1962年より続く地下炭鉱火災

海外その他記事リスト
以前にTVで見たことのあるお話です。偶然ネットで見つけましたので記事にしたいと思います。

Massive Underground Coal Fire Started in 1962 Still Burns Today
by Brian Merchant, Brooklyn, New York on 12. 7.09
Photo by Jesse Gimbel (引用元:http://www.treehugger.com/

1962年より燃え続ける地下炭鉱大火災



You may have already heard the story of Centralia, PA, a coal mining town that had some 1,000 inhabitants at its peak. Now, that population is down to 9. It's become a ghost town for one of the most bizarre reasons imaginable--a fire started in 1962 to burn trash in a dump inadvertently spread to a coal seam underground and has simply never stopped burning.
既に聞いたことがあるかも知れませんが、ペンシルバニア州のCentraliaというピーク時には1000人いた町のお話しです。現在の人口は9人です。考えられる中で最も珍しい理由でゴーストタウンになりました−ゴミを焼却する際にその火が地下の鉱脈に引火し、止まる事無く燃え続けているのです。


The most recent report, published Dec. 1st in the Bismarck Tribune, confirms that the fire continues to this day--it's lasted an incredible 47 years so far.
最新の報告12月1日に出版されたBismarck Tribuneでは、今日でも火災が継続していることが確認されました。−47年も燃え続けていることになります。



The Coal Fire of Centralia The fire, which was started by five members of the volunteer fire company when they were hired by the town council to clean up the landfill, was not properly extinguished and spread to become one of the longest burning coal fires. According to Thinking Blog, which provides a short history of the fire, the landfill was located in an abandoned strip mine pit and as the firemen had in the past, they set the dump on fire, let it burn for a time, and then extinguished the fire, or so they thought.
Centraliaの炭鉱火災:
火は埋立地の掃除の為に町議会に雇われた5人のボランティアの見張り役が付けたものですが、その後適切に消化されずに、最も長く継続している炭鉱火災となったものです。経緯の説明がされているThinking Blogによると、破棄された鉱脈の縦穴にあり、消防士が過去にも行っていたように、ゴミに火を着け、暫く燃えさせ、消化したのです。または・・・そうしたと思ったのです。

WATCH VIDEO: Coal: The Good, The Bad, The Dirty Videos

It turns out the fire spread through a hole in the rock pit into an abandoned coal mine underground, where it grew in intensity. It continued to rage for years, putting the towns' citizens at grave risk, writes Thinking Blog:
火は岩盤の縦穴から広がり、破棄された地下の鉱脈に引火し、そこで勢いが強くなったとのことです。何年にも渡り勢いを増し、町と市民を墓地に住むような危険に陥れました。Thinking Blog:には、このように書かれています。

State-wide attention to the fire began to increase, culminating in 1981 when 12-year-old boy fell into a sinkhole 45 metres deep that suddenly opened beneath his feet. He was saved after his older cousin pulled him from the mouth of the hole before he could plunge to his probable death. The incident brought national attention to Centralia and in 1984 U.S. Congress allocated more than $42 million for relocation efforts.
1981年に州全体がこの火災への感心を高めました。12歳の子供が、足元で急に発生した地盤沈下によってできた45mの深さの穴に落ちたのです。下へ落ちると多分亡くなっていたかも知れませんが、穴の開口部にいる間に兄が引っ張ったので助かりました。この事故により、全米がCentraliaへ注目し、1984年には米国議会が420万ドル以上の予算を割り当てたのです。


Now, a mere 9 people continue to live on the hazardous lands, while the fire is now thought to have spread to an area of over 500 acres. Some worst-case scenario estimates fear the fire could eventually spread to an area of 3700 acres, and burn for another 100 years. Centralia's history was the inspiration for the horror film Silent Hill .
今では僅か9人がこの危険地域にまだ住んでいるにとどまっていますが、地下火災は500エーカーに広まっていると考えられています。最悪の予測では、最終的に3,700エーカーまで広まり、先100年燃え続けるといわれています。Centraliaの歴史はホラー映画サイレントヒル の題材になりました。

[PR]
〜〜〜続き〜〜〜
Coal Fires Around the World
Now, the story of Centralia, while fascinating due to its intriguing narrative and dramatic history, is by no means unique. Decades-burning coal fires are unfortunately rather commonplace. In fact, it's estimated that a stunning 2-3% of the entire world's industrial carbon emissions may come from uncontained coal fires in China alone--where such fires burn 20 million tons of coal a year. The Tribune explains:  世界の炭鉱火災:ドラマのような経緯と興味をそそるように語られるCentraliaの話は、全く珍しい事ではありません。何十年も燃える炭鉱火災は不幸にしてどちらかというとよくあるのです。実際に、世界の産業炭素排出量の2−3%を中国の炭鉱火災だけで占めるとも予想されています。この炭鉱火災は、年間2,000万トンもの石炭を燃焼しているのです。The Tribuneによると:
Such unwanted coal fires rage or smolder in the United States, South Africa, Australia, China, India and beyond. They are burning in huge volumes in rural China and blazing in a district of India to such a great extent the flames from some surface coal fires are more than 20 feet high. Here in the U.S., they are burning in Pennsylvania, Kentucky, Colorado and Wyoming as you read these words.
これらの招かざる地下火災は、勢いや煙を増してアメリカ、南アフリカ、オーストラリア、中国、インドその他で発生しています。中国の僻地では多大な量の石炭を燃やし、火災はインドの地区にも広がり、地表にある石炭脈から出る炎は高さ20フィート(約6m)にもなります。アメリカでは、この記事を読んでいる間にもペンシルバニア州、ケンタッキー州、コロラド州とワイオミング州で発生しています。
An underground coal fire is nearly impossible to control, and since many other materials are burned along with the coal, large amounts of other greenhouse gases like methane are released as well. Such fires have raged for decades--and are still raging--in Colorado and Pennsylvania.
地下炭鉱火災はコントロールすることが殆ど不可能で、石炭以外に他の物質も燃焼しているので、大量のメタン等のグリーンハウスガスを排出しています。このような火災は何十年にも渡り勢いよく燃え、現在でもコロラド州とペンシルバニア州で続いています。

Coal fires have been called a 'global catastrophe', and for good reason. The world's worst are thought to be in China, India, and Indonesia, but obviously, they're endemic wherever coal stores are found. Technology is slowly being developed to aid the fight in extinguishing the coal fires--let's hope it's ready sooner rather than later, as these fires are atrocious polluters, and an unnecessary danger to human life.
炭鉱火災は「グローバル災害」と言われ、またそれに相応しい理由もあります。世界で最悪だったケースは、中国、インド、そしてインドネシアと考えられていましたが、石炭鉱脈が発見されると発生する事は明らかです。炭鉱火災の消化を支援する技術は、徐々に開発されています。−これらの火災は最悪な汚染源であり、また人類にとっても不要な危険です、近々(早いうちに)この技術が実用されるように希望を持ちましょう。


日本は地震や津波が比較的多く、他国より災害慣れしていると言われますが、無いに越したことはないでしょう。私も、災害時の語学ボランティアとして三重県に登録していますが、自分がどこまで被災者のお役に立てるかは分かりません。研修等で色々勉強はしていますが、実際にその場に行くとどうなのかというところですね。

参考までに、1874年に現在の中国新疆ウイグル自治区のリュウファンゴウ炭鉱で起きた火災で、2004年に鎮火するまで130年間燃え続けたそうです・・・(引用元:Wiki

海外その他記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi