景気低迷でF1が馬力不足に?

海外経済記事リスト
Has downturn left F1 underpowered?
Tuesday, 5 January 2010
引用元:http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/8436215.stm
By Theo Leggett
Business reporter, BBC World Service

景気低迷でF1が馬力不足に?
A great deal has changed in Formula 1 since the 2009 championship roared into life at the Australian Grand Prix in March.
2009年3月にオーストラリアグランプリが始まってから、フォーミュラ1は大きく変わりました。

It remains one of the wealthiest and most popular television sports in the world, a potent mixture of high-powered technology and high-rent commercialism.
まだ世界の中でもお金が最も潤沢にあり、TVでも最も人気のあるスポーツの1つです、高い術力と高額な商業収入の組み合わせがによるものがとても大きいのです。

But the economic downturn has had a profound effect, and that will be felt for years to come.
しかし、経済低迷で深刻な影響が出てきました、またこれは後数年続きそうなのです。

The most obvious change has been the departure of three big-name carmakers.
もっとも顕著な変化は、3大メーカーが去ったことです。


©AFP
フォーミュラ1は二度と以前のようにはならないでしょう

Honda sold its team before the 2009 season had even begun, and was followed out of the door a few months later by Toyota and BMW.
2009年シーズンが始まる前にHondaはチームを売却し、その数ヶ月後、ToyotaとBMWが続きました。

All three found themselves unable to continue investing hundreds of millions of dollars in top-level motorsport, at a time when the collapse of the car market had left them nursing heavy losses.
3社とも、自動車市場が崩壊し、大きな損失を取り戻す中で、最高レベルのモータースポーツへ何億ドルも投資し続ける事ができなくなったのです。

Their departure marked the end of an era for Formula 1.
彼らの撤退は、F1の一時代の終わりを告げるものです。

For the past decade, big carmakers have dominated the sport. Mercedes, Toyota, Honda, Ferrari, Renault, BMW and Ford together made the series their own.
過去10年、このスポーツを大手自動車メーカーが独占してきました。Mercedes、Toyota、Honda、Ferrari、Renault、BMW、Fordは、まるで彼らの為だけのようにシーズンを作り上げてきたのです。

They lent the championship glamour, but they also pushed the cost of competing to extraordinary levels, as they tried to buy the success their directors demanded.
彼らは、選手権を魅力あるものにしましたが、極めて高いレベルで戦おうと需要がある監督を獲得する為に、競技のコストも高くしてしまったのです。

Colossal resources
According to F1 consultants Formula Money, the big carmakers spent a remarkable $6.3bn between them over the period 2005-2009.
莫大な資金
F1コンサルティングのFormula Moneyによると、大手自動車メーカーは、2005年〜2009年の間、驚く事に63億ドルも費やしたそうです。

To put that figure into perspective, it's nearly half the total $13.7bn spent by car manufacturers on F1 in the entire 60-year history of the sport.
この数字を全体像に入れると、このスポーツの60年の歴史の中で自動車メーカーがF1に費やした総額137億ドルの半分近くにもなるのです。

It was bad news for the independent teams who had traditionally made up the bulk of the F1 grid, and who lacked such colossal financial resources.
F1グリッドで多数を占めていた個人チームや、このような資金源の無い人達には、良いものではありません。

They were left gasping in the slipstream of the manufacturers, struggling for survival. Many within the sport were concerned that if the big carmakers pulled out, the future of F1 itself could be thrown into doubt.
彼らは、(自動車)メーカーのスリップストリームの中で息を切らせ、生き残ろうとしていたのです。このスポーツに携わる人の多くは、大手自動車メーカーが撤退すると、F1の将来が疑問と心配していました。

When Honda withdrew at the end of 2008, motorsport's governing body, the FIA, decided to act. It tried to impose a strict budget cap on the teams, which would have reduced their expenditure to a mere fraction of current levels.
2008年にHondaが撤退した時、モータースポーツ運営団体FIAが動きました。FIAは、何分の一の費用になるようにチームに対して厳しい予算制限を設けようとしたのです。

The scheme failed, because the teams would not accept it. Instead, they signed up to a voluntary agreement aimed at reducing their spending to $80-100m by 2012.
この戦略は失敗しました、何故ならチームが受入れないからです。その代わりに、(チーム)は、2010年までに費用を8千万〜1億ドルに削減する事を目的とした自主規制同意書に署名しました。

That compares to the $363m spent by Honda in 2007 alone.
2007年にHonda単体で3億6300万ドルを費やした事と比較してください。
休憩


続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
The agreement came too late to prevent Toyota and BMW from following Honda out of the sport. But it does appear to have encouraged Mercedes to increase its own involvement, by buying the Brawn team - the squad originally created by its rival Honda.
この同意はToyotaやBMWがHondaの後に去る事を防ぐには遅すぎました。しかし、Brawn Team(ライバルのHondaにより設立されたチーム)を買収したMercedesには、参戦する意欲を高めるきっかけになったようです。


©AFP
Toyotaは2009年にF1を去った3社の1つでした。

It may also have helped to keep Renault in Formula 1. The French firm recently sold a majority stake in its team to the investment firm Genii Capital, but for the moment at least, it will continue racing under the Renault brand.
またRenaultがF1を継続する理由にもなったようです。最近このフランス企業は、投資会社Genii Capitalにチームの殆どを売却しましたが、少なくとも今はRenaultブランドでレースを続けるそうです。

But above all, it provided much-needed reassurance for the independent teams.
しかしそれ以上に、個人チームが大きく求めていた参戦するきっかけをつくりました。

These teams rely on support from commercial sponsors and wealthy individuals. But the downturn has had a severe impact on sponsorship revenues. In 2009, they were down 8% on the year before.
これらのチームはスポンサー企業や富裕層の支援に依存しています。しかし、(景気)低迷がスポンサー収入に深刻なダメージを与えたのです。2009年は、前年と比較し8%減でした。

New kids on the grid
The agreement means independent outfits can now hope to be reasonably competitive on a budget which, in the past, might have left them struggling at the back of the field.
グリッドに現る新星
この同意は、過去に表舞台に出る事無く後方で苦戦させられていた個人チームが、正当に戦える事を意味します。


But competition for sponsors will still be fierce, the more so as four new teams are due to join the series in 2010.
しかし、2010年に新たに4チームが参戦する事により、スポンサー獲得もより厳しいものになります。

Among them are the Malaysian-backed Lotus F1 team, run by AirAsia boss Tony Fernandes, and Virgin Racing, which is supported by the Virgin group.
それらのチームの1つが、マレーシア(AirAsiaのボスTony Fernandes)により支援されたLotus F1チームとVirginグループが支援するVirgin Racingです。


©Getty Images
VirginグループはF1勝利への投資を開始

If they make it to the grid, they should bring new blood and new backers to the sport. But it is far from certain that all of them will be racing in 2010.
もし彼らが(スタート)グリッドに出る事ができれば、新たな活力となり、このスポーツを後押しするでしょう。しかし、彼ら全てが2010年にレースをするかは、全く定かではありません。

Yet while the teams that compete in F1 are facing up to life in the current austere financial climate, the business that controls the series is looking healthier than ever.
しかしながらF1に参戦するチームが、現在の厳しい金融状況で生死に直面している中で、選手権の運営は、以前になく健全になっています。

The Formula One Group, which is run by Bernie Ecclestone and majority owned by private equity group CVC Capital Partners, has seen its revenues increase substantially.
Bernie Ecclestoneが運営し、投資グループCVCが過半数以上の資本を持つThe Formula One Groupは、売上が顕著に増えています。

It currently earns about $1.3bn a year, from TV rights, trackside advertising and the fees paid by racetracks for the right to host a Grand Prix.
TV(放映)権、コースの広告、レース場からのグランプリ主催権で、現在年間13億ドルの収益があります。

These revenue streams are largely insulated from the effects of the downturn - partly because they are based on contracts that last for many years and partly because many Grand Prix events, such as those in Singapore and Abu Dhabi, have substantial government backing.
これらの収入源は、(景気)低迷の影響を受けた団体からによるものが大部分を占めていました、数年継続するグランプリ契約がベースであったのです、部分的に占めているのは、シンガポールやアブダビ等に見られるグランプリイベントの多くが、政府が大きくバックアップしていたものです。

Teams tamed
The withdrawal of the big carmakers has also played into CVC's hands.
おとなしくなったチーム
大手自動車メーカーの撤退はCVCにも影響しました。


The company returns half of its revenues to the teams that compete in F1. The rest it keeps. It badly needs the money to repay debts run up when it bought the rights to F1.
この企業(CVC)は、F1に参戦しているチームに収入の半分を還元しています。残りを企業のものとしています。F1権利を購入した時の負債を支払う為にお金がどうしても必要なのです。

Until recently, the teams were loudly demanding a bigger slice of the cake - putting intense pressure on Mr Ecclestone and CVC through their lobbying organisation, FOTA. As a group, they had threatened to undermine F1 by leaving en masse to set up a rival championship.
最近まで、チームはEccelestone氏とCVCに対し、チームの圧力団体であるFOTAを通じてより多くの利益還元を声を大にして求めていました。グループとして、彼らは大勢でF1から撤退し弱体化させ、競合する選手権を設立すると脅していました。

But the departure of Honda, BMW and Toyota means that is no longer a realistic possibility. The remaining teams simply do not have the financial muscle to set up and promote a new series.
しかし、Honda、BMW、Toyotaの撤退は、これが既に実現不可能となった事を意味します。残ったチームには、単に新たな選手権を設立し普及させるだけの資金力がないのです。

So as F1 gears up for the 2010 season, one thing is abundantly clear. Budgets may be much lower, the names of sponsors may be different and the big beasts of the car industry may have been replaced by unfamiliar names.
F1は2010年シーズンの準備に取り掛かっていますが、 1つとても明確な事があります。予算が低くなり、スポンサー名が異なり、自動車業界の猛者が聞き慣れない名前に取って変わるかも知れないのです。

But whatever happens on the track, the business built up by Bernie Ecclestone remains a winner, in financial terms at least.
(レース)トラック上で何が起ころうとも、少なくとも財政的には、Bernie Ecclestoneの築き上げたビジネスが勝者となるでしょう。 

2005年〜2009年に自動車メーカーがF1に費やした費用の推定



何かF1を見て楽しいと思うのも微妙な心境になりそうです。
海外経済記事リスト



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi