大学マーケティングの素晴らしい時代:Drake Universityの "D+" キャンペーン

Great moments in collegiate marketing: Drake University’s ‘D+’ campaign
Fri Sep 3, 12:47 pm ET
By Brett Michael Dykes
Yahoo! News

大学マーケティングの素晴らしい時代:Drake Universityの "D+" キャンペーン
If you were going to spend tens of thousands of dollars on a higher education, would you want the end result to be known as a "D+" education? Probably not.
高等教育に何万ドルも費やすなら、結果として "D+" として知られる事を求めるでしょうか?
※成績の高いA(5)からB(4) - C(3) - D(2) - E(1)のDの上という意味のD+

©Drake University
And therein lies the problem some have with Drake University's new marketing campaign. Touting the ways it can help students "be transformed by an experience that puts opportunity into action and gives purpose to your passion," the Des Moines, Iowa-based school has elected to dub its added pedagogic value the "D+ Advantage" campaign. The tagline for the promo campaign: "Your passion + our experience."
その部分でDrake University(ドレイク大学)の新しいマーケティングキャンペーンが一部の人に問題となります。Iowa(アイオワ州)Des Moines(デモイン)拠点の学校が選択した宣伝は、付加教育価値を表す「D+ Advantage」キャンペーン「チャンスを行動に移す経験と、熱意に目的をもたらし」学生を支援するというものです。プロモーションキャンペーンのうたい文句は:「あなたの熱意 + 私達の経験」です。

Of course, as many Drake faculty, students and alumni have pointed out, D+ is universally synonymous with sub-par academic performance. As Ad Week's Tim Nudd noted, the campaign "seems to position Drake as a school whose standards barely exceed total failure."
勿論、Drakeの多くの教授、学生と卒業生が指摘するようにD+は、平均以下の成績と同意語です。Ad Week社のTim Nuddは、キャンペーンは「Drakeは、落第を殆ど超えることがないのが基準の学校のように思われてしまう。」と指摘しました。

[PR]
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
However, Drake officials are standing by the D+ campaign -- which college officials crafted with outside PR contractors. Defenders of the ad blitz described it as "edgy and intriguing" in a letter to faculty and staff this week. The letter explained that the campaign "was designed to catch the attention of high school students who are bombarded with college and university materials to the point that they are often in information overload and unable to differentiate among the many institutions that have contacted them." The letter didn't explain just why an educational institution would want to attract a corps of students lacking the ability to distinguish among institutions of higher learning, but that presumably is the research domain of an equally edgy focus-group team.
しかしながら、Drake(ドレイク大学)側はD+キャンペーンに付いています --キャンペーンは職員が外部のPR業者と創りました。広告の戦略を防衛する側は、今週、教授や職員に宛てた書面で「エッジが効いて興味深いもの」と説明しました。書面には、キャンペーンは「短大や大学から、情報攻撃を受け、情報過多によりコンタクトしてきた学校の区別が付かない点にまで至った高校生の注意を引く事を目的としている」と説明されています。その書面には、何故、教育機関(Drake University)が、高等教育機関を他の機関と区別出来ないグループの注意を引きたいかについては説明がありません、しかし、同等に際立つフォーカスグループが調査分野だったと推測されます。

One thing seems clear: When you see the outsize D-plus logo on the Drake homepage above, it's hard to quarrel with the basic analysis laid out by the Awl's Katjusa Cisar: "The marketing team that dreamed up Drake University's latest campaign, 'The D+ Advantage,' got so carried away by an apparent allusion to positively charged molecules that it thought it could either ignore or, alternately, capitalize on one obvious fact: the logo is the grade for pathetically under-average schoolwork, a D-plus."
明らかに思える事が1つあります:上にあるDrakeのサイトにある大きなサイズのDプラスのロゴを見たとき、Awl's Ktjusa Cisarの初期分析に反論するのは難しいでしょう:「Drake Universityの一番新しいキャンペーン "The D+ Advantage" を夢見たチームは、プラスに帯電した分子に無我夢中になり、1つの明らかな事実:ロゴは哀れな程に学業の成績が平均以下D+を表す事を、無視できるもしくは置き換えれると思ったのでしょう。」と言いました。

引用元の記事を見ると、コメント数が2,000件以上あります。中には宣伝としては記事にもなり成功したのでは?と言う意見もあれば、D+は流石にないだろうという意見もあります。マーケティングにも色々と手法があると思いますが、これはかなりの賭けのような気がします。

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi