ヒトラーの美術品アルバム

海外その他記事リスト
WWII veteran had Hitler's art book on bookshelf
by JAMIE STENGLE, Associated Press Writer – Wed Dec 9, 7:06 pm ET
引用元:http://news.yahoo.com/s/ap/us_hitler_s_album

ヒトラーの美術品アルバムを第二次世界大戦の退役軍人が返却
DALLAS – After fighting his way across Europe during World War II, John Pistone was among the U.S. soldiers who entered Adolf Hitler's home nestled in the Bavarian Alps as the war came to a close. Making his way through the Berghof, Hitler's home near Berchtesgaden, Germany, Pistone noticed a table with shelves underneath. Exhilarated by the certainty of victory over the Nazis, Pistone took an album filled with photographs of paintings as a souvenir. "It was really a great feeling to be there and we knew, by that time, he was on his last leg," Pistone told The Associated Press.
第二次世界大戦中にヨーロッパで戦っていたJohn Pistone氏は、戦争が終盤になろうかという時にドイツのBavarian Alps近くに隣接していたアドルフ・ヒトラーの自宅へ入った兵士の1人です。ヒトラーの自宅はドイツのBerchtesgarden近くにあり、Berghofに居たPistone氏は、本棚が下にあるテーブルに気付きました。ナチスに勝利した事で喜んでいたPistone氏は、絵の写真で一杯のアルバムをお土産として持ち帰りました。Pistone氏は「あの場所にいたのはとても感動的だった、その時にヒトラーが追い込まれていた事を知っていたので。」とAP通信に伝えてきました。

Sixty-four years after Pistone brought the album home to Ohio, the 87-year-old has learned its full significance: It's part of a series compiled for Hitler featuring art he wanted for his "Fuhrermuseum," a planned museum in Linz, Austria, Hitler's hometown.
オハイオ州にある自宅へPistone氏がアルバムを持ち帰ってから64年後に、87歳になった彼はこのアルバムの重要性に気付きました。これは、ヒトラーが彼の出身地であるオーストリアのリンツに予定していたFuhrermuseum(ファーラー美術館)に飾りたいコレクションの一部であったのです。

Pistone's album is expected to be formally returned to Germany in a ceremony at the U.S. State Department in January. Germany has 19 other albums discovered at the Berchtesgaden complex that are part of a 31-album collection of works either destined for or being considered for the Linz museum. Pistone's 3-inch thick, 12-pound album's journey from obscurity began this fall when a friend became curious about the book sitting on Pistone's bookshelf.
Pistone氏のアルバムは、1月に行われる国務省の式典でドイツに公式に返却されると見られています。ドイツには、リンツの美術館向け若しくはその為に考慮されていた31冊のアルバムシリーズのうちの19冊があります。これは、Berchtesgarden施設で発見されたものです。不明であったPistone氏の厚さ3インチ(約7.6cm)、重さ12ポンド(約5.4kg)のアルバムは、秋に友人が本棚にあった本を不思議と思ったのがきっかけでした。

The friend discovered after some Internet searching that the Dallas-based Monuments Men Foundation for the Preservation of Art was involved in 2007 in the restitution of two other albums that were part of a series documenting art stolen by the Nazis from Jewish families.
友人は、ダラスに拠点を置くMonuments Men Foundation for Preservation of Art(芸術を保存する財団)が2007年に、ナチスによりユダヤ人家族から盗まれた美術品の一部として、2冊のアルバムを返却した事をインターネットで調べて気付きました。

Its founder, Robert Edsel, who while living in Italy for a time after selling his oil and gas business became interested in what was done to protect art in World War II, traveled to Ohio this fall to examine Pistone's album. Seeing it convinced him that Pistone had one of the missing albums of the series on the planned museum.
設立者であり、オイルとガスの事業を売却した後にイタリアに住んでいたRobert Edsel氏は、第二次世界大戦中の芸術をどのように保護できるかという事に興味を持ち、この秋にオハイオ州へ向かいPistone氏のアルバムを調べました。予定されていた美術館のアルバムのうち、行方不明のアルバムの1つであると、見て確信しました。

Stamped on the album's spine is "Gemaldegalerie Linz" ― Gemaldegalerie means picture gallery in German ― and the Roman numerals for 13. It still has a sticker from the book's binder in Dresden. Birgit Schwarz, a German art historian from Vienna who has written books about Hitler and art, including a book called "Hitler's Museum" describing the albums in the series, is convinced the album is authentic. She said she recognized paintings in the album along with the volume number and title.
アルバムの背には「Gemaldagalerie Linz」と刻印されています。ドイツ語でGemaldegaleriaとは絵のギャラリーの事であり、ローマ数字で13とあります。また、本のバインダーにはDresdenのスティッカーもあります。「ヒトラー美術館」を含むヒトラーとアートに関する著者であるウィーン出身のドイツ美術歴史家のBrigit Schwarzさんは、このアルバムは本物であると認めています。彼女はシリーズ番号と題名、そして絵を確認しました。

"It's absolutely clear!" she wrote in an enthusiastic e-mail to the AP after reviewing scanned photographs of the album. "Hans Makart's 'Pest in Florenz' (Plague in Florence), for example, the first picture of album XIII, Hitler got as a gift from Mussolini!"
アルバムを撮影し、スキャンしたものを調べた彼女は、AP通信に「これはとても明確です!」、「例として、アルバムXIIIの最初の絵である "Hans MakartのPest in Florenz(フローレンスの伝染病)" は、ヒトラーがムッソリーニから寄贈されたものです!熱くメールで伝えてきました。

Souvenir hunting was routine by soldiers during the war, and problems arise when people try to sell rather than return culturally important items, said Thomas R. Kline, a Washington-based lawyer who specializes in art restitution and works for the foundation. "It's really important that as people go through their attics and they find the things that grandpa brought home, people are aware that something as simple as a book of pictures could have a cultural significance," Kline said.
ワシントンを拠点にし、財団の美術品や芸術品の返却を担当するThomas R. Kline弁護士は、お土産探しは、戦争中の兵士にはお決まりのようなものでしたが、文化的に大切な物を返却せずに売ろうとする時に問題が発生します、と言います。

Ambassador J. Christian Kennedy, special envoy for Holocaust issues at the State Department, said the agency is happy to help return objects taken during the war. "This is all about doing the right thing," Kennedy said.
国務省でホロコーストに関する事項の全権大使である J. Christian Kennedy氏は、戦争中に持去られた物を返却できる事で省は喜んでいると言います。「正しい事をまっとうするということです。」

Edsel started his foundation in 2007 to honor and continue the work of the original Monuments Men, the roughly 345 men and women from 13 nations who helped Allied forces protect cultural treasures during World War II. After the war, they began trying to find the rightful owners of pieces of art looted by the Nazis, hundreds of thousands of which are still missing.
"It's my desire to see the works of the Monuments Men completed," said Edsel, who wrote two books detailing the group's work.
Edsel氏は、第二次世界大戦中に連合軍が文化的に大切な物を保護する事を支援した13カ国345人の男女からなるMonuments Menの意思を尊重し、それを継続する目的で2007年に財団を設立しました。戦後、ナチスにより持去られた美術品と正当な所有者を探し始めましたが、数百数千がまだ行方不明です。

休憩タイム コーヒー
[PR]
〜〜〜続き〜〜〜
  The discovery of albums could help. In Pistone's case, experts had the names of artwork featured in his album but the photographs could help match them to the correct piece of art, Edsel said. "They are key documents from the crime scene," he said of the albums. He said the art Hitler wanted for his museum was bought, stolen or confiscated. The 13th album contains works by some of Hitler's favorite German painters, including a photo of Adolf von Menzel's painting of Frederick the Great that hung in Hitler's office in Munich. Edsel said his office gets about a call a day from someone curious about an item brought home after the war.
アルバムの発見は、Pistone氏の場合、このアルバムにある絵の名前を専門家は把握していますが、アルバムにある写真により美術品を収集するのにとても役にたち、アルバムについては、「これらは、犯罪シーンの鍵となる書類なのです。」とEdsel氏は言います。ヒトラーが美術館の為に欲しがっていた物は、購入したり盗んだり、押収したものです。13番目のアルバムには、ヒトラーがミュンヘンの事務所に飾っていたAdolf von Menzalの作品であるFredrick the Great Thugを含むヒトラーのお気に入りであったドイツ人アーティストの作品があります。Edsel氏は、戦争中に持ち帰られた物品に関して、1日に1回電話があると言います。

"We're looking for people with goodwill who don't know what they have," Edsel said. Pistone, album in hand, returned home after surviving the battlefields in Europe. He finished college, got into the restaurant business and had five children. The album mostly stayed up on a shelf at his home in Beachwood, Ohio, but he'd occasionally take it down and let family members look through it. Once he met Edsel and learned about the Monuments Men, he knew it should be returned to Germany. "I just wanted to get it in the right hands," he said.
Edsel氏は「私達は、自分達が何を所有しているか分からない善意ある人を探しているのです。」と言います。Pistone氏は、ヨーロッパの戦場で戦い、アルバムを手にして生きて家に帰りました。大学を卒業し、レストラン事業をし、5人の子供もできました。アルバムはオハイオ州Beachwoodにある彼の自宅の本棚にひっそりと置かれていますが、家族に見せる為に本棚から取り出した事もあるようです。Edsel氏に会い、Monuments Menの事を知ると、ドイツに返却するべきと思ったそうです。「正当な所有者に返却したいだけです。」と言います。

Before the book makes the trip overseas, it and one of two other albums the foundation helped discover will go on display for about three months at the National World War II Museum in New Orleans following the State Department ceremony, Edsel said.
Edsel氏によると、アルバムが国外に送られる前に、財団が支援し発見したアルバム2冊のうち1冊と一緒に、ニューオーリンズにある国立第二次世界大戦博物館で国務省の式典の後、3ヶ月ほど展示されるとの事です。

Edsel said that of the two albums from 2007, one has already been donated to the U.S. National Archives to join the other albums in that series used as evidence of Nazi looting in the Nuremberg trials. He said that the second will go to the National Archives in the next three years. "When soldiers and their families realize what they have and come forward to return it, there's never an issue. It's a happy moment and there's celebrations of one kind of another," Kline said. "We owe a huge debt to this generation that saved the world from Naziism."
また2007年の2冊のアルバムのうち1冊は既に国立公文書記録管理局に寄贈され、ニューベンブルグ裁判でナチスの奪略の証拠として使われた他のアルバムと一緒に保管されるそうです。もう1つのアルバムは、3年以内に公文書記録管理局に入るそうです。Kline弁護士は「兵士やその家族が何を所有しているかに気付き、返却を申し出た場合には、何も問題はありません。それは記念すべき事であり他の物と同じく喜ばれるべきなのです。ナチスから世界を救った世代に対して負うものがとても多いのです。」と言います。

厚さ3インチ(約7.6cm)、重さ12ポンド(約5.4kg)のアルバム


アルバムの1ページ、このようなアルバムが31冊セット。
凄い美術館の構想だったみたいです。


アルバムNo.13を持つ財団のEdsel氏。
ドイツに19冊、財団が探した2冊とこの1冊で計22冊。残る9冊は・・・
----------------------------------------------------
学生の頃に、シンドラーのリスト に実際に出演した人の講演を聞いたことがあります。スピルバーグ監督はホロコースト経験者にインタビューをし、詳細に話を聞いていたとの事です。シンドラーのリストの最後に、順番に花を添えるシーンがありますが、出演者全員を撮影場所に招待し、花を添える役を経験者にお願いしたそうです。映画でもホロコーストはかなり描写がありましたが、経験者のお話を聞くとそれ以上でした・・・

 
海外その他記事リスト

コメント








   


calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi