string of recalls, for 3.8 million Lexus and Toyota vehicles with floor mats that it claimed could be entrapped by the accelerator pedal. Since then, Toyota has issued more than 7 million additional recall notices.
その後1ヶ月も経過しないうちに、Toyotaは一連の380万台のリコールとなるLexusとToyotaの車両をフロアーマットがアクセルペダルに引っかかる恐れがあることを理由にリコールしました。それ以降、Toyotaは700万台以上のリコール通知を追加で発表しています。

An investigation by the California Highway Patrol found that the wrecked sedan had floor mats from a Lexus SUV, which were larger and increased the chances of pedal entrapment. In addition, the report showed that the dealership had only days earlier received a complaint from another customer about sudden acceleration in the same vehicle because of a sticking mat.
California Highway Patrol(カリフォルニア ハイウェイ パトロール)による捜査で、事故にあったセダンは、より大きくアクセルペダルに引っかかる可能性の高いLexusのSUVのフロアマットが使用されていた事が分かりました。更に、報告によるとディーラーは、僅か数日前にフロアマットが突っかかり、突然加速が同じ車両で起こると顧客の1人からクレームを受けていたのです。

The report, released in December, suggested that the mat probably was the cause of the accident, but because the fire damage was so severe, an electronic or mechanical problem could not be excluded.
12月にリリースされた報告書は、事故の原因はフロアマットであると思われることを示していますが、炎上による損傷が著しい為、電子的もしくは機械的な問題を除外する事はできませんでした。

Meanwhile, the Saylor accident had become the focal point of a growing outcry over Toyota's sudden acceleration problems.
そうする間に、Saylorの事故が、声が大きくなっているToyotaの突然加速問題に対する議論の中心となりました。

The furor reached a peak in late February, when Fe Lastrella, mother of victims Cleofe and Chris, broke down in tears during a congressional hearing just hours after Toyota President Akio Toyoda testified that he was "deeply sorry" for accidents in Toyota vehicles.
CleofeとChrisの母、Fe Lastrellaが、Toyota代表Akio Toyodaが国会聴衆でToyota車両の事故について「深くお詫び申し上げます」と証言した数時間後に泣き崩れた2月後半に騒動は頂点に達しました。

The next week, the Saylor and Lastrella families filed suit against Toyota in California Superior Court, seeking compensation from Toyota and the dealership for their loss. In the spring, the dealership filed a cross-complaint against Toyota, arguing that the automaker should be liable for any defects inherent in the vehicle.
翌週、SaylorとLastrellaファミリーはCalifornia Superior Courtで、Toyotaとディーラーを相手に損失の補填を求め訴訟を起こしました。春には、ディーラーが、自動車メーカーは車両固有の欠陥についての責任を負うと反論し、Toyotaに対し交差請求しました。

By excluding Bob Baker Lexus from the settlement, Toyota appears to be taking the position that the fault in the accident lies entirely with the dealership for putting in the wrong floor mat.
Bob Baker Lexusを和解に含めない事で、Toyotaは、事故の全ての責任は不適切なフロアーマットを付けたディーラーにあるという立場を取っているように思います。

Last fall, Toyota argued that there is no problem with its cars so long as the mats are correctly installed, a posture that has been criticized by Congress and the National Highway Traffic Safety Administration. That agency took the unusual step last November of rebuking Toyota for alleging that "no defect exists" in its vehicles.
昨年秋、Toyotaは、フロアーマットが正しく装着されている場合に限り、車両に問題はないと反論しました、国会とNational Highway Traffic Safety Administration(NHTSA:アメリカ運輸省幹線道路交通安全局)から非難された姿勢です。当局は、Toyotaが自社の車両に「欠陥は存在しない」と主張した件に対し、普通ではないステップでToyotaを叱責しました。

Willis argues that the floor mat could not have caused the accident because the incident was of such long duration, nearly two minutes, that Saylor would have been able to free the mat. Allying himself, surprisingly, with many of Toyota's critics, he instead argues that the problem was electronic in nature.
Willisは、事故が長く2分近くも継続し、Saylorはフロアーマットを戻す事が可能だった事を理由に、事故はフロアーマットが原因ではないと議論しています。驚く事に、多くのToyota批判家と連携し、代わりに問題は実際に電気的なものと議論しています。

What's more, he said, the vehicle lacked a brake override, a safety feature that Toyota had discussed implementing a full two years before the Saylor crash, but decided against. This year, Toyota said it would install brake override on all its vehicles in the future.
それに加え、ToyotaがSaylorの事故の完全に2年前、実装する事を話していたが実装しないと決めたブレーキオーバーライドが車両には無いと彼は言います。今年、Toyotaは全ての車両にブレーキオーバーライドを将来実装すると伝えました。

"We view this as 100% a problem of the design of the vehicle," Willis said.
Willisは、「これが、車を設計するうえで100%問題と見ています。」と言いました。

Jacoby, the attorney for dealers, said he was worried that Toyota's decision to leave Bob Baker Lexus out in the cold could have ramifications beyond the courtroom.
ディーラー弁護士のJacobyは、ToyotaがBob Baker Lexusを冷遇する決定をした事が、法廷外の問題へ派生するか不安だと言いました。

"The bigger problem for Toyota is an image problem," he said
「Toyotaのより大きな問題は、イメージの問題です。」彼は言いました。

ken.bensinger@latimes.com
Copyright © 2010, Los Angeles Times
トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)
Runaway Toyotas記事一覧

コメント








   


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi