BP:油田は殆ど消滅、しかし災害は終わっていない

BP's oil well near death, but disaster is not over
By HARRY R. WEBER, Associated Press Writer – Sat Sep 18, 6:18 pm ET
http://news.yahoo.com/s/ap/20100918/ap_on_bi_ge/us_gulf_oil_spill

BP:油田は殆ど消滅、しかし災害は終わっていない
ON THE GULF OF MEXICO – The impending death of BP's blown-out oil well will bring one piece of the catastrophe that began five months ago to an anticlimactic end ― after all, the gusher was capped in July.
メキシコ湾:近々消滅するBPの爆発した油田が、5ヶ月前に発生した壊滅的災害の一部を予想はずれに終わらせそうです、結局のところ、噴出油田は7月に締められたのです。

©AP Photo/Gerald Herbert
2010年9月18日(土)ルイジアナ州沿岸 - セメント注入が完了した日
救済抗を掘削し、掘削装置Deepwater Horizonの源、Macondo Well(Macondo油田)にセメントを流し込んだThe Development III。
This, though, is an important milestone for the still-weary residents of the Gulf Coast: an assurance that not so much as a trickle of oil will ever seep from the well that already has ruined so much since the disaster first started. The tragedy began April 20, when an explosion killed 11 workers, sank a drilling rig and led to the worst offshore oil spill in U.S. history.
しかし、これは、今でもうんざりしているメキシコ湾の住民には重要な1つの節目です:最初に災害が発生して以来、既に多くを台無しにした油田から、あまり多く原油が漏れない確信です。爆発により作業員11人が亡くなり、掘削装置を沈没させ、アメリカ史上最悪の原油流出事故となった悲劇は、4月20日に始まりました、

Crews had already pumped in cement to seal the well from the bottom, and officials said Saturday it had set. Once a pressure and weight test was finished, officials expected to confirm that the well is permanently plugged. That was expected to occur late Saturday, but an announcement may not come until Sunday.
作業員は、既に油田下部からセメントを流しこみました、また土曜日に職員は、設置完了と伝えました。圧力と重量検査が終了すれば、職員が油田は永久に栓がされた事を確認すると見られています。それが土曜日の遅くに行われると見られていました、しかし発表は日曜日まで行われないかも知れません。

People who rely on the Gulf of Mexico and its coastline for their livelihoods, though, know the disaster is far from over. They are left to rebuild amid the businesses destroyed by once-oil-coated shorelines and fishing grounds that were tainted by crude. Even where the seafood is safe, fishermen struggle to sell it to consumers fearful that it's toxic. News that the blown-out well would soon be dead brought little comfort to people like Sheryl Lindsay, who owns Orange Beach Weddings, which provides beach ceremonies on Alabama's coast.
しかしながら、生活手段をメキシコ湾とその海岸に委ねている人達は、災害が終わるには程遠い事を知っています。彼らは、一度油に表面を覆われた海岸や原油で汚れた漁場ビジネスを再建する渦中です。シーフードが安全とされる場所でも、漁師は、毒性があると怖がる消費者への販売で苦戦しています。Alabama(アラバマ州)の海岸にあるOrange Beach WeddingのオーナーSheryl Linseyのような人には、爆発した油田が近々消滅するというニュースは、殆ど安らぎにはなりません。

She said she lost about $240,000 in business as nervous brides-to-be canceled their weddings all summer long and even into the remainder of the year. So far, she has only received about $29,000 in BP compensation.
彼女は、結婚を間近に控え、不安がる女性が夏期の結婚式全て、今年の残りさえもキャンセルし、約24万ドルの損失が出たと言います。現在まで、彼女はBPの補償で29,000ドルしか受け取っていません。

"I'm scared that BP is going to pull out and leave us hanging with nothing," Lindsay said.
「BPが撤退し、何も無い状態で私達を放置する事を恐れています。」Lindsayは言いました。

[PR]
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜続き〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

©AP Photo/Dave Martin
20109月14日の写真:
アラバマ州Bayou La Batreで何もしていないエビ漁船、メキシコ湾原油流出事故の影響で最も怖れられているのは、コスト対失敗です。とても影響を受けた一部のエリアでは、精神的な健康を求める40%以上の人が原油流出事故が原因と伝えているそうです。
The Gulf well spewed 206 million gallons of oil until the gusher was first stopped in mid-July with a temporary cap. Mud and cement were later pushed down through the top of the well, allowing the cap to be removed. But officials will not declare it dead until it is killed from the bottom.
メキシコ湾油田は、噴出が7月に一時的に栓をし、止まるまでの間、2.06億ガロン(約78万キロリットル)の原油を噴出しました。その後、泥とセメントが油田上部から押し込まれ、キャップを外すことができました。しかし、油田下部から消滅する迄、職員は宣言しません。

In Louisiana's coastal Plaquemines Parish, Guy Laigast was among three deputies setting up New Orleans Saints football garb Saturday along a fence at the sheriff's office training center, preparing for an annual employees' picnic. For him, news that the plug was nearly done meant little.
ルイジアナ州海岸沿いのPlaquemines Parishで、Guy Laigastは、従業員の年次ピクニックの準備で、保安官訓練センターのフェンスに沿ってNew Orleans Saints(ニューオーリンズ・セインツ)のフットボールの格好を飾り付けた3人の副保安官の1人です。

"They've still got tons of oil out there, so ..." he said, his voice trailing off. "I don't think it's going to solve all the problems. They've got a lot to go."
「まだ多くの原油が残っています、なので・・・」彼は、声を弱くしながら「全ての問題が解決すると思いません。まだやることが多くあります。」

Librarian Donna Pobrica was working in an otherwise empty building in Belle Chasse serving as a polling place for a local election.
図書館員Donna Pobricaは、Belle Chasseで投票上として使われている普段は何も無いビルで働いていました。

"I know a lot of people who have been waiting for that," she said of the well's plugging. "We've waited a long time."
油田に栓をする事について、「それを待っている多くの人を知っています。私達は長く待っていました。」と彼女は言いました。

Pobrica said the spill "really killed the people down the road. Oysters were the main thing down here, and now it's gone."
Pobricaは、原油流出は、「文字どおり、道行く人を殺したのです。カキが主産物であったのに、もうありません。」

Many of the area's oyster beds were wiped out when officials flooded the marshes with fresh water, hoping it would help keep oil out of the delicate wetlands. Oysters thrive in salt water.
職員が原油が湿地帯に流入しないように湿地帯を真水で満たした際、カキ繁殖場の多くは一掃されました。カキは海水で成長します。

For Tom Becker, a charter fishing boat captain in Biloxi, Miss., news that the well was nearly dead is too little, too late. His business has tanked, down more than 60 percent with $36,000 in lost revenue, not to mention the business he'll lose in the future.
ミシシッピ州Biloxiで貸切フィッシングボートのキャプテンを務めるTom Beckerは、油田が殆ど消滅というニュースは、あまり意味がなく、あまりにも遅すぎたようです。彼のビジネスは60%以上も減り、36,000ドルの損失を出しています、今後のビジネスを失う事は、言うまでもありません。

"The phones just aren't ringing," Becker said. "The damage is done. I'm glad to hear the well is sealed because now we won't have to speculate about it happening again. Now let's worry about the future. How can we recover from this, and what do we have to do to bring people back?"
「単に電話が鳴らないのです。損失は既に発生しました。再び発生することを考えなくて良いので、油田が密封されたと聞いて嬉しいです。今後を心配したいです。どのように現状から復帰できるのか、またどのようにお客さんを引き戻す事ができうrか?」

Even aboard the Development Driller III ― the ship that drilled the relief well and allowed crews to pump in the cement for the plug ― celebrations were muted.
作業員が栓をする為にセメントをポンプできるよう救済抗を掘削した船Development IIIでも、祝い事は控えめでした。

"It's kind of bittersweet because we lost 11 men out here," said Rich Robson, the offshore installation manager on the DDIII vessel. "There isn't going to be any real celebration. To a lot of people, the water out here is a cemetery."
DDIII号の沿岸設置管理人Rich Robsonは「ほろ苦いものです、私達は11人の男をここで失ったのです。本当の祝賀はありません。多くの人に取って、この海域は墓場なのです。」と言いました。

The Associated Press was the only media outlet with a print reporter and photographer aboard the ship.
AP通信が船に乗り合わせた唯一の記者と撮影者を持つメディアでした。

Tim Speirs, BP's well site leader aboard the ship, told AP there would be no sirens, no lights flashing, once the declaration came. In fact, most of the crew would be asleep. The DDIII crew began finishing their work Thursday, when the relief well being drilled intersected BP's blown-out well. The cement ― which will permanently plug the blown-out well from the bottom ― started flowing Friday. It had hardened by Saturday, leaving only the pressure test.
乗船していたBP油田現場リーダーTim Speirsは、宣言される際に、サイレン無し、ライトの点滅無しになると伝えました。実際、殆どの作業員が眠っているでしょう。木曜日、救済坑がBPの爆発した油田に達した時に、DDIIIの作業員は仕事を終えはじめました。爆発した油田を下から封鎖するセメントは、翌日の金曜日に注入が始まりました。土曜日までに固まり、圧力検査を残すのみとなりました。

Until the test was finished, men in red work suits and mud-splattered hardhats were operating heavy hydraulic machines being used to lift the drill pipe back to the deck of the DDIII vessel. Two men sitting in black leather chairs used joysticks to maneuver the massive machines on the deck, which were lifting the equipment that was thousands of feet below.
検査が終了するまで、赤いスーツに身を包み、泥の付いた作業ヘルメットを付けた男達は、掘削に使われたパイプを重油圧機器を捜査しDDIIIのデッキに引き上げていました。2人の男が黒い革の椅子に座り、ジョイスティックでデッキにある巨大な機械を捜査しました、この機械が何千フィート(1フィート:約30.5cm)も下にある機器を引き上げていました。

The relief well was the 41st successful drilling attempt by John Wright, a contractor who led the team drilling the relief well aboard the DDIII vessel. Wright, who has never missed his target, told AP in August that he was looking forward to finishing the well and celebrating with a cigar and a quiet getaway with his wife.
DDIII船に乗り、救済抗掘削チームをリードした下請けJohn Wrightにとって、救済抗は41個目の掘削成功になりました。一度も目標を外した事がないWrightは、8月にAP通信に、掘削を成功させ、葉巻で祝い、夫人と静かに休暇を過ごす事を望んでいると伝えました。

He said Saturday he plans to make good on that promise. He planned to head back to Houston and then leave for a vacation with his wife, probably to California. For him, the difficult work is finished.
彼は土曜日に、その約束を守る事になりそうと伝えました。彼は、Houstonへ戻り、夫人と(多分California)バケーションへ向かう予定をしていました。彼に取って、困難だった仕事は終わりました。

"In my mind, it's already over. It's been a long, exhaustive process," he said, citing "the media attention, the government involvement, the stress levels, the pressure levels ― not just on me, but on the entire team."
「私には、もう終了です。長く疲れるプロセスでした。メディアの注目、政府の関与、ストレスとプレッシャーのレベル - 私だけでなく、チーム全体へです。」

Associated Press writers Janet McConnaughey in Venice, La., and Brian Skoloff in Ocean Springs, Miss., contributed to this report.


独占取材:「救命装置がある。」- ケビン コスナーの流出原油除去装置
BP:新しい海底キャップの取り付けを開始
オバマ大統領:原油流出停止をまだ喜ばないように警告
BPサイト:フォトショップを使った偽の危機指令センターの写真
BP:簡素な方法を繰り返した事で訴えられる
BP:救済油田の再開でCEO Haywardが近く引退へ
ルイジアナ州:エビ漁解禁、しかし漁は殆どされていない
大連(Dalian):原油流出事故は全て片付いた
海外事件:記事リスト
海外その他:記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi