Al Qaedaと空路密輸の繋がり:アメリカ当局

海外犯罪組織記事リスト
Exclusive: Al Qaeda linked to rogue air network: U.S. official
引用元:http://www.reuters.com/article/idUSTRE60D3Z720100114
Tim Gaynor and Tiemoko Diallo
TIMBUKTU, Mali
Thu Jan 14, 2010 3:17pm EST

スクープ:Al Qaeda(アルカイーダ)と空路密輸の繋がり:アメリカ当局
TIMBUKTU, Mali (Reuters) - In early 2008, an official at the U.S. Department of Homeland Security sent a report to his superiors detailing what he called "the most significant development in the criminal exploitation of aircraft since 9/11."
マリ共和国ティンブクトゥ(ロイター):
2008年前半に、アメリカ国土安全保障省職員が「9/11以降の犯罪組織の最も大きな航空機利用の進展」として上司に報告しました。


©Reuters

The document warned that a growing fleet of rogue jet aircraft was regularly crisscrossing the Atlantic Ocean. On one end of the air route, it said, are cocaine-producing areas in the Andes controlled by the leftist Revolutionary Armed Forces of Colombia. On the other are some of West Africa's most unstable countries.
書類は、大西洋上を定期的に横断する不法ジェット機が増えていると警告しました。空路の発着点の1つは、左翼FARC(コロンビア革命軍)が支配するアンデスのコカイン生産地です。もう1つは、アフリカ西部でも最も不安定な国です。

The report, a copy of which was obtained by Reuters, was ignored, and the problem has since escalated into what security officials in several countries describe as a global security threat.
ロイターが入手したコピーによると、報告書は無視され、数カ国の安全保障当局員は、この問題は大きくなり、グローバルなセキュリティー脅威となったと言います。

The clandestine fleet has grown to include twin-engine turboprops, executive jets and retired Boeing 727s that are flying multi-ton loads of cocaine and possibly weapons to an area in Africa where factions of al Qaeda are believed to be facilitating the smuggling of drugs to Europe, the officials say.
不法航空機はツインエンジンプロペラ機、プライベートジェット、退役したボーイング727を含むまでになり、何トンものコカインと武器をAl Qaedaがヨーロッパへ麻薬を密輸する拠点であるアフリカの地区に飛んでいると、当局員は言います。

Al Qaeda in the Islamic Maghreb (AQIM) has been held responsible for car and suicide bombings in Algeria and Mauritania. Gunmen and bandits linked to the group have also stepped up kidnappings of Europeans, who are then passed on to AQIM factions seeking ransom payments.
イスラム・マグレブAl Qaeda組織(AQIM)は、アルジェリアとモーリタニアの車爆弾、自殺爆弾(テロ)で責任を問われています。グループに繋がりのある銃撃者と悪党はヨーロッパ人を誘拐するまでになり、身代金を求めるAQIM党派に引き渡すのです。

The aircraft hopscotch across South American countries, picking up tons of cocaine and jet fuel, officials say. They then soar across the Atlantic to West Africa and the Sahel, where the drugs are funneled across the Sahara Desert and into Europe.
当局員には、航空機は南アメリカ諸国を転々としながら何トンものコカイン、ジェット燃料を積むと言います。その後、大西洋を横断し、西アフリカとサヘルに飛び、そこで麻薬をサハラ砂漠から集めてヨーロッパへ運ぶのです。

An examination of documents and interviews with officials in the United States and three West African nations suggest that at least 10 aircraft have been discovered using this air route since 2006. Officials warn that many of these aircraft were detected purely by chance. They warn that the real number involved in the networks is likely considerably higher.
書類の精査、アメリカと西アフリカ諸国の当局員へのインタビューで、2006年より少なくとも10機が発見されていることがわかります。当局員は、これらの航空機の多くが全くの偶然で見つかったものだと警告します。ネットワークに携わる実際の航空機の数は、これよりかなり多いと警告しています。

Alexandre Schmidt, regional representative for West and Central Africa for the UN Office on Drugs and Crime, cautioned in Dakar this week that the aviation network has expanded in the past 12 months and now likely includes several Boeing 727 aircraft.
先週、ダカールで西アフリカ・中央アフリカ地区の国連事務局薬物及び犯罪部門代表のAlexandre Scmidtは、航空ネットワークが過去12ヶ月間に広まり、現在では複数のボーイング727も含まれていると警告しました。

"When you have this high capacity for transporting drugs into West Africa, this means that you have the capacity to transport as well other goods, so it is definitely a threat to security anywhere in the world," said Schmidt. The "other goods" officials are most worried about are weapons that militant organizations can smuggle on the jet aircraft. A Boeing 727 can handle up to 10 tons of cargo.
「西アフリカ行きの積載力の高い麻薬密輸は、他の物資でも同じ輸送量があるという意味です。つまりこれは、世界のどの場所に対しても明らかに脅威です。」とSchmidtは言います。「他の物資」で当局員が一番不安になっているものが、武装組織がジェット機で密輸する武器です。ボーイング727は、最大10トンもの貨物を搭載する事ができるのです。

The U.S. official who wrote the report for the Department of Homeland Security said the al Qaeda connection was unclear at the time. The official is a counter-narcotics aviation expert who asked to remain anonymous as he is not authorized to speak on the record. He said he was dismayed by the lack of attention to the matter since he wrote the report.
国土安全保障省へ報告書を書いたアメリカ当局員は、Al Qaedaの繋がりは、その時点では不明だったと言います。この職員は、記録される内容を話す許可がなく匿名としていますが、麻薬取締の航空専門家です。彼は報告書を書いたのに、何も注意が向けられなかった事に落胆していたと言います。

"You've got an established terrorist connection on this side of the Atlantic. Now on the Africa side you have the al Qaeda connection and it's extremely disturbing and a little bit mystifying that it's not one of the top priorities of the government," he said.
「大西洋のこちらで、テロリストの繋がりが確立されています。アフリカサイドでは、Al Qaedaの繋がりがあり、これはとても気掛かりです、また政府の最優先事項でない事が多少不可解です。」と彼は言いました。

Since the September 11 attacks, the security system for passenger air traffic has been ratcheted up in the United States and throughout much of the rest of the world, with the latest measures imposed just weeks ago after a failed bomb attempt on a Detroit-bound plane on December 25.
9月11日の(テロ)攻撃以来、そして一番新しい出来事、数週間前の12月25日にデトロイト行きの飛行機爆破未遂で、旅客機のセキュリティーは、アメリカと世界中の殆どで固くなりました。

"The bad guys have responded with their own aviation network that is out there everyday flying loads and moving contraband," said the official, "and the government seems to be oblivious to it."
「悪人達は、自らの空路ネットワークで対応し、荷物を積み、密輸品を毎日輸送しているのです。政府はこれに気付いていないようです。」と当局員は言います。

The upshot, he said, is that militant organizations -- including groups like the FARC and al Qaeda -- have the "power to move people and material and contraband anywhere around the world with a couple of fuel stops." The lucrative drug trade is already having a deleterious impact on West African nations. Local authorities told Reuters they are increasingly outgunned and unable to stop the smugglers.
彼は、要するに武装組織(FARCやAl Qaedaグループ等)が、「人員、物資と禁制品を世界中どこへも2回程度の給油で輸送できる事です。」と言います。富をもたらす麻薬取引は、既に西アフリカ諸国に悪影響を与えています。地元の当局員は、密輸者に打ちのめされ、制止できない事が多くなっているとロイターに伝えました。


©Reuters
Al Qaedaの拠点ティンブクトゥ近くのニジェール川

And significantly, many experts say, the drug trafficking is bringing in huge revenues to groups that say they are part of al Qaeda. It's swelling not just their coffers but also their ranks, they say, as drug money is becoming an effective recruiting tool in some of the world's most desperately poor regions.
多くの専門家が、麻薬密輸は莫大な利益をグループにもたらしており、これら(グループ)はAl Qaedaの一部です。彼らの財源だけでなく、地位も高めており、麻薬売上金が幾つかの最貧地区で効果的な人材募集のツールになりつつあるのです。

U.S. President Barack Obama has chided his intelligence officials for not pooling information "to connect those dots" to prevent threats from being realized. But these dots, scattered across two continents like flaring traces on a radar screen, remain largely unconnected and the fleets themselves are still flying.
バラク・オバマ大統領は、情報をまとめ「点を繋ぎ」脅威を把握するようにしなかったとして諜報員を叱りました。しかし、これらの点はレーダーの画面の光跡のように2つの大陸に散らばっており、大半が繋がっていません、そして航空機は今でも飛んでいます。
続き
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
THE AFRICAN CONNECTION
The deadly cocaine trade always follows the money, and its cash-flush traffickers seek out the routes that are the mostly lightly policed. Beset by corruption and poverty, weak countries across West Africa have become staging platforms for transporting between 30 tons and 100 tons of cocaine each year that ends up in Europe, according to U.N. estimates. Drug trafficking, though on a much smaller scale, has existed here and elsewhere on the continent since at least the late 1990s, according to local authorities and U.S. enforcement officials.
アフリカコネクション:
命がけのコカイン取引はいつもお金を追っています、またお金をちらつかせる密輸者は、監視が薄い経路を捜しています。汚職と貧困に悩まされる弱い西アフリカ一帯の国々は、UNの予測では毎年30〜100トンのヨーロッパに入るコカインの物流拠点になっているのです。規模はかなり小さいのですが、麻薬密輸は1990年代からここや、大陸の他の場所でもあったと地元及びアメリカ当局員は言います。


Earlier this decade, sea interdictions were stepped up. So smugglers developed an air fleet that is able to transport tons of cocaine from the Andes to African nations that include Mauritania, Mali, Sierra Leone and Guinea Bissau. What these countries have in common are numerous disused landing strips and makeshift runways -- most without radar or police presence. Guinea Bissau has no aviation radar at all.
ここ10年の前半で、海上阻止が多くなりました。密輸者は、何トンものコカインをアンデスから、モーリタニア、マリ、シエラレオーネとギニアビサウを含むアフリカ諸国へ空輸できるようにしたのです。これらの国々に共通しているのが、数多くの使われていない小空港と、一時的な滑走路がある事です、多くがレーダーがなく警察が不在です。ギニアビサウは航空レーダーが全くないのです。

As fleets grew, so, too, did the drug trade.
機体が大きくなると共に、麻薬取引も同様に大きくなりました。

The DEA says all aircraft seized in West Africa had departed Venezuela. That nation's location on the Caribbean and Atlantic seaboard of South America makes it an ideal takeoff place for drug flights bound for Africa, they say.
麻薬取締局によると、西アフリカで押収された全ての航空機は、ベネズエラから来たものでした。南アメリカのカリブ海と大西洋の境目という地理的条件が、アフリカ行きの麻薬密輸の理想的な出発点になったのです。

A number of aircraft have been retrofitted with additional fuel tanks to allow in-flight refueling -- a technique innovated by Mexico's drug smugglers. (Cartel pilots there have been known to stretch an aircraft's flight range by putting a water mattress filled with aviation fuel in the cabin, then stacking cargoes of marijuana bundles on top to act as an improvised fuel pump.)
多くの航空機は飛行中に給油できるように追加の燃料タンクを持てるように改造されています、これはメキシコの密輸者により考案されたテクニックです。(メキシコのカルテルパイロットはウォーターベッドのマットレスをジェット燃料で満たし、キャビン内に置いて、その上にマリファナの荷物を置き簡易ポンプとして使う事で飛行距離を伸ばす事で知られています。)

Ploys used by the cartel aviators to mask the flights include fraudulent pilot certificates, false registration documents and altered tail numbers to steer clear of law enforcement lookout lists, investigators say. Some aircraft have also been found without air-worthiness certificates or log books. When smugglers are forced to abandon them, they torch them to destroy forensic and other evidence like serial numbers.
カルテルのパイロットは、偽造証明書、偽造書類、改竄された尾翼番号等でフライトを隠し、司法機関の注意リストをかいくぐります。幾つかの航空機は、耐空証明書や航空日誌が無い状態で見つかっています。密輸者は、(航空機を)破棄せざるを得ない場合に、火を付けて捜査証拠や製造番号等の他の証拠を消そうとします。

The evidence suggests that some Africa-bound cocaine jets also file a regional flight plan to avoid arousing suspicion from investigators. They then subsequently change them at the last minute, confident that their switch will go undetected.
幾つかのアフリカ行きのコカインジェットは、捜査官が疑いを抱かないように、地域のフライトも申請している事が証拠から分かります。その後、締め切り寸前に、変更がばれないと思い申請するのです。

One Gulfstream II jet, waiting with its engines running to take on 2.3 tons of cocaine at Margarita Island in Venezuela, requested a last-minute flight plan change to war-ravaged Sierra Leone in West Africa. It was nabbed moments later by Venezuelan troops, the report seen by Reuters showed.
*Gulfstream IIジェットがエンジンを回し、2.3トンのコカインを積載し、ベネズエラのマルガリータ島で待機しており、時間ぎりぎりで戦争で荒廃しているシエラレオーネへフライト変更申請したのです。暫くしてベネズエラ軍に逮捕されたとロイターが見た報告書に書いてあります。
*Gulfstream=プライベートジェットでは有名な会社とそのブランド


©Reuters

Once airborne, the planes soar to altitudes used by commercial jets. They have little fear of interdiction as there is no long-range radar coverage over the Atlantic. Current detection efforts by U.S. authorities, using fixed radar and P3 aircraft, are limited to traditional Caribbean and north Atlantic air and marine transit corridors.
一旦離陸すると、航空機はジェット旅客機が飛ぶ高度まで上がります。大西洋上には、長距離をカバーするレーダーが無いので、阻止される心配は殆どないのです。アメリカ当局の現在の探索方法は、定位置レーダーと*P3ですが、カリブ海と北大西洋の航空と海上交通の重要なルートに限られています。
*P3=哨戒機
The aircraft land at airports, disused runways or improvised air strips in Africa. One bearing a false Red Cross emblem touched down without authorization onto an unlit strip at Lungi International Airport in Sierra Leone in 2008, according to a U.N. report.
航空機は、アフリカの使用されていない滑走路や即席の小空港に着陸します。UNの報告によると、2008年にシエラレオーネのLungi国際空港で照明が消された滑走路に偽赤十字を付けた航空機が1機、許可なしに着陸したとあります。

Late last year a Boeing 727 landed on an improvised runway using the hard-packed sand of a Tuareg camel caravan route in Mali, where local officials said smugglers offloaded between 2 and 10 tons of cocaine before dousing the jet with fuel and burning it after it failed to take off again.
昨年の後半に、マリへのツアレグのラクダ隊商のルートで砂を固く敷き詰めた即席の滑走路にボーイング727が着陸しました。地元当局員によると、密輸者は2〜10トンのコカインを降ろし、飛行機が離陸に失敗すると、燃料を飛行機にかけて火を付けたそうです。

For years, traffickers in Mexico have bribed officials to allow them to land and offload cocaine flights at commercial airports. That's now happening in Africa as well. In July 2008, troops in coup-prone Guinea Bissau secured Bissau international airport to allow an unscheduled cocaine flight to land, according to Edmundo Mendes, a director with the Judicial Police.
長年、メキシコの密輸者は、民間空港に着陸し、コカインを降ろせるように役人を買収してきました。これが今アフリカでも発生しているのです。2008年7月に、クーデター下のギニアビサウの軍隊が、ビサウ国際空港を包囲し、予定にないコカインのフライトを着陸させたと司法警察官のEdmundo Mendesは言います。

"When we got there, the soldiers were protecting the aircraft," said Mendes, who tried to nab the Gulfstream II jet packed with an estimated $50 million in cocaine but was blocked by the military. "The soldiers verbally threatened us," he said.
「到着した時に、兵士が航空機を守っていたのです。兵士達は言葉で私達を脅しました。」と5億ドルのコカインを搭載していたと見られるGulfstream IIを押収しようとし、軍隊に阻止されたMendesは言います。

The cocaine was never recovered. Just last week, Reuters photographed two aircraft at Osvaldo Vieira International Airport in Guinea Bissau -- one had been dispatched by traffickers from Senegal to try to repair the other, a Gulfstream II jet, after it developed mechanical problems. Police seized the second aircraft. (To see a graphic on global drug flows, please click on: )
コカインは回収される事はありませんでした。つい先週、ロイターはギニアビサウのOsvaldo Vieira国際空港で2機の航空機を撮影しました。1機はもう一方の航空機(Gulfstream IIに機械的な問題が発生)を修理する為に密輸者によってセネガルを離陸したものです。警察は2機目の機体を押収しました。
世界の麻薬流通の図

FLYING BLIND
One of the clearest indications of how much this aviation network has advanced was the discovery, on November 2, of the burned out fuselage of an aging Boeing 727. Local authorities found it resting on its side in rolling sands in Mali.
見えないフライト
この空のネットワークがどれだけ発達しているかが分かる明らかなものが見つかりました、11月2日に全焼した古いボーイング727の機体がマリの砂漠で側面を下にして横たわっているのを地元当局が見つけたのです。


In several ways, the use of such an aircraft marks a significant advance for smugglers. Boeing jetliners, like the one discovered in Mali, can fly a cargo of several tons into remote areas. They also require a three-man crew -- a pilot, co pilot and flight engineer, primarily to manage the complex fuel system dating from an era before automation.
密輸者にとって、このような航空機を使う事は幾つかの大きな利点があります。マリで発見されたようなボーイングジェット機は、遠隔地へ数トンもの貨物を空輸する事ができます。また主に自動化世代前の複雑な燃料系統を管理する為に3人に搭乗員(操縦士、副操縦士、フライト、航空機関士)が必要とされています。

Hundreds of miles to the west, in the sultry, former Portuguese colony of Guinea Bissau, national Interpol director Calvario Ahukharie said several abandoned airfields, including strips used at one time by the Portuguese military, had recently been restored by "drug mafias" for illicit flights. "In the past, the planes coming from Latin America usually landed at Bissau airport," Ahukharie said as a generator churned the feeble air-conditioning in his office during one of the city's frequent blackouts.
何百マイルも西に、旧ポルトガル領の蒸し暑いギニアビサウで、国の国際刑事警察機構官のCalvario Ahukharieは、幾つかの破棄された飛行場(ポルトガル軍がかつて使っていたものを含む)、が非合法フライトの為に「麻薬マフィア」によって修復されたと言います。「以前は、ラテンアメリカからのフライトは、通常はビサウ空港に着陸していたのです。」と市内でよく起こる停電で弱い空気をだしているエアコンがある彼の事務所でAhukharieは言います。

"But now they land at airports in southern and eastern Bissau where the judicial police have no presence." Ahukharie said drug flights are landing at Cacine, in eastern Bissau, and Bubaque in the Bijagos Archipelago, a chain of more than 80 islands off the Atlantic coast. Interpol said it hears about the flights from locals, although they have been unable to seize aircraft, citing a lack of resources.
「しかし、今ではビサウの南と東の司法警察が居ない場所に着陸しています。」Ahukharieは、麻薬便はビサウ東のCacineと、Bijagos Archipelago(大西洋上海沿いにある80以上の島からなる列島)のBubaqueに降りていると言います。国際司法警察は、フライトについて地元民より聞きますが、人材不足を理由にまだ航空機の押収には至っていません。

The drug trade, by both air and sea, has already had a devastating impact on Guinea Bissau. A dispute over trafficking has been linked to the assassination of the military chief of staff, General Batista Tagme Na Wai in 2009. Hours later, the country's president, Joao Bernardo Vieira, was hacked to death by machete in his home.
空輸と海上輸送による麻薬取引は、ギニアビサウに破壊的なインパクトを与えています。密輸に関する議論が軍参謀長将官Batista Tagme Na Waiの2009年の暗殺に繋がっています。数時間後には、国家の大統領Joao Bernardo Vieiraが自宅でマチェーテ(大型のなたに似た刃物)で斬殺されました。

Asked how serious the issue of air trafficking remained for Guinea Bissau, Ahukharie was unambiguous: "The problem is grave."
ギニアビサウの航空密輸がどの程度深刻なのかと聞かれると、Ahukharieは、はっきりと「問題は重大です。」と言いました。

The situation is potentially worse in the Sahel-Sahara, where cocaine is arriving by the ton. There it is fed into well-established overland trafficking routes across the Sahara where government influence is limited and where factions of al Qaeda in the Islamic Maghreb have become increasingly active.
コカインがトン単位で到着するSahel-Saharaは、状況が更に悪いのです。麻薬はとても組織化された陸上密輸ルートで政府の影響力が限られ、またAQIM党派が活発化しているサハラを横断するのです。

The group, previously known as the Salafist Group for Preaching and Combat, is raising millions of dollars from the kidnap of Europeans. Analysts say militants strike deals of convenience with Tuareg rebels and smugglers of arms, cigarettes and drugs. According to a growing pattern of evidence, the group may now be deriving hefty revenues from facilitating the smuggling of FARC-made cocaine to the shores of Europe.
過去に、「布教と聖戦の為のサラフ主義グループ(サラフ主義派)」として知られていたグループは、ヨーロッパ人誘拐で何百万ドルも資金を集めています。武装集団が、ツアレグ反抗組織と武器、タバコや麻薬の密売人と便宜を図っているとアナリストは言います。証拠の種類が多くなるにつれて、FARCが製造するコカインをヨーロッパの海辺へとりまとめる事で、膨大な利益を産出していると思われています。

UNHOLY ALLIANCE
In December, Antonio Maria Costa, the executive director of the UN Office on Drugs and Crime, told a special session of the UN Security Council that drugs were being traded by "terrorists and anti-government forces" to fund their operations from the Andes, to Asia and the African Sahel.
不道徳同盟:
12月にUN麻薬と犯罪事務局長Antonio Maria Costaは、国連安全保障理事会特別議会において、麻薬が「テロリストと反政府勢力」により取引され、アンデスからアジア、アフリカSahelまで彼らの活動を助成していると伝えました。


"In the past, trade across the Sahara was by caravans," he said. "Today it is larger in size, faster at delivery and more high-tech, as evidenced by the debris of a Boeing 727 found on November 2nd in the Gao region of Mali -- an area affected by insurgency and terrorism."
「以前は、サハラを横断する取引は隊商によるものでした。今日では、サイズが大きく、到達時間も早くより高度化しています、その証拠に11月2日にボーイング727の断片がマリのGao(反政府組織とテロリストの支配下にある)地区で発見されています。」と彼は言います。

Just days later, U.S. Drug Enforcement Administration officials arrested three West African men following a sting operation in Ghana. The men, all from Mali, were extradited to New York on December 16 on drug trafficking and terrorism charges.
数日後、アメリカ麻薬取締局員は、ガーナのおとり捜査で3人の西アフリカ人を逮捕しました。全てマリ出身で12月16日に麻薬取引とテロ行為容疑でニューヨークへ送還されました。

Oumar Issa, Harouna Toure, and Idriss Abelrahman are accused of plotting to transport cocaine across Africa with the intent to support al Qaeda, its local affiliate AQIM and the FARC. The charges provided evidence of what the DEA's top official in Colombia described to a Reuters reporter as "an unholy alliance between South American narco-terrorists and Islamic extremists." Some experts are skeptical, however, that the men are any more than criminals. They questioned whether the drug dealers oversold their al Qaeda connections to get their hands on the cocaine.
Oumar Issa、Harouna ToureとIdriss Abelrahmanは、Al Qaeda、その地元関連団体AQIMとFARCを支援する目的でアフリカを横断しコカイン輸送を企てたとして告訴されました。麻薬取締局のコロンビア局責任者は告訴により明らかになったものについてロイターに「南アメリカ麻薬テロリストとイスラム過激派の間にある不道徳同盟」と説明しました。何人かは疑い深く思っていますが、(逮捕された男達は)単なる犯罪者ではありません。麻薬売人がAl Qaedaとのつながりを強調してコカインを扱うようになったのかを質問しました。

In its criminal complaint, the DEA said Toure had led an armed group affiliated to al Qaeda that could move the cocaine from Ghana through North Africa to Spain for a fee of $2,000 per kilo for transportation and protection. Toure discussed two different overland routes with an undercover informant. One was through Algeria and Morocco; the other via Algeria to Libya. He told the informer that the group had worked with al Qaeda to transport between one and two tons of hashish to Tunisia, as well as smuggle Pakistani, Indian and Bangladeshi migrants into Spain.
犯罪訴状の中で、麻薬取締局はToureがコカインをガーナから北アフリカを抜け、スペインへ移動できるAl Qaedaと提携した武装グループを引き連れ、1キロ当たり2,000ドルで輸送と保護を請け負ったとされています。Toureは、潜入捜査官と2つの陸上ルートについて話合ったそうです。1つはアルジェリアとモロッコを抜けるもの、もう1つは、アルジェリアを抜けリビアへ行くものです。彼は潜入捜査官に、グループはAl Qaedaと共同し1〜2トンのハシーシュをチュニジアに運んだ事や、同様にパキスタン人、インド人とバングラディッシュ人移民をスペインに運んだと伝えました。

In any event, AQIM has been gaining in notoriety. Security analysts warn that cash stemming from the trans-Saharan coke trade could transform the organization -- a small, agile group whose southern-Sahel wing is estimated to number between 100 and 200 men -- into a more potent threat in the region that stretches from Mauritania to Niger. It is an area with huge foreign investments in oil, mining and a possible trans-Sahara gas pipeline.
どのようにしろ、AQIMの悪名は高くなっています。セキュリティーアナリストは、サハラ横断コカイン取引から発生する現金が、南Sahelに広がる100〜200人の小規模で機動性のあるグループをモーリタニアからニジェールまでの範囲に広がるより大きな脅威にさせる可能性があると警告しています。この地域は、原油、鉱石と計画されているサハラ横断ガスパイプラインへ海外から巨額が投資されているのです。

"These groups are going to have a lot more money than they've had before, and I think you are going to see them with much more sophisticated weapons," said Douglas Farah, a senior fellow at the International Assessment Strategy Center, a Washington based security think-tank.
「これらのグループは、以前に持った事もない額のお金を持つ事になるのです、そしてこの結果、とても高度な武器を持つ彼らを見る事になると思います。」とワシントン拠点のセキュリティーシンクタンクAssessment Strategy Centerのシニア特別研究員Douglas Farahは言います。

NARCOTIC INDUSTRIAL DEPOT
The Timbuktu region covers more than a third of northern Mali, where the parched, scrubby Sahel shades into the endless, rolling dunes of the Sahara Desert. It is an area several times the size of Switzerland, much of it beyond state control.
麻薬産業倉庫:
ティンブクトゥ地域はマリ北部の1/3以上に渡り、渇ききり、蒸苦しいSahelの影が延々と続くサハラ砂漠になる場所です。この地区はスイスの何倍もの大きさがあり、殆どが政府の管理が届かないのです。


Moulaye Haidara, the customs official, said the sharp influx of cocaine by air has transformed the area into an "industrial depot" for cocaine. Sitting in a cool, dark, mud-brick office building in the city where nomadic Tuareg mingle with Arabs and African Songhay, Fulani and Mande peoples, Haidara expresses alarm at the challenge local law enforcement faces.
税関職員Moulave Haidaraは、空輸で急激に流入したコカインが、この地区をコカイン「産業倉庫」にしてしてしまったと言います。市内の涼しい暗い泥壁の事務所ビルで放浪民のツアレグは、アラブ人、アフリカソンゲ族、フラ族、マンデ族と話をします。Haidaraは、地元の司法局が直面している問題について警告しています。

Using profits from the trade, the smugglers have already bought "automatic weapons, and they are very determined," Haidara said. He added that they "call themselves Al Qaeda," though he believes the group had nothing to do with religion, but used it as "an ideological base."
取引利益で、密輸者は既に「自動(火気)武器を購入しており、彼らは本気です。自分たちをAl Qaedaと称しているのです。」とHaidaraは言います。グループは宗教と何も関係がないのですが、「観念基礎」として使っていると彼は言います。

Local authorities say four-wheel-drive Toyota SUVs outfitted with GPS navigation equipment and satellite telephones are standard issue for smugglers. Residents say traffickers deflate the tires to gain better traction on the loose Saharan sands, and can travel at speeds of up to 70 miles-per-hour in convoys along routes to North Africa.
地元当局は、通常、GPSナビと衛星電話を搭載したToyotaの四輪駆動SUVが密輸者の様式ですと言います。住人によると、密輸者はタイヤの空気を抜き、緩いサハラの砂でグリップを強くし、最大70マイル/h(約113km/h)でコンボイを組み、北アフリカに向かうそうです。


©Reuters
トラックをティンブクトゥの路上で修理するツアレグ民


©Reuters
ティンブクトゥ市内でSUVの横に立つツアレグ民

Timbuktu governor, Colonel Mamadou Mangara, said he believes traffickers have air-conditioned tents that enable them to operate in areas of the Sahara where summer temperatures are so fierce that they "scorch your shoes." He added that the army lacked such equipment.
ティンブクトゥ知事Mamadou Mangara大佐は、密輸者はエアコン付テントを持っており、「靴が焼ける」程のサハラの夏の気温でも活動していると考えているそうです。彼は、軍隊にはそのような装備はありませんと付け加えました。

A growing number of people in the impoverished region, where transport by donkey cart and camel are still common, are being drawn to the trade. They can earn 4 to 5 million CFA Francs (roughly $9-11,000) on just one coke run. "Smuggling can be attractive to people here who can make only $100 or $200 a month," said Mohamed Ag Hamalek, a Tuareg tourist guide in Timbuktu, whose family until recently earned their keep hauling rock salt by camel train, using the stars to navigate the Sahara.
ロバやラクダの荷台が、まだ普通にある貧困地区で、より多くの人が取引に引きこまれています。彼らは4〜5百万CFAフラン(大雑把に9〜11,000ドル)をたった一度のコカイン輸送で稼ぐ事ができるのです。家族がつい最近までサハラの夜空を見ながら岩塩をラクダ隊商で運んでいたティンブクトゥのツアレグガイドMohamed Ag Hamalekは、「密輸は、月に100ドル、200ドルしか稼げない人にとってはとても魅力的なのです。」と言います。

Haidara described northern Mali as a no-go area for the customs service. "There is now a red line across northern Mali, nobody can go there," he said, sketching a map of the country on a scrap of paper with a ballpoint pen. "If you go there with feeble means ... you don't come back."
Haidaraは、北部マリを税関職務として行ってはいけないエリアと説明します。「マリ北部を赤い線が横断していて、誰もそこに行けないのです。何も持ってないのにそこへいくと、戻って来れません。」とボールペンで紙の切れ端に国の地図を描きながら言いました。

TWO-WAY TRADE
Speaking in Dakar this week, Schmidt, the U.N. official, said that growing clandestine air traffic required urgent action on the part of the international community.
双方取引:
今週ダカールでUN職員Schmidtは、国際共同体として、不法の空輸交通に対する緊急のアクションが必要と言いました。


"This should be the highest concern for governments ... For West African countries, for West European countries, for Russia and the U.S., this should be very high on the agenda," he said.
彼は「これは、西アフリカ諸国、西ヨーロッパ諸国、ロシアとアメリカ政府にとって、最優先事項であるべきで、議題としてかなり重要であるべきです。」と言いました。

Stopping the trade, as the traffickers are undoubtedly aware, is a huge challenge -- diplomatically, structurally and economically.
密輸者は明らかに気付いていますが、取引を停止するのは、外交的、構造的そして経済的に大きな挑戦なのです。

Venezuela, the takeoff or refueling point for aircraft making the trip, has a confrontational relationship with Colombia, where President Alvaro Uribe has focused on crushing the FARC's 45-year-old insurgency. The nation's leftist leader, Hugo Chavez, won't allow in the DEA to work in the country.
航空機の空路の離陸と給油地点となっているベネズエラは、Alvaro Uribe大統領がFARCの45年にも渡り反政府活動を壊滅しようとしているコロンビアと対面的な関係にあります。最左翼リーダーの*Hugo Chavezが(コロンビアの)麻薬取締局が国内で活動する事を許容しないのです。
*Hugo Chavez:ベネズエラ大統領

In a measure of his hostility to Washington, he scrambled two F16 fighter jets last week to intercept an American P3 aircraft -- a plane used to seek out and track drug traffickers -- which he said had twice violated Venezuelan airspace. He says the United States and Colombia are using anti-drug operations as a cover for a planned invasion of his oil-rich country. Washington and Bogota dismiss the allegation.
彼のワシントン(アメリカ政府)嫌いを示すものとして、先週2機のF16戦闘機を発進させ、麻薬取引を探索し追跡するアメリカのP3航空機(哨戒機)をインターセプトしました。彼は、2度もベネズエラ領空を侵犯したと言っています。アメリカとコロンビアが反麻薬作戦を原油が豊富な彼の国へ侵略する為に利用していると言うのです。(アメリカ政府)ワシントンとボゴタ(コロンビアの首都)は、この主張を棄却しています。

In terms of curbing trafficking, the DEA has by far the largest overseas presence of any U.S. federal law enforcement, with 83 offices in 62 countries. But it is spread thin in Africa where it has just four offices -- in Nigeria, Ghana, Egypt and South Africa -- though there are plans to open a fifth office in Kenya.
密輸を抑制する点では、麻薬取締局がどの連邦司法機関よりも突出して海外に出ています。62カ国に83の事務所があります。5つ目の事務所をケニアに設立する計画があるのですが、アフリカではナイジェリア、ガーナ、エジプトと南アフリカと4つの事務所しかなく、とても薄く広がっているのです。

Law enforcement agencies from Europe as well as Interpol are also at work to curb the trade. But locally, officials are quick to point out that Africa is losing the war on drugs.
ヨーロッパの司法当局や国際刑事警察機構も同様に取引を抑制しています。しかし地元で、当局員はアフリカが麻薬戦争で負けていると素早く指摘します。

The most glaring problem, as Mali's example shows, is a lack of resources. The only arrests made in connection with the Boeing came days after it was found in the desert -- and those incarcerated turned out to be desert nomads cannibalizing the plane's aluminum skin, probably to make cooking pots. They were soon released.
マリがよい例ですが、一番の問題は援助不足なのです。ボーイング機に関係した逮捕は、砂漠で機体が発見された数日後で、投獄された者は、航空機のアルミ外版を奪っていた(調理用鍋を作る為と思われる)砂漠の遊牧民と分かりました。彼らは暫くして釈放されました。

Police in Guinea Bissau, meanwhile, told Reuters they have few guns, no money for gas for vehicles given by donor governments and no high security prison to hold criminals.
一方でギニアビサウの警察は、銃も殆ど無く、政府により寄付された車両用のガソリンを買うお金が無く、犯罪者を留置できるセキュリティーの高い刑務所も無いとロイターに伝えました。

Corruption is also a problem. The army has freed several traffickers charged or detained by authorities seeking to tackle the problem, police and rights groups said.
汚職もまた問題です。警察や権利グループは、問題解決に奮闘する当局が告訴若しくは拘束した数人の密輸者を軍隊が逃がしたと言います。

Serious questions remain about why Malian authorities took so long to report the Boeing's discovery to the international law enforcement community.
今でも深刻な疑問は、何故マリ当局がボーイングを発見した事について、国際司法機関共同体に報告するまで、それだけ時間がかかったかという事です。

What is particularly worrying to U.S. interests is that the networks of aircraft are not just flying one way -- hauling coke to Africa from Latin America -- but are also flying back to the Americas.
アメリカが特に心配しているのは、航空機が一方通行ではないという事です。ラテンアメリカからコカインを運びますが、アメリカへまた戻るのです。

The internal Department of Homeland Security memorandum reviewed by Reuters cited one instance in which an aircraft from Africa landed in Mexico with passengers and unexamined cargo.
ロイターが、国土安全保障省内部のメモを精査したところ、アフリカからメキシコへのフライトが乗客と未検査貨物を運んだと記載されていました。

The Gulfstream II jet arrived in Cancun, by way of Margarita Island, Venezuela, en route from Africa. The aircraft, which was on an aviation watch list, carried just two passengers. One was a U.S. national with no luggage, the other a citizen of the Republic of Congo with a diplomatic passport and a briefcase, which was not searched.
Gulfstream IIジェットがアフリカからベネズエラのMargarita Islandを経由し、Cancunに到着しました。航空機は警戒リストに載っており、乗客は2人だけでした。1人はアメリカ国籍で荷物を持っておらず、もう1人はコンゴ民主共和国籍で外交パスポートとブリーフケースを持っていました、ブリーフケースは調査されませんでした。

"The obvious huge concern is that you have a transportation system that is capable of transporting tons of cocaine from west to east," said the aviation specialist who wrote the Homeland Security report. "But it's reckless to assume that nothing is coming back, and when there's terrorist organizations on either side of this pipeline, it should be a high priority to find out what is coming back on those airplanes."
(Additional reporting by Tiemoko Diallo in Mali, Alberto Dabo in Guinea Bissau and Hugh Bronstein in Colombia, editing by Jim Impoco and Claudia Parsons)
国土安全保障省報告を書いた航空専門家は、「明らかに重大な問題は、何トンものコカインを西から東へ輸送できる仕組みがあるという事です。しかし、空で戻ってくると推測するのは無謀なのです。パイプラインのどちらかにテロ組織がある場合には、何が航空機で戻って来るかを見つけるのは優先度の高い事項のはずです。」と言います。
海外犯罪組織記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi