ホロコースト生存者と友人が62年後に再開

After 62 years, Holocaust survivor reunites with lost friend whose passport led her to America
By Brett Michael Dykes
Fri Sep 24, 6:16 pm ET
Y!News

その人のパスポートでアメリカ入りしたホロコースト生存者とその友人が62年振りに再開
When Cherie Rosenstein penned her essay about being a 5-year-old orphan fleeing war-torn Europe for a new life in America, she probably couldn't have imagined that the story would reunite her with the woman whose passport secured her entry into the United States 62 years ago. But that's exactly what happened.
Cherie Rosensteinが、戦争で荒廃したヨーロッパを逃げ、アメリカで新しい人生をスタートした5歳の時のエッセイを書いた時、62年前に彼女がアメリカへ確実に入れるようになったパスポートの持ち主の女性と再開するとは思っていなかったでしょう。しかし、そのとおりになったのです。

©Cherie Rosenstein
In 2007, Rosenstein, whose parents both perished in a Nazi concentration camp, wrote about her childhood experiences for the Dayton Jewish Observer. Her name as a child was Maria Helena Chuchnowicz, and in April 1947, she was living in an orphanage in Paris. As Rosenstein put it, "The war's end brought problems of staggering proportions: thousands of Jewish survivors with no homes, families or money." The Rev. Samuel Schmidt of Cincinnati visited the orphanage and returned to the States with photographs of the facility and the children it sheltered. A local couple -- Libby and John Moskowitz -- saw a picture of Rosenstein and decided to adopt her.
両親が強制収容所 (ナチス)で亡くなったRosensteinは、2007年に子供の頃の体験をDayton Jewish Observer紙で書きました。彼女の幼名はMaria Helena Chuchnowiczで、1947年に彼女はParisの孤児院で生活していました。Rosensteinの言うように「戦争の終りは膨大な割合の人口に問題をもたらせました:家、家族、やお金を失った何千ものユダヤ人生存者です。」(シンシナティ)のSamuel Schmidt牧師は、孤児院を訪問し、施設と収容されている子供の写真をもってアメリカへ戻りました。地元のカップルLibbyとJohn Moskowitzが写真を見て、Rosensteinを養子にすると決めました。

That launched what Rosenstein dubs "Operation America": the plot to get her out of France and into the United States. Officials moved her from the orphanage to the home of a Frenchwoman, Eleanor Bohne-Hene. During her brief stay there, Rosenstein befriended Bohne-Hene's daughters, Monique and Catherine. The family began calling her "Cherie," French for "dear" -- a name that would become permanent.
これがRosensteinが「Operation America」と呼ぶ始まりでした:フランスから脱出し、アメリカへ入る計画です。職員は彼女を孤児院からフランス人女性Eleanor Bohne-Heneの家に移動しました。そこでの短い滞在で、RosensteinはBohne-Heneの娘MoniqueとCatherineと友達になりました。家族は彼女を「Cherie」(フランス語でDearの意味)と呼ぶようになり、これが名前になりました。

The next phase of the plan was for Bohne-Hene to take Rosenstein to the United States -- but America's quota system blocked Rosenstein. So the little girl posed as Monique Bohne-Hene, her hair bleached blond to resemble Monique's passport photo.
計画の次のステージは、Bohne-HeneがRosensteinをアメリカに連れて行く事でした -- しかしアメリカの割当システムにより、Rosensteinは阻まれました。幼い少女は、Moniqueのパスポート写真のように、髪をブロンドにブリーチし、Monique Bohne-Heneを装いました。



リンジー・ローハン(Lindsay Lohan):LAの刑務所で過ごしたのは1日未満

Lindsay Lohan spends less than a day in LA jail
Associated Press - September 25, 2010 7:15 PM PDT
http://omg.yahoo.com/news/lindsay-lohan-spends-less-than-a-day-in-la-jail/47834?nc

リンジー・ローハン(Lindsay Lohan):LAの刑務所で過ごしたのは1日未満
LOS ANGELES - Lindsay Lohan was freed from a suburban Los Angeles jail late Friday night, well short of the nearly monthlong stay a judge had intended for the actress following a failed drug test.
ロスアンゼルス:Lindsay Lohan(リンジー・ローハン)は、ロスアンゼルス郊外の刑務所を金曜日の夜に出所しました、裁判官が女優が薬物テストをパスしなかった後に考えていた期間よりも1ヶ月近くも短いものでした。

©REUTERS/Mario Anzuoni
2010年9月24日:
カリフォルニア州Beverly Hills(ビバリーヒルズ)で裁判所へ報告の為に出廷する女優Lindsay Lohan。ロスアンゼルスの裁判所職員は、彼女が刑務所から釈放された数週間後及び、その後の薬物リハビリで彼女は、裁判所の命令による薬物テストにパスせず、Lohanの保護観察は撤回され、正式な彼女の逮捕状が発行されたと伝えました。
Lohan was released at about 11:40 p.m. after posting $300,000 bail, Los Angeles County Sheriff's Department spokesman Steve Whitmore said early Saturday.
土曜日の午前、ロスアンゼルス群保安局のSteve Whitmore広報は、Lohanは、30万ドルの保釈金を支払った後、11:40pm頃に釈放されたと伝えました。

Celebrity website TMZ.com reported her release just before midnight.
セレブサイトTMZ.comは、彼女の釈放について真夜中直前に報告しました。

Los Angeles Superior Court Judge Elden Fox had ordered Lohan held without bail during a brief hearing Friday morning, But his ruling later was overturned after the "Mean Girls" star's attorney, Shawn Chapman Holley, filed a late-afternoon appeal seeking bail.
ロスアンゼルス上級裁判所Elden Fox裁判官は、金曜朝の手短な審問会でLohanが保釈無しで拘束されるよう命令しましたが、彼の裁定は、「Mean Girls(ミーン・ガールズ)」のスターの弁護士Shawn Chapman Holleyが、午後遅くに保釈を請求した後に覆りました。

Judge Patricia Schnegg, who is an assistant supervising judge of LA's criminal courts, issued a ruling shortly before 6 p.m., saying that since the starlet had been convicted of misdemeanors, she was entitled to bail.
ロスアンゼルスの犯罪法廷でPatricia Schneggアシスタントスーパーバイザー裁判官は、午後6時を少し過ぎた頃に、若い女優は軽犯罪で有罪となっていたので、保釈は認められるという裁定を発行しました。

The actress is not entirely free. She will be required to wear an ankle alcohol monitor and stay away from establishments that primarily sell alcohol.
女優は完全に自由の身になるという訳ではありません。彼女は、足首にアルコールモニターを装着しなくてはならず、アルコールを主として販売する建物に入ってはいけません。

She is also due back in court on Oct. 22, when the judge who curtly sent her to jail will decide what her punishment will be for failing a drug test roughly two weeks after he released her early from rehab.
彼女は、また、彼女を刑務所へ送った裁判官が、リハビリ施設から出させた約2週間後の薬物テストにパスしなかった事に対する刑罰を判断する為に10月22日に裁判所へ戻ります。

At that hearing, Fox will formally determine whether Lohan, 24, violated her probation by failing a court-mandated drug test. The positive result came after the judge released Lohan early from inpatient rehab at Ronald Reagan UCLA Medical Center.
その審問で、Foxは正式にLohan(24)が裁判所が義務付けた薬物テストにパスしなかった事で保護観察に違反したかを判断します。

Fox did not say why he had ordered no bail for the actress Friday morning, or state what drug appeared in her system during the recent test.
Foxは、金曜日に何故彼が女優に対し、保釈無しと命令したか、また最近のテストでどの薬物が彼女から出たかについて言いませんでした。

[PR]

続きを読む >>



calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Visitors

ブログパーツUL5

Google


Amazon


英会話レッスン



空港ラウンジ

通販

selected entries

categories

archives

recent comment

  • アマンダ ノックス裁判(1/6)
    台湾人

links

profile

書いた記事数:286 最後に更新した日:2012/05/03

Jugem Search

others

mobile

qrcode

powered by

ムームードメイン


独自SSL 詳細はこちら


無料ブログ作成サービス JUGEM

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi